にじり寄る病魔

昨日は、 2週間に一度の検診でした。 
ということで あいちゃんも 病院です。


いつもの路上観察から 病院への道は 始まります。


路上観察


今は 狂犬病のワクチンシーズンですから、 病院へ行くときは、 必ず電話をしてから行きます。 
そして お薬が ものすごく多いので、 前日にはFAXで 必要な薬のリストをあらかじめ送っておきます。 


今日は、 まず れンちゃんから 検診でした。


「ここは、 すかん」

ここは、 すかん


まず 体重測定、 そして 血圧測定、 それから 先生の診察へと 流れます。 

ちょっと体重がダウンしていました(涙)
ステロイドを4日ほど使っていたので、 血液検査をしました。 
白血球、 タンパク質、 クレアチニン、 BUN 肝酵素 すべて下がっていました。 
異常なしと言っていいと思います。 


「アタシ どこも悪くないもん!」

アタシ どこも悪くないもん!


私はIBDを心配し、 ドクターは肝臓の炎症を疑っています。 
厳密にいうと肝臓から腸の炎症と同時に起こる炎症を疑っているのです。
最初は 肝酵素が高いのは、 甲状腺ホルモンの影響と思っていたのですが、 甲状腺ホルモンが下がっても 肝酵素が下がりませんでした。 別の原因があると 踏んでいるのです。

そこでステロイド登場というわけです。
検査の結果、 肝酵素が下がっていました。 結構 劇的に…
ある程度 ステロイドの効果が実証されたことになります。
これで 抑えきれれば、 ステロイドを継続して使っていくことになります。 

これはこれでよかったのですが、 心配なデータが一つ出てきました。 
貧血です。 PCVが 23%に下がりました。 よくない兆候です。
以前、 貧血が進んだ時が 24%でした。

高齢になると 貧血は、 出やすくなってきます。 
また 鉄剤を飲まなきゃね? 


「また 飲むと?」 

また?


ドクターは、 腎不全が原因と信じています。 ← 信じていると 言いました。 確証の言いようがないのだと思います。 

以前PCVが下がった時は、 エリスロポエチンを打ちますと言われましたが、 今回は慎重です。 
まず ヘモテクト(鉄剤)を飲ませてくださいと言われました。 

私の方から ヘモテクトを使うなら プロナミドをやめて プリンぺラン(制吐剤)を念のため 一緒に飲ませたらどうですか?と提案しました。 ドクターもそれがいいでしょうと! 

2週間後 再検査をして PCVが下がる、 または23%横ばいなら、 造血ホルモンが出ているか検査をします。 出ていないようでしたら、 エリスロポエチンを 打つ治療へと 入っていきます。 

どうか ヘモテクトが効いてくれて 持ち直してくれますように~ と願うのみです。 



あいちゃんは、 特に問題はありませんでした。

なぜか 昨日は 診察台からジャンプしようとして 下ばかり見ていました。

下ばかり見るあいちゃん

あいちゃん、 けがするからね~
年寄りの冷や水って言われるよ~  なんて言って ごまかしても 下に降りたい魅力にあらがえない あいちゃんなのでした。

帰りたかと!

  
たぶんキャリーにのって 帰りたかったのでしょうね~ 

2週間は あっという間に経ちます。 
れンちゃんの 心配事が、 一つ消えたと思うと また一つ 出てきます。 
なかなか 高齢さんは、 難しい~ 
でも 治療は、 効くと思って やらないと効果が出ないと思います。 
確証のない自信でも 自信をもって治療します。 治療効果が上がれば、 こちらのものです。 
がんばります。 


奇しくも ぴあのさんのたまちゃんと同じ貧血治療に れンちゃんも 突入です。 

ただ 体調が悪くなると れンちゃんは、 一時的な貧血に陥る傾向があると 私は見ています。
腎不全からくる 造血ホルモンの不足と ドクターは見ていますが、 私はそれもあるかもしれませんが、 ちょっと違う筋ではないか?と考えています。 おそらくドクターは、 赤血球を見て 貧血の原因と思っているかもしれません。 しかし赤血球は、 根拠としては弱いと考えているドクターもいます。 前回の貧血も赤血球を理由としてあげられましたが、 結局造血ホルモンは 検査をしたら、 出ていました。 つまり れンちゃんはまだ血液を作る能力を持っていたわけです。 

それなのに 抗体ができてしまうかもしれないリスキーな治療を施す理由がどこにあるというのでしょう? 

今回も 造血ホルモンを打つ前に この2週間以下のことをやってみます。 

① まず しっかり食べて 体重を回復させる。 食欲増進剤を使っていきます。
② 嘔吐を催さないように、 ステロイドで炎症を食い止める。 
③ ヘモテクトは、 鉄剤です。 以前は 鉄剤は嘔吐を伴うものでした。 しかしヘモテクトは、 嘔吐をほとんど伴わないサプリです。 以前れンちゃんが使ったとき、 嘔吐はありませんでした。 しかし 今回は、 嘔吐から始まった不調があります。 その他の体調万全で ヘモテクトを飲ませるのと状況が違うので、 念のため制吐剤を併用します。 
④ ヘモテクトは、 薬というよりサプリメントです。 即効性は期待できません。 1ターム3か月と考えて 長期にわたって服用続ける。 


ヘモテクト

全身状態の改善を図ります。

2週間後 PCVが回復傾向を示さない時は、 造血ホルモンが出ているか? 検査します。
出ているとしても 量が少ないとなれば、 検討します。 このあたりの判断が難しいですね? 
いろいろ考えても 今は 私の心が迷うだけですから、 今できることに 日々できることに全力集中します。  

貧血は見えない恐怖です。 まさに にじり寄ってくる病魔。 
貧血は、 25%を切ると イエローカード 20%を切ると レッドゾーンに入ってきます。 

れンちゃんの23%は、 まさに 狭間です。 25%を切ると 相当つらいと思います。 
1%でも落ちないようにしないと フラフラ感が強くなってきます。 そして ムカムカして ごはんが食べられなくなってくる。 このシナリオを食い止めます。  

最善を尽くします。 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

通院お疲れ様です。

あいちゃんは問題なしで良かった!
れンちゃんの貧血は心配ですね
れンちゃんの貧血はステロイド服用前からあった症状ですもんね?
ステロイドによる骨髄抑制ではなさそうですよねぇ。腎不全があると、ステロイドの副作用である骨髄抑制が強く出てしまうことがありますが、これは人間の話・・・(;´∀`) 猫ちゃんではあてはまらないのでしょうね
そもそも2.5mgと少量ですしね

獣医師さんとteaさんの強力タッグで考えた治療計画が、功を奏して改善に向かうことを祈っています。
れンちゃん頑張れー!!




No title

れンちゃん、貧血心配ですね。ヘモテクトが効いてくれるといいのですが・・・
たまちゃんの場合、17%でした。フラフラ、食欲なし、もちろん元気なし。本当は、血液がまだ造れているのか検査したかったですが検査結果を待ってそれから治療を開始するには時間がかかリ過ぎると思い、造血ホルモンの注射を決めました。これ以上PCVが下がっては、造血ホルモン剤も効かなくなる可能性があるそうです。やるなら今だと、納得した上で判断しました。今はどうか効いてくれるように信じることしかできません。まだフラフラで食欲もありませんが、何とか乗り越えてほしいです。
れンちゃんはまだ23%なんですね?心配ですが、まだいろいろと可能性を探る時間は残っていますね。どうかれンちゃんの最善の方法が見つかりますように!

とらははさん、コメントありがとうございます。
病院、なかなか難しいですね。先生が良くても遠すぎたり、いろいろと見解が違ったり。。。本当に今回は、たまちゃんの体調不良と転院が重なって決断する苦しさを味わいました。今度の病院は、主治医が決められないみたい(いつも違う先生にあたります)なので、少し不安ですがどの先生もちゃんと話を聞いてくれるので信じて治療していくつもりです。
たまちゃん、甲状腺の治療を始めて4年半になります。とらちゃんも頑張っていますね。お互い小さな命を守るために頑張りましょう!

こんにちは

teaさん、こんにちは
レンちゃん、心配ですね。
お薬が効いて、貧血が改善させるといいですね。

ぴあのさん&たまちゃんも本当に心配ですね。

うちの長にゃんも、ごはんを食べない状態が続いています。
食欲増進剤を飲ませても、あまり食べなくて、
なので、便秘も改善されず・・・

だんだん痩せてくる姿をみていると、やるせなくて
どうしたものか頭を抱えています。

でも、皆さんの頑張っている姿に、元気もらしました。
私も頑張ります。v-91

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

こはねさま コメントありがとうございます

> 通院お疲れ様です。
>
> あいちゃんは問題なしで良かった!
> れンちゃんの貧血は心配ですね
> れンちゃんの貧血はステロイド服用前からあった症状ですもんね?
> ステロイドによる骨髄抑制ではなさそうですよねぇ。腎不全があると、ステロイドの副作用である骨髄抑制が強く出てしまうことがありますが、これは人間の話・・・(;´∀`) 猫ちゃんではあてはまらないのでしょうね
> そもそも2.5mgと少量ですしね
>
> 獣医師さんとteaさんの強力タッグで考えた治療計画が、功を奏して改善に向かうことを祈っています。
> れンちゃん頑張れー!!

こはねさん、 こんにちはー
ご心配をおかけしています。 でも あんまり悲壮感はないんです。 確かに心配は心配ですが、 やることがはっきりしているので、 やれば結果がついてくる!と能天気に構えています。 体調が悪くて ごはんを充分に食べられなかったのが、 貧血の原因ではないか?と思っています。 本ニャンは、 いたって元気です。 先ほどは、ソファにもベッドにも ジャンプして飛び乗りました。 ふらつきもなく・・・ 見ている方がドキドキするんですがね~ でも 私が 「すごいね~ れンちゃん!」なんて 言うものだから、 本ニャンは元気と勘違いしているかもしれません(笑) 勘違いして結構なんですが、 無理すると焦っちゃいます(汗) でも 大丈夫! きっと よくなると信じて治療しています。 ステロイドは、 思い切ってドンと使うやり方もあると思います。 免疫抑制量を使っているわけではないので、 こはねさんがおっしゃるように骨髄抑制では ないと思っています。 でも 考えていただいてありがとうございます。 こはねさんは、 スペシャリストですから、 気がつくことがあったら教えてください。 
お薬の調整に 少しお手間がかかるのですが、 それは私の努力で どうにでもなることです。 私が がんばります!! 応援ありがとうございます。 私のがんばる力に変えて、 れンちゃんの貧血を治します。
また 遊びにいらしてくださいe-266 

No title

れンちゃん頑張れ!お薬増えちゃうけど、それで少しでも体調が良くなるのであれば、ね。はなちゃんも体調が悪い時に一過性の貧血になり、心配したことがありますが又いつなるかわかりません、勉強になります。

ぴあのさんのたまちゃん、とらははさんのとら君、めーねさんの長にゃんさん...シニアにゃん、みんな元気になーれ!って願います。春は体調を崩しやすいのでしょうか、うちの子も2日間食欲が半減し心配していたのですが、今日はいつも通り食べ、立派なうんPをして安堵しているところです。腎不全があると胃酸に変化が起きやすいので食欲が増減するのでしょうか、ごはんもりもり食べてくれると安心しますよね。食べないとうんPが出難くなりますしね。

(こはねさん、看護士さんでしたかしら?)

ぴあのさま コメントありがとうございます

> れンちゃん、貧血心配ですね。ヘモテクトが効いてくれるといいのですが・・・
> たまちゃんの場合、17%でした。フラフラ、食欲なし、もちろん元気なし。本当は、血液がまだ造れているのか検査したかったですが検査結果を待ってそれから治療を開始するには時間がかかリ過ぎると思い、造血ホルモンの注射を決めました。これ以上PCVが下がっては、造血ホルモン剤も効かなくなる可能性があるそうです。やるなら今だと、納得した上で判断しました。今はどうか効いてくれるように信じることしかできません。まだフラフラで食欲もありませんが、何とか乗り越えてほしいです。
> れンちゃんはまだ23%なんですね?心配ですが、まだいろいろと可能性を探る時間は残っていますね。どうかれンちゃんの最善の方法が見つかりますように!
>
> とらははさん、コメントありがとうございます。
> 病院、なかなか難しいですね。先生が良くても遠すぎたり、いろいろと見解が違ったり。。。本当に今回は、たまちゃんの体調不良と転院が重なって決断する苦しさを味わいました。今度の病院は、主治医が決められないみたい(いつも違う先生にあたります)なので、少し不安ですがどの先生もちゃんと話を聞いてくれるので信じて治療していくつもりです。
> たまちゃん、甲状腺の治療を始めて4年半になります。とらちゃんも頑張っていますね。お互い小さな命を守るために頑張りましょう!

ぴあのさん、 こんにちはー
たまちゃんのこと 毎日 一生懸命考えていたら、 れンちゃんにも貧血症状が!
あら~ 私が がんばらなきゃ!って がんばっているぴあのさんのことを思って、 元気が出てきました! 

たまちゃんの17%は、 確かに飼い主さんとしては 焦るし、 動揺すると思います。 私も 17%と見たときは、 エリスロポエチンだわ!と思いました。 ただ治療にはリスクがあったりするので、 飼い主さんがちゃんと理解して受けないと「聞いてないよ~」と後から思っても いけませんからね? 

れンちゃんは、 体調不良から来る食事量の落ち込みから 貧血がきているのではないか?と私は思っています。 見解は ドクターと、 ちょっと違うのですが、 意見のすり合わせはしています。 今朝も 投薬の細かい指示を再度電話で確認しました。 ドクターも気になっているようです。 ついでに あいちゃんも ヘモテクトを飲ませています。 あいちゃんのPCVは、28%ですが、 前回は27%だったので、 貧血予備軍の感がしなくもありません。 高齢になると 貧血は出てきやすい症状のようですね? たまちゃんもがんばっているから、 れンあいちゃんもがんばりますね~  
また 遊びにいらしてくださいe-266

めーねさま コメントありがとうございます

> teaさん、こんにちは
> レンちゃん、心配ですね。
> お薬が効いて、貧血が改善させるといいですね。
>
> ぴあのさん&たまちゃんも本当に心配ですね。
>
> うちの長にゃんも、ごはんを食べない状態が続いています。
> 食欲増進剤を飲ませても、あまり食べなくて、
> なので、便秘も改善されず・・・
>
> だんだん痩せてくる姿をみていると、やるせなくて
> どうしたものか頭を抱えています。
>
> でも、皆さんの頑張っている姿に、元気もらしました。
> 私も頑張ります。v-91

めーねさん、 こんにちはー
長ニャンちゃん、 心配ですね? その後 どうしていらっしゃるかしら?と思っていました。 

ごはんを食べないのは、 飼い主さんにとっては心配だし ストレスですよね? しかも やせていく姿は、 ホントにつらいことと思います。 れンあいちゃんも この2ヶ月で ずいぶん体重が減りました。 体重記録表を見たくない気持ちでいっぱいでした。 だっこすると ゴツゴツとした骨を感じます。 涙が出てきますね~ どうか 食べてもらえるように 祈っています。 

また 余計なことを言うようですが、 先生に食欲増進剤のこと ちょっと聞いてみてはいかがですか? 血管に直接注射して即効性がある食欲増進剤もあります。 

なんとか食べて 出してもらえるように なるといいですね? 

高齢ねこちゃんが、 いるご家庭では 一つ一つのことが 心配だったり、 気になったりしますよね? 
でも こうして 皆さんが、 がんばっていらっしゃる姿をお聞きすると、 私もがんばろう~という気持ちになります。 

まさに われら「おたっしゃくらぶ」なんだと思います。 
どうぞ 元気をだしてください。 私も 元気に 明るく治療をします。 
泣いていると不幸の神さまが近寄ってきてはいけませんからね!! 
病気の神さまが、 この人のそばにいると 調子狂う~と思われるように 「カラ元気」でも 出しまくって、 がんばります。 

めーねさん、 がんばりましょうね? 
長にゃんちゃん、 希望をもって治療しましょう~ また 遊びにいらしてくださいe-266



姫ママさま コメントありがとうございます

姫ママさん、 こんにちはー
そうなんです。 見た目には、 わからないところで ジワリジワリと進むところが、 貧血の怖いところです。 定期的に検査をしているから 深刻な状況にならないうちに手が打てているところは、 ラッキーなところだと思います。 改めて油断禁物というところでしょうか? 

治療に努めます。 まずは あたりまえのことですが、 ごはんを定量ちゃんと食べてもらうところからです。 食欲増進剤の量を少し増やしています。 おかげさまで今朝は、 体重増に転じました。 よい兆候です。 これを続けないといけません。 どうかな?と思いましたが、 食欲を促進する意味で、 おさんぽにも出しました。 お外にでると ごはんがいけますからね~ 

先ほど よくごはんを食べました。 れンちゃん、 がんばっています。 
応援 いつもありがとうございます。 がんばりますね?
また 遊びにいらしてくださいe-266 

junさま コメントありがとうございます

> れンちゃん頑張れ!お薬増えちゃうけど、それで少しでも体調が良くなるのであれば、ね。はなちゃんも体調が悪い時に一過性の貧血になり、心配したことがありますが又いつなるかわかりません、勉強になります。
>
> ぴあのさんのたまちゃん、とらははさんのとら君、めーねさんの長にゃんさん...シニアにゃん、みんな元気になーれ!って願います。春は体調を崩しやすいのでしょうか、うちの子も2日間食欲が半減し心配していたのですが、今日はいつも通り食べ、立派なうんPをして安堵しているところです。腎不全があると胃酸に変化が起きやすいので食欲が増減するのでしょうか、ごはんもりもり食べてくれると安心しますよね。食べないとうんPが出難くなりますしね。
>
> (こはねさん、看護士さんでしたかしら?)

junさん、 こんにちはー
はなちゃんも 不調気味でしたか? でも今日は よさそうですね? よかった!! 
日本は、 この春 気温の上下動が大きく、 調子狂うような気候変動の激しさがあります。 動物も人間も不調を訴えておかしくないかも? 

やはりシニアさんを抱えている飼い主さんは、 心配も大きいですね? そして病気の仔を支える飼い主さんのメンタルヘルスの維持も 大変だと思います。 

動物は、 痛いとも痒いとも言いません。 ただじっと我慢しているだけです。 わかってあげられないもどかしさもも感じますね? でも 目の前の具合の悪い仔を救えるのは、 飼い主さんだけですから勇気を奮ってがんばらないといけません。 
れンちゃんは、 しょっちゅう体調を壊して皆さんにご心配をおかけしていますが、 私は 隠して具合がよいフリをするのも どうかと思っています。 
高齢さんは、 不安定なことが多く、 体調がいいという日々は少ないかもしれません。 でも なんとか維持していけることができると思っています。 

「年だから~」と悲観的にならないで、 できることをしていくことができればと思っています。 そういう姿を皆さんにご覧いただいて、 一緒にがんばっていけると嬉しく思います。 

junさんに いつも励まされ、 ちょっと「フフッ」と笑わせていただいて、 感謝しています。
我ら「おたっしゃくらぶ」ですからね~  皆さんへのエールありがとうございます。 
皆さん、 元気づくと思います。 

はなちゃんも 健やかな日々でありますように~ 
また遊びにいらしてくださいe-266

あっ、 こはねさんは 看護師さんです!! 


No title

皆様、闘う飼い主様なんですね。
このくらいしかできないですが、我が家のにゃんこ達の力も借りて皆様とにゃんこちゃん達の健康をお祈りしています。
にゃんこちゃん達の辛さがなくなって元気になって、皆様が笑顔で過ごせますように…。

にゃんこが一番さま コメントありがとうございます

> 皆様、闘う飼い主様なんですね。
> このくらいしかできないですが、我が家のにゃんこ達の力も借りて皆様とにゃんこちゃん達の健康をお祈りしています。
> にゃんこちゃん達の辛さがなくなって元気になって、皆様が笑顔で過ごせますように…。

にゃんこが一番さん、 こんにちはー
心を寄せてくださるだけで、 どれだけありがたいことか? がんばらなくちゃ!って元気も勇気もわいてくるんです。 「おたっしゃくらぶ」に来てくださる方は、 皆さん優しい方ばかりで、 一生懸命ねこちゃんのために力を尽くしている方ばかりです。 だから 苦しいときには、 「私もよ!」「うちもよ!」と共感してくださって、 それがとても心の支えになるんです。 動物を思う心は、 駆け引きなしの純粋な思いです。 だからこそ、 皆さんの心を揺り動かすのだと思います。 辛い思いをしているねこちゃんを 助けてあげたいと思い、 力を尽くすのは、 飼い主の愛情以外の何物でもありません。 にゃんこが一番さんは、 いつも れンあいちゃんや私が大変な時、 励ましや応援をたくさんしてくださいます。 心から感謝しています。 
そして 闘う飼い主の皆さんにその応援が今日はちゃんと届いていると思います。 とっても嬉しいです。 ありがとうございます。 にゃんこが一番さんの力をお借りして、 みんな元気になるぞーーーーって奮い立ちますよ~ もちろん、 私も ヤル気満々の闘う飼い主です! 明日も頑張ります! また 遊びにいらしてくださいe-266
最新記事
お問い合わせ
お便りは、 嬉しく拝見させていただいています。 ありがとうございます。詳細なお問い合わせなどは、 こちらのメールフォームからお願いします。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
甲状腺機能亢進症の記事
このブログに登場するねこちゃん - あいちゃん(24歳)、れンちゃん(21歳:2013年8月永眠)の甲状腺機能亢進症と診断されてからの獣医師の選択、薬剤の検討、飼い主としての心の葛藤などを細かく記事にしています。大変お手数ですが、 下記年月日の記事をお読みくださると幸いです。 甲状腺機能亢進症と診断されても 投薬治療をして管理をすれば、 穏やかな日々を送ることができます。 あいちゃんは、 4年投薬治療をしています。ただ今24歳と半年を過ぎました。 いっしょに頑張りましょう。   記事  2011年11月17日 ~ 2011年12月15日
プロフィール

tea

Author:tea
れンあいちゃんの日常生活のお世話担当、病院担当、看護担当、ごはん調達担当。人間界では、少々テンションお高めのアンチエイジングが気になる世代に所属。好物は、スウィーツ。長崎県時津町(長崎市の隣町)に生息。 

あいちゃん
あい
あいちゃん
白 MIX
1990年2月12日生まれ
(24歳) ♀
お母さんは、ペルシャチンチラ
父不明
【好物】えび ほたて
【好きな場所】人間の膝の上、お外
【趣味】睡眠(現在)
ハンティング(15年前)
【既往症】耳血腫、慢性腎不全、甲状腺機能亢進症、高血圧症、網膜剥離          
れンちゃん
れン
れンちゃん
グレー MIX
1992年8月22日生まれ
21歳 ♀
2013年8月28日(21歳6日)永眠
お母さんはヒマラヤン、
父不明
【好物】アイスクリーム
【好きな場所】ふかふかベッド
【趣味】睡眠(現在)
愛想を振りまくこと(今も昔も)
【既往症】慢性腎不全、甲状腺機能亢進症、高血圧症、心筋症
投薬について
このブログにいらっしゃる方の中には甲状腺機能亢進症のねこちゃんを飼っていらっしゃる方がたくさんいらっしゃると思います。もしご参考になればと思い、あいちゃんの投薬状況をここでご案内しようと思います。甲状腺機能亢進症という病気は、個体差によってお薬の効果やその他の臓器への影響がそれぞれに違うものです。どうぞそのあたりを斟酌してください。皆さんのお宅のねこちゃんが健やかに過ごせますように~
(2014年3月現在) ① メルカゾール(抗甲状腺ホルモン薬)    朝 4分の1錠  夕 8分の1錠 (毎週 火曜日&金曜日  朝 8分の1錠  夕 8分の1錠) ② フォルテコール 朝 夕 2分の1錠 ③ アムロジピン(血圧降下剤) 夕 8分の1錠 以上3点が、甲状腺機能亢進症およびそれに付随する腎不全が影響する病気に対応するお薬です。 それ以外には、 ④ ファモチジン(胃薬) ⑤ タイロシン(抗生剤) ⑥ プリモボラン(蛋白同化ホルモン)貧血対策のお薬です。 ⑦ ポララミン(めまい止め) ⑧ ぺリアクチン(食欲増進剤) 以上8点が日常的に服用しているお薬です。  状況によっては、 制吐剤(プリンペランまたはセレニア)、メトロニタゾール(抗生剤)、アモキシシリン(抗生剤)、デルクリア(下痢止め)など服用させています。 補液は自宅で毎日しています。 サプリメントは、 鉄剤(ヘモテクト)を使っています。  
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
チャーちゃん
チャーちゃん
バイオウィルクリア
パルボウィルス消毒にはこれ!
ビルコン
パルボウィルス消毒にはこれ! 水50倍で希釈して使用します。1回あたりのコスパは断然お得!
複合次亜塩素酸系消毒剤 アンテック...

複合次亜塩素酸系消毒剤 アンテック...
価格:7,050円(税5%込、送料別)

低反発マットベッド
高齢猫ちゃんに安定感のあるベッド
スプレーボトル
ビルコンはこのボトルで作っています(水で50倍希釈)。細かい霧状で万遍なく噴霧できます。
フルプラ ダイヤスプレー(スプレーボト...

フルプラ ダイヤスプレー(スプレーボト...
価格:840円(税5%込、送料別)

ふわふわベッド
あいちゃんが使っているふわふわベッド
かわいいベッド
あいちゃんが使っているかわいいベッド
ヘモテクト(貧血サプリ)
貧血対策サプリメント!鉄剤と鉄吸収を促すビタミンが配合されたサプリです。あいちゃんは毎日服用しています。
PE ヘモテクト 60粒【RCP】【HLS_DU】

PE ヘモテクト 60粒【RCP】【HLS_DU】
価格:3,705円(税5%込、送料別)

体温計はこれ!
れンあいちゃんの体温計は、 これを使っています。
れンあいちゃんの飯台
れンあいちゃんのフードスタンド(飯台)はこれを使っています。↓ 高齢ネコちゃんは、これを使うとごはんを食べるのが楽ですよ♪
あいちゃんのメインディッシュ
あいちゃんのお気に入りのごはんです。粒状なので袋のまま揉んでつぶして供します。
ヒルズ猫用 【k/d】チキン入り パウチ 85g×12

ヒルズ猫用 【k/d】チキン入り パウチ 85g×12
価格:1,890円(税5%込、送料別)

れンあいちゃんのごはん1
れンあいちゃんがたべているごはんです↓
れンあいちゃんのごはん2
れンあいちゃんが食べているごはんです。↓
ブラッシングコーム
アイちゃんのブラッシングは、このコームで! 優しい当たりが気持ちよさそうです。
飼い主さんの手の洗浄に
真菌対策や飼い主さんの手の洗浄に! teaは、このシリーズのシャンプー&コンディショナーも使っています。真菌はをはじめカビなども除去してくれます。近くに田んぼがあるので、れンあいちゃんをこれで真菌から守ります。
最新トラックバック
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR