FC2ブログ

コメントにお答えして・・・

おはようございます。
昨日は、 皆さんコメントをたくさんいただきまして ありがとうございました。
もなかちゃんの背中の流血後、 とっても気になります。
ありえない話かもしれませんが、 ダニは考えられませんか?
ぴあのさんのお宅がどうの~ではなく、 家人が帰宅時に 外から 持ち帰っている可能性も無きにしあらず!

teaは、 あいちゃんが 予防接種を受けられなくなってから、 家に病原菌を持ち帰らないように 細心の注意を払っていました。
一番 可能性があるのは、 靴の裏です。 
まず 車を降りるときに 靴の裏を消毒、 家に入る前に 靴の裏を消毒、 そして 家に入ってから 玄関の三和土を消毒液でふきあげていました。 そして 玄関の三和土に 裸足で降りることは 厳禁!! 
それはそれは 必死の処置でした。 

ダニは、 人の衣服などにも 着きます。 都会でも発見されているので、 可能性が皆無ではないと思います。 
虫系は、 最近外来種が 増えているので、 ご用心ですね~
虫系は田舎の獣医さんの方が、 経験豊富かもしれません。 聞いてみようかな~
でも 今日は 確か休院日だったような。。。

原因がわかってほしいですね? 二度は嫌です。 
安心して もなかちゃんがおうちで過ごせるように、 teaができることも してみます。 
わかったら、 ご報告します。 


それから 小麦ママさん、 小麦ちゃんが 小康状態で よかったです。
血液検査のタイミングですが、 我が家は 何か処置をするときは、 採血していました。
造血ホルモンの接種、 輸血時、 など・・・ だんだん 状況がひっ迫してくると 2週間から1週間というスパンだったと思います。 
むやみに採血することはないと思いますが、 輸血をしたのでしたら、 様子を見てて また 貧血かも?という時は、 採血 → 輸血 の流れだと思います。

1回の輸血の効果は、 個体差が大きいですが、 ほぼ1か月と血液の専門ドクターに言われた記憶があります。



それから 便の件ですが、 あいちゃんも 便秘と 下痢を経験しました。 とても 管理が難しかったことを記憶しています。 
最初は、 下痢 そして 便秘と なり、 いろいろ試してみたと思います。 


いきむあいちゃん
(排便時に いきむ あいちゃん - 高齢になると 後ろ足の筋肉が落ちて 力が入らないので、 前足に重心をおいて 踏ん張っていました。)



結局 腸の状態も 動きが鈍くなることで、 問題が起きていたので、 腸の動きを活発にすることと、 腸内細菌の調整を試みたと思います。 

お薬の影響で 便が固くなったり、 腸の血流が悪くなったりすることがあります。 小麦ちゃんは、 神経系のお薬を使われると 余計に 腸の管理は難しいのではないでしょうか? 
よく観察して 可能な工夫をしてみることなのだと思います。 

そういえば、 便秘の時、 オリーブオイルをごはんに混ぜたりしましたね~ 
純度の高いオリーブオイルを使ったと思います。 
でも 途中で 消化の問題がでてきたので、 やめました。
その時々の状態を見ながら 手さぐりで進めていったと思います。 


大変な日々だと思います。 
排便の介助や 方向感覚がつかめない小麦ちゃんを 事故やけがのないように導くことは、 なかなか心安からずの日々だと思います。 

teaも あいちゃんが、 玄関の三和土に落ちないように モノを置いたり、 工夫していました。
あいちゃんは、 視力も網膜剥離で失っていたので、 ケガをさせないように~という気持ちが いつも働いていました。 
ただ ひたすら わが仔を思う気持ちに突き動かされて、 頭の中は あいちゃんの穏やかな生活ばかりでした。 

今 小麦ママさんは、 そんなteaと きっと同じなのですね? 
抱きしめてあげたくなります。 


そして びびさん、 頼もしいご主人さま、 カッコいいです。
お二人で支えあって、 素晴らしいです。
一緒に 支えてくださる方がいると ホントに 心強いですよね?

お二人に支えられているメルちゃんも ゴロゴロ言っちゃいますよね~
治療がゴロゴロタイムって 最高だと思います。 
どうぞ その調子で~ 

それから・・・ teaの書き方がまずかったのです。 タンちゃん、 女の子です(汗)


「アタシは 女ばい!」

女の子 タンちゃん




女の子なんですけど、 めっぽう気が強くて、 その辺の雄なんて 追っ払います。
でも パンダちゃんだけは、 受け入れるんです。 ちなみに タンちゃん用に お隣さんが作ってあげたベッドルームを パンダちゃんが、 乗っ取っています(笑)
それでも タンちゃんは、 OKのようです。 

タンちゃんは、 もう避妊手術をしているので、 その気はないようですが、 パンダちゃんは タンちゃんがお気に入りで いつも そばに居ます。 
なかなか 面白い関係です。 


どうぞ 今日も 闘病中のねこちゃんと 飼い主の皆さんが、 穏やかな時間を過ごせますように~
 


 

 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ダニと聞いてぞっとしました。
ゴールデンレトリバーのラブも高齢だったので、家にトリマーさんに来てもらっていました。

ラブがシャンプーしてもらった後にお風呂場にミュウが水を飲みに入っていって、ラブについていたであろうダニがミュウについてしまったことがありました。
ミュウのしっぽにぼこっとしたものができていると思ったら、血液を吸って大きくなったダニでした。

ダニは無理に撮ると口の部分が残ってしまうことがあるので獣医さんにとってもらうのが良いそうです。

teaさんの靴底の件は良くわかります。

野良ちゃんの餌やりの後に家にはいるとシロが靴の匂いを嗅ぎまくります。

野良ちゃん用の食器もフクがカスを舐めたりしないように厳重に洗いますが、靴底も気をつけなければと思った所でした。

kittymamaさんのミスボラちゃん、どうしているでしょう?
私が以前、オトボケと名ずけた茶トラのことを思い出しました。

No title

teaさん、皆さん、アドバイスありがとうございます。
私もダニやクモ?を疑っていますが、けっこう広範囲な内出血もあったので噛まれて毒を注入された?ってこともあるのかなーと思っています。もなかも、去年からなんだかんだ調子が良くなかったのでワクチンは見送ったんです。そういう意味でもより一層気を付けなくてはいけませんね。うっかりすると玄関に出てしまうので、まずは玄関に出ない工夫、消毒もしたいと思います。
最新記事
お問い合わせ
お便りは、 嬉しく拝見させていただいています。 ありがとうございます。詳細なお問い合わせなどは、 こちらのメールフォームからお願いします。
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
甲状腺機能亢進症の記事
このブログに登場するねこちゃん - あいちゃん(24歳)、れンちゃん(21歳:2013年8月永眠)の甲状腺機能亢進症と診断されてからの獣医師の選択、薬剤の検討、飼い主としての心の葛藤などを細かく記事にしています。大変お手数ですが、 下記年月日の記事をお読みくださると幸いです。 甲状腺機能亢進症と診断されても 投薬治療をして管理をすれば、 穏やかな日々を送ることができます。 あいちゃんは、 4年投薬治療をしています。ただ今24歳と半年を過ぎました。 いっしょに頑張りましょう。   記事  2011年11月17日 ~ 2011年12月15日
プロフィール

tea

Author:tea
れンあいちゃんの日常生活のお世話担当、病院担当、看護担当、ごはん調達担当。人間界では、少々テンションお高めのアンチエイジングが気になる世代に所属。好物は、スウィーツ。長崎県時津町(長崎市の隣町)に生息。 

あいちゃん
あい
あいちゃん
白 MIX
1990年2月12日生まれ
(24歳) ♀
お母さんは、ペルシャチンチラ
父不明
【好物】えび ほたて
【好きな場所】人間の膝の上、お外
【趣味】睡眠(現在)
ハンティング(15年前)
【既往症】耳血腫、慢性腎不全、甲状腺機能亢進症、高血圧症、網膜剥離          
れンちゃん
れン
れンちゃん
グレー MIX
1992年8月22日生まれ
21歳 ♀
2013年8月28日(21歳6日)永眠
お母さんはヒマラヤン、
父不明
【好物】アイスクリーム
【好きな場所】ふかふかベッド
【趣味】睡眠(現在)
愛想を振りまくこと(今も昔も)
【既往症】慢性腎不全、甲状腺機能亢進症、高血圧症、心筋症
投薬について
このブログにいらっしゃる方の中には甲状腺機能亢進症のねこちゃんを飼っていらっしゃる方がたくさんいらっしゃると思います。もしご参考になればと思い、あいちゃんの投薬状況をここでご案内しようと思います。甲状腺機能亢進症という病気は、個体差によってお薬の効果やその他の臓器への影響がそれぞれに違うものです。どうぞそのあたりを斟酌してください。皆さんのお宅のねこちゃんが健やかに過ごせますように~
(2014年3月現在) ① メルカゾール(抗甲状腺ホルモン薬)    朝 4分の1錠  夕 8分の1錠 (毎週 火曜日&金曜日  朝 8分の1錠  夕 8分の1錠) ② フォルテコール 朝 夕 2分の1錠 ③ アムロジピン(血圧降下剤) 夕 8分の1錠 以上3点が、甲状腺機能亢進症およびそれに付随する腎不全が影響する病気に対応するお薬です。 それ以外には、 ④ ファモチジン(胃薬) ⑤ タイロシン(抗生剤) ⑥ プリモボラン(蛋白同化ホルモン)貧血対策のお薬です。 ⑦ ポララミン(めまい止め) ⑧ ぺリアクチン(食欲増進剤) 以上8点が日常的に服用しているお薬です。  状況によっては、 制吐剤(プリンペランまたはセレニア)、メトロニタゾール(抗生剤)、アモキシシリン(抗生剤)、デルクリア(下痢止め)など服用させています。 補液は自宅で毎日しています。 サプリメントは、 鉄剤(ヘモテクト)を使っています。  
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
チャーちゃん
チャーちゃん
バイオウィルクリア
パルボウィルス消毒にはこれ!
ビルコン
パルボウィルス消毒にはこれ! 水50倍で希釈して使用します。1回あたりのコスパは断然お得!
複合次亜塩素酸系消毒剤 アンテック...

複合次亜塩素酸系消毒剤 アンテック...
価格:7,050円(税5%込、送料別)

低反発マットベッド
高齢猫ちゃんに安定感のあるベッド
スプレーボトル
ビルコンはこのボトルで作っています(水で50倍希釈)。細かい霧状で万遍なく噴霧できます。
フルプラ ダイヤスプレー(スプレーボト...

フルプラ ダイヤスプレー(スプレーボト...
価格:840円(税5%込、送料別)

ふわふわベッド
あいちゃんが使っているふわふわベッド
かわいいベッド
あいちゃんが使っているかわいいベッド
ヘモテクト(貧血サプリ)
貧血対策サプリメント!鉄剤と鉄吸収を促すビタミンが配合されたサプリです。あいちゃんは毎日服用しています。
PE ヘモテクト 60粒【RCP】【HLS_DU】

PE ヘモテクト 60粒【RCP】【HLS_DU】
価格:3,705円(税5%込、送料別)

体温計はこれ!
れンあいちゃんの体温計は、 これを使っています。
れンあいちゃんの飯台
れンあいちゃんのフードスタンド(飯台)はこれを使っています。↓ 高齢ネコちゃんは、これを使うとごはんを食べるのが楽ですよ♪
あいちゃんのメインディッシュ
あいちゃんのお気に入りのごはんです。粒状なので袋のまま揉んでつぶして供します。
ヒルズ猫用 【k/d】チキン入り パウチ 85g×12

ヒルズ猫用 【k/d】チキン入り パウチ 85g×12
価格:1,890円(税5%込、送料別)

れンあいちゃんのごはん1
れンあいちゃんがたべているごはんです↓
れンあいちゃんのごはん2
れンあいちゃんが食べているごはんです。↓
ブラッシングコーム
アイちゃんのブラッシングは、このコームで! 優しい当たりが気持ちよさそうです。
飼い主さんの手の洗浄に
真菌対策や飼い主さんの手の洗浄に! teaは、このシリーズのシャンプー&コンディショナーも使っています。真菌はをはじめカビなども除去してくれます。近くに田んぼがあるので、れンあいちゃんをこれで真菌から守ります。
最新トラックバック
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR