新たな展開

ずい分 皆さんにご心配をおかけしている tea家です。 
皆さん、 たくさんの温かいコメントありがとうございます。 

昨日は、 いつもの病院ではなく、 自宅から45分ほどかかるところの病院へ行ってきました。 

一昨日の夜は、 あいちゃんと一緒に寝ている れンちゃんでしたが、 ずいぶん グッタリしてしまって とてもつらそうでした。 

ぐったり


昨日訪れた病院は、 供血猫がいるので、 輸血ができるというのが、 一つ目標でした。 
先生も れンちゃんを見ると、 あ~ずいぶんつらそうですね~と開口一番におっしゃいました。
できる限りの検査をしていただきました。 


新たにわかったことが いくつか出てきました。 

胸部に 腫瘤があること、 胸部に何らかの炎症があるかもしれないこと、 心筋の異常があるかもしれないこと、 微量の胸水があること。

ショックじゃなかったと言えば、 それはウソです。 少なからず ショックはありました。 
でも 初めて 貧血の原因につながるかもしれない理由や 所見が出てきたことは、 もやもやした状態から一歩も二歩も踏み出した感がしています。 

胸水はわずかですが、 心配です。 その胸水を少し採取して 腫瘤(腫瘍かもしれない)が悪さをしていたり、 膿が出ている炎症ではないか? 情報が得られそうでした。 

輸血で 少し状態をよくして、 胸水を採取することにしました。 

輸血は 慎重にしていただきました。


輸血
(酸素室にはいって、 輸血を受ける れンちゃん)


心配していた拒絶反応はなく、 順調に輸血は終了しました。 

そして胸水をとっていただきました。 
腫瘍からきている胸水ではなく、 また膿もありませんでした。 

毎日点滴をしているので、 これからは 胸水のことも考えながら 点滴をしないといけません。 
治療もだんだんむずかしくなってきますね? 


しかし 輸血は即効性がある治療でした。 肉球もピンク、 歯茎や口内も真っ白に近かったのが、 ピンクです。 それでも輸血は、 時間稼ぎの治療であって 根本治療でないことはわかっています。 
ですが、 本にゃんが 楽になってくれれば、 目的の一つは果たせていると思っています。 


帰りは、 しっかりお顔があがって、 お外を見る余裕まで生まれていました。

ここはどこ?


気分がいいのね~

気分よし



おうちにつくと ホッ


ホッ




お疲れさま~  よく頑張ったね?  いっぱい チクッがあったけど、 我慢強かったね? れンちゃん! 
どうぞ ゆっくり休んでください。











昨日は たくさん検査をしているので、 外注検査や血液を病理に出していただいています。 
これらの結果がわからないと 詳細は申し上げられないのですが、 できるだけブログには書くようにします。 

わからないことのイライラ感がありましたが、 今日はよくない情報をきいたとしても これからの対処法を考える方向性がわかったので、 気分は上向きになりました。 わからないことが 一番つらいと思いました。 

でも れンちゃんは、 文句ひとつ言わず ずっと耐えていると思うと、 本当にかわいそうだと思います。 

もし痛みがあるなら、 痛くないように、 だるいなら できるだけだるさをとってあげられるように していきたいと思います。 

いまのところ開腹手術は考えていません。 


輸血が終わるのを待っている間、 待合室に流れていたモニターのテロップ


だれでも 年をとります。
動物もいっしょ。 

私(ペット)が年をとって、 具合がわるくなっても 
「かわいそうで見ていられない」と言わないでください。
「つらいところを見たくない」と言わないでください。

私(ペット)は、 あなた(飼い主)がそばにいてくれるだけでうれしいのです。 




ここまで流れた時、 涙があふれて この先を読めなくなってしまいました。 
号泣モードに突入してしまいました。 


気が緩んだのでしょうか? でも泣けたことで、 覚悟が定まりました。 そして 今の状況を冷静に受け止めることができました。 


どこまでも れンちゃんに寄り添って、 「マンマがいるから、 だいじょうぶよ~」と笑顔で支えてあげる飼い主でいようと決心しています。 

「おたっしゃくらぶ」に来てくださる皆さん、 もし 許していただけるのでしたら、 私が最後まで笑顔で支える飼い主でいられることを どうぞご覧になっててください。 闘う飼い主で居続けることを どうぞ 見届けてください。 

 
決して強くはないteaです。 でも 強くなりたいと願っているteaです。 

れンちゃんと あいちゃんと これまで以上に 絆を深めて 生きていこうと思っています。  

 


   

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

良き獣医師に逢われて良かったですね。
改善するならどんな治療法も試して
気分よくなって・・・・
ほんとそれだけですよね。

れンあいちゃん甲状腺機能亢進症の
治療はされてないのでしょううか?

No title

teaさん、どうかご自愛くださいね。
ファイトです!!!

No title

れんちゃん、頑張ってますね・・

teaさんから最後までとか言う言葉を聞くと愕然とします。
我が家の10才の仔は、とても食が細く全く食べ物に興味がありません。
毎年、血液検査をし健康診断をしていますが今の所、問題はないようです。
体重も何年もキープしています。

でも、日中は寝ている事が多くこの仔と後、どれくらい一緒に居られるんだろう・・・と思う事も有ります。
そんな中、毎日teaさんのブログを見ながら、私も今出来る事を頑張ろうと励まされてきました。
長く一緒に居た分、思いもいっぱいだと思います。
れんちゃんんは、我が家の大学3年の娘と同じ生年月日です。
私が娘と一緒にいるのと同じ分、teaさんもれんちゃんの暮らしたのですね。
他人事とは思えません。
れんちゃん、辛いけど応援しています。

No title

teaさん・れンちゃん!お疲れ様でした~!

teaさんのお気持ちは皆・・・理解していると思いますから・・・
どうか何があってもteaさんが最善を尽くすであろうと思いますから・・
このまま・・
一緒に見守らせて下さい!
そしてあいちゃん・れンちゃんへは
心から祈りを送ってます。

 

No title

teaさん 私も同じ気持ちです。
辛い時こそまるとみるには最後まで笑顔で見守り続けたいと思います。

高齢ニャンコの看病は、長期戦です。

どうぞ teaさんも体調くづされませんように...

れンちゃん. あいちゃん
がんばれ!!

No title

れンちゃん、teaさんお疲れさまでした。
輸血、無事終了してよかったです。
れンちゃん、本当に良く頑張っていますよね。お外を見る後ろ姿に、思わず抱きしめたくなりました。

teaさん、れンちゃんの貧血の原因にもやもやしたものをお持ちだったのですね。
本当に猫さんの病状の根本原因を探るのは難しいと感じます。
でも、原因を究明できれば治癒への道が見える、とも思います。

teaさんが病院で見られたことばに、私も涙ぐんでしまいました。
そばにいてくれるだけでうれしい、と思ってもらえたらどんなに幸せでしょう。
一緒にいられる瞬間を大切にしたいです。

teaさんの覚悟にとても共鳴致します。
れンあいちゃん、teaさんがんばって。
最新記事
お問い合わせ
お便りは、 嬉しく拝見させていただいています。 ありがとうございます。詳細なお問い合わせなどは、 こちらのメールフォームからお願いします。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
甲状腺機能亢進症の記事
このブログに登場するねこちゃん - あいちゃん(24歳)、れンちゃん(21歳:2013年8月永眠)の甲状腺機能亢進症と診断されてからの獣医師の選択、薬剤の検討、飼い主としての心の葛藤などを細かく記事にしています。大変お手数ですが、 下記年月日の記事をお読みくださると幸いです。 甲状腺機能亢進症と診断されても 投薬治療をして管理をすれば、 穏やかな日々を送ることができます。 あいちゃんは、 4年投薬治療をしています。ただ今24歳と半年を過ぎました。 いっしょに頑張りましょう。   記事  2011年11月17日 ~ 2011年12月15日
プロフィール

tea

Author:tea
れンあいちゃんの日常生活のお世話担当、病院担当、看護担当、ごはん調達担当。人間界では、少々テンションお高めのアンチエイジングが気になる世代に所属。好物は、スウィーツ。長崎県時津町(長崎市の隣町)に生息。 

あいちゃん
あい
あいちゃん
白 MIX
1990年2月12日生まれ
(24歳) ♀
お母さんは、ペルシャチンチラ
父不明
【好物】えび ほたて
【好きな場所】人間の膝の上、お外
【趣味】睡眠(現在)
ハンティング(15年前)
【既往症】耳血腫、慢性腎不全、甲状腺機能亢進症、高血圧症、網膜剥離          
れンちゃん
れン
れンちゃん
グレー MIX
1992年8月22日生まれ
21歳 ♀
2013年8月28日(21歳6日)永眠
お母さんはヒマラヤン、
父不明
【好物】アイスクリーム
【好きな場所】ふかふかベッド
【趣味】睡眠(現在)
愛想を振りまくこと(今も昔も)
【既往症】慢性腎不全、甲状腺機能亢進症、高血圧症、心筋症
投薬について
このブログにいらっしゃる方の中には甲状腺機能亢進症のねこちゃんを飼っていらっしゃる方がたくさんいらっしゃると思います。もしご参考になればと思い、あいちゃんの投薬状況をここでご案内しようと思います。甲状腺機能亢進症という病気は、個体差によってお薬の効果やその他の臓器への影響がそれぞれに違うものです。どうぞそのあたりを斟酌してください。皆さんのお宅のねこちゃんが健やかに過ごせますように~
(2014年3月現在) ① メルカゾール(抗甲状腺ホルモン薬)    朝 4分の1錠  夕 8分の1錠 (毎週 火曜日&金曜日  朝 8分の1錠  夕 8分の1錠) ② フォルテコール 朝 夕 2分の1錠 ③ アムロジピン(血圧降下剤) 夕 8分の1錠 以上3点が、甲状腺機能亢進症およびそれに付随する腎不全が影響する病気に対応するお薬です。 それ以外には、 ④ ファモチジン(胃薬) ⑤ タイロシン(抗生剤) ⑥ プリモボラン(蛋白同化ホルモン)貧血対策のお薬です。 ⑦ ポララミン(めまい止め) ⑧ ぺリアクチン(食欲増進剤) 以上8点が日常的に服用しているお薬です。  状況によっては、 制吐剤(プリンペランまたはセレニア)、メトロニタゾール(抗生剤)、アモキシシリン(抗生剤)、デルクリア(下痢止め)など服用させています。 補液は自宅で毎日しています。 サプリメントは、 鉄剤(ヘモテクト)を使っています。  
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
チャーちゃん
チャーちゃん
バイオウィルクリア
パルボウィルス消毒にはこれ!
ビルコン
パルボウィルス消毒にはこれ! 水50倍で希釈して使用します。1回あたりのコスパは断然お得!
複合次亜塩素酸系消毒剤 アンテック...

複合次亜塩素酸系消毒剤 アンテック...
価格:7,050円(税5%込、送料別)

低反発マットベッド
高齢猫ちゃんに安定感のあるベッド
スプレーボトル
ビルコンはこのボトルで作っています(水で50倍希釈)。細かい霧状で万遍なく噴霧できます。
フルプラ ダイヤスプレー(スプレーボト...

フルプラ ダイヤスプレー(スプレーボト...
価格:840円(税5%込、送料別)

ふわふわベッド
あいちゃんが使っているふわふわベッド
かわいいベッド
あいちゃんが使っているかわいいベッド
ヘモテクト(貧血サプリ)
貧血対策サプリメント!鉄剤と鉄吸収を促すビタミンが配合されたサプリです。あいちゃんは毎日服用しています。
PE ヘモテクト 60粒【RCP】【HLS_DU】

PE ヘモテクト 60粒【RCP】【HLS_DU】
価格:3,705円(税5%込、送料別)

体温計はこれ!
れンあいちゃんの体温計は、 これを使っています。
れンあいちゃんの飯台
れンあいちゃんのフードスタンド(飯台)はこれを使っています。↓ 高齢ネコちゃんは、これを使うとごはんを食べるのが楽ですよ♪
あいちゃんのメインディッシュ
あいちゃんのお気に入りのごはんです。粒状なので袋のまま揉んでつぶして供します。
ヒルズ猫用 【k/d】チキン入り パウチ 85g×12

ヒルズ猫用 【k/d】チキン入り パウチ 85g×12
価格:1,890円(税5%込、送料別)

れンあいちゃんのごはん1
れンあいちゃんがたべているごはんです↓
れンあいちゃんのごはん2
れンあいちゃんが食べているごはんです。↓
ブラッシングコーム
アイちゃんのブラッシングは、このコームで! 優しい当たりが気持ちよさそうです。
飼い主さんの手の洗浄に
真菌対策や飼い主さんの手の洗浄に! teaは、このシリーズのシャンプー&コンディショナーも使っています。真菌はをはじめカビなども除去してくれます。近くに田んぼがあるので、れンあいちゃんをこれで真菌から守ります。
最新トラックバック
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR