まずは現状確認

昨日の続きになります。 
モニカさん、 一度にたくさんの情報が入ってくると 混乱しますね。
teaが 力いっぱい 応援するがあまり、 情報過多になってしまったと思います。 
ごめんなさいー

まず 今一番最初にすることは、 現在の治療方針と治療実績の確認です。 
現在の主治医に 何をいつからどのような目的で投薬しているのか? 一つずつ確認しましょう。 
サプリの前に 投薬の確認が一番です。 

そして 現状を踏まえた上で、 治療計画を聞きましょう。
きちんと説明をしていただいて、 納得がいけば このままの病院でいいと思います。
供血猫が準備できないようでしたら、 供血猫を用意している病院を紹介してもらう方法がいいと思います。 

teaも 主治医と 輸血をお願いしたドクターは違います。 
主治医は、 近隣の獣医師です。 
輸血をお願いしたドクターは、 血液のエキスパートドクターです。 
九州での 獣医師の血液関係の病気の研修では、 講義をされるドクターなので、 安心してお任せできました。 

れンちゃんの貧血が進んだ時、 輸血対応レベルのPCVになり、 急きょ 紹介を受けました。 
もちろん 情報は、 ドクター同士で 交換していただきました。 
その時のご縁で、 あいちゃんも 血液の専門医にお願いするようになりました。 

teaが ドクターを変える時は、 このドクターではだめだ!と見限る何かがある時です。 
でも ドクターにもプライドがあります。 円満に 主治医を変えられるように します。 そうしないと カルテの提供をしていただけないからです。 

このような経験は、 2回ありました。 

おかげさまで れンあいちゃんのカルテは、 全て もっています(笑)


今のドクターとの信頼関係をせっかく築いてきて、 納得のいく治療を得ているのでしたら、 紹介路線で考えましょう。


飼い主さんは、 ねこちゃんの代弁者です。 生きるも死ぬも 飼い主次第! 
ですから、 飼い主は勉強しないといけません。 
命は、 重く強いものですが、 同時に弱くもろいものです。 

今は ネットがありますので、 「猫の腎不全 輸血 点滴」などとキーワード入れて検索すれば、 何かしら 情報が出てくると思います。 もしかすると teaのブログも ひっかかるかも?(笑) 

さまざまな ブログがあります。 飼い主さんのブログ、 獣医師のブログ、 検査機関のブログなど、 さまざまです。 

知識は、 理論的にしっかりしたものが 望ましいのですが、 獣医師や動物病院のブログは、 ありきたりで、 踏み込みが足りないような気がします。 うわべをサラッと 書いているものが多いと思います。 たぶん 突っ込まれると困るからでしょう。 
わりと踏み込んで書いてあると思われる獣医師のブログは、 ちょっとマニアックなドクターだったりするようです。 
知識さえ しっかりしていれば、 いいのですがね・・・

ということで、 理論的な信頼が高いのは、 やはり論文です。 
しかし 素人が 読むには、 なかなか大変です。 噛み砕いて お手伝いしてくださる方が いると 助かります。 
teaは、 主治医によく投げかけていました。 またteaの職場にいる 医学部生を捕まえて、 どういうことか? よく質問していました。 

飼い主が必死になると、 必ず 助けてくれる方が出てきます。 求めないと 道は開けませんね。
頑張りましょう。 
 
モニカさん、 また わからないことや 経過など よかったら、 教えてください。 
一緒に考えていきましょう。 


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

tea様、モニカ様、さっき昨日の記事に投稿してしまっていました。
tea様、花ちゃんのリンパ腫で、どれだけtea様の言葉に頼っていたか、夫とまざまざと思い出しました。
モニカ様、モニカちゃん、頑張って!
tea様とあいちゃん達が、ついてますよ!

No title

teaさんは、まさに、れンあいちゃんとともに病と闘ってきたんですね。

同じ猫の飼い主として頭が下がります。

ここで忘れていけないことではないかなと思うのは、猫ちゃんの性格です。

ミュウは気丈な猫でしたが、トラは臆病でした。

誰しも愛猫さんに元気で長生きしてもらいたいのは同じ願いです。

転院した場合の環境の変化、移動時間など猫ちゃんのストレスが最小になるように、猫ちゃんが少しでも穏やかな毎日をすごせますように・・・。

No title

うちのトラも先週、年に一度のワクチン&血液検査で
とうとうクレアチニン2.6の数値が出てしまいました。(去年は1.7でした)
とは言えまだ元気で食欲もしっかりあります。
BUNの方は問題ない数値だったため、主治医からはとりあえずご飯を腎臓食に変えて様子を見ましょう。それによって今後お薬の処方を考えていきましょう・・・。っと言うお話でした。

以前よりこちらで見聞きしていた腎不全に関するteaさんの話や
皆さんの体験談が頭をぐるぐる回っていました。
何年か前の私だったら、何が何だかわからずただあたふたしていただけだったかも・・・っと思いながら
でも、どのブログや誰よりも絶対の信頼をおいているteaさんと、このおたっしゃくらぶの皆様がいてくれるので本当に心強くしっかり受け止める事が出来ました。

これからどの位、どんな事が待っているのかはわかりませんが、
トラをしっかり守ろう!一緒に頑張って行こう!一生懸命戦おう!
っと思っています。
teaさん、皆さん、そしてあいちゃんれンちゃんを筆頭とする沢山のおたっしゃくらぶ皆さんの愛猫ちゃんがいてくれて本当に心強いです。

ちなみにトラ、ここ数日で少しずつご飯の切り替えをしまして
とうとう昨日から大好きなモンプチやおやつのネコ缶とかが一斉に腎臓食だけになったので「ご飯が美味しくない!」っと怒ってます。笑
今朝も4時半頃あげたそばから主人を起こしに行って「美味しいご飯を下さい!」っと、主人にねだっていました(^_^;)

ありがとうございます。

teaさん、皆さん、さまざまな体験談、ありがとうございます。
病気の猫ちゃんとともに過ごしているのは、我が家だけではないですね。
まずは、状態確認と、治療方針、ですね。モニカが落ち着いている今のうちに、聞きに行ってきます。
貧血のことは、最近分かった事で、teaさんに、たくさん教えていただきました。ありがとうございます。

治療中の皆さんと一緒に頑張ります!
またいろいろ力になって下さい!よろしくお願いします!
モニカ

最新記事
お問い合わせ
お便りは、 嬉しく拝見させていただいています。 ありがとうございます。詳細なお問い合わせなどは、 こちらのメールフォームからお願いします。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
甲状腺機能亢進症の記事
このブログに登場するねこちゃん - あいちゃん(24歳)、れンちゃん(21歳:2013年8月永眠)の甲状腺機能亢進症と診断されてからの獣医師の選択、薬剤の検討、飼い主としての心の葛藤などを細かく記事にしています。大変お手数ですが、 下記年月日の記事をお読みくださると幸いです。 甲状腺機能亢進症と診断されても 投薬治療をして管理をすれば、 穏やかな日々を送ることができます。 あいちゃんは、 4年投薬治療をしています。ただ今24歳と半年を過ぎました。 いっしょに頑張りましょう。   記事  2011年11月17日 ~ 2011年12月15日
プロフィール

tea

Author:tea
れンあいちゃんの日常生活のお世話担当、病院担当、看護担当、ごはん調達担当。人間界では、少々テンションお高めのアンチエイジングが気になる世代に所属。好物は、スウィーツ。長崎県時津町(長崎市の隣町)に生息。 

あいちゃん
あい
あいちゃん
白 MIX
1990年2月12日生まれ
(24歳) ♀
お母さんは、ペルシャチンチラ
父不明
【好物】えび ほたて
【好きな場所】人間の膝の上、お外
【趣味】睡眠(現在)
ハンティング(15年前)
【既往症】耳血腫、慢性腎不全、甲状腺機能亢進症、高血圧症、網膜剥離          
れンちゃん
れン
れンちゃん
グレー MIX
1992年8月22日生まれ
21歳 ♀
2013年8月28日(21歳6日)永眠
お母さんはヒマラヤン、
父不明
【好物】アイスクリーム
【好きな場所】ふかふかベッド
【趣味】睡眠(現在)
愛想を振りまくこと(今も昔も)
【既往症】慢性腎不全、甲状腺機能亢進症、高血圧症、心筋症
投薬について
このブログにいらっしゃる方の中には甲状腺機能亢進症のねこちゃんを飼っていらっしゃる方がたくさんいらっしゃると思います。もしご参考になればと思い、あいちゃんの投薬状況をここでご案内しようと思います。甲状腺機能亢進症という病気は、個体差によってお薬の効果やその他の臓器への影響がそれぞれに違うものです。どうぞそのあたりを斟酌してください。皆さんのお宅のねこちゃんが健やかに過ごせますように~
(2014年3月現在) ① メルカゾール(抗甲状腺ホルモン薬)    朝 4分の1錠  夕 8分の1錠 (毎週 火曜日&金曜日  朝 8分の1錠  夕 8分の1錠) ② フォルテコール 朝 夕 2分の1錠 ③ アムロジピン(血圧降下剤) 夕 8分の1錠 以上3点が、甲状腺機能亢進症およびそれに付随する腎不全が影響する病気に対応するお薬です。 それ以外には、 ④ ファモチジン(胃薬) ⑤ タイロシン(抗生剤) ⑥ プリモボラン(蛋白同化ホルモン)貧血対策のお薬です。 ⑦ ポララミン(めまい止め) ⑧ ぺリアクチン(食欲増進剤) 以上8点が日常的に服用しているお薬です。  状況によっては、 制吐剤(プリンペランまたはセレニア)、メトロニタゾール(抗生剤)、アモキシシリン(抗生剤)、デルクリア(下痢止め)など服用させています。 補液は自宅で毎日しています。 サプリメントは、 鉄剤(ヘモテクト)を使っています。  
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
チャーちゃん
チャーちゃん
バイオウィルクリア
パルボウィルス消毒にはこれ!
ビルコン
パルボウィルス消毒にはこれ! 水50倍で希釈して使用します。1回あたりのコスパは断然お得!
複合次亜塩素酸系消毒剤 アンテック...

複合次亜塩素酸系消毒剤 アンテック...
価格:7,050円(税5%込、送料別)

低反発マットベッド
高齢猫ちゃんに安定感のあるベッド
スプレーボトル
ビルコンはこのボトルで作っています(水で50倍希釈)。細かい霧状で万遍なく噴霧できます。
フルプラ ダイヤスプレー(スプレーボト...

フルプラ ダイヤスプレー(スプレーボト...
価格:840円(税5%込、送料別)

ふわふわベッド
あいちゃんが使っているふわふわベッド
かわいいベッド
あいちゃんが使っているかわいいベッド
ヘモテクト(貧血サプリ)
貧血対策サプリメント!鉄剤と鉄吸収を促すビタミンが配合されたサプリです。あいちゃんは毎日服用しています。
PE ヘモテクト 60粒【RCP】【HLS_DU】

PE ヘモテクト 60粒【RCP】【HLS_DU】
価格:3,705円(税5%込、送料別)

体温計はこれ!
れンあいちゃんの体温計は、 これを使っています。
れンあいちゃんの飯台
れンあいちゃんのフードスタンド(飯台)はこれを使っています。↓ 高齢ネコちゃんは、これを使うとごはんを食べるのが楽ですよ♪
あいちゃんのメインディッシュ
あいちゃんのお気に入りのごはんです。粒状なので袋のまま揉んでつぶして供します。
ヒルズ猫用 【k/d】チキン入り パウチ 85g×12

ヒルズ猫用 【k/d】チキン入り パウチ 85g×12
価格:1,890円(税5%込、送料別)

れンあいちゃんのごはん1
れンあいちゃんがたべているごはんです↓
れンあいちゃんのごはん2
れンあいちゃんが食べているごはんです。↓
ブラッシングコーム
アイちゃんのブラッシングは、このコームで! 優しい当たりが気持ちよさそうです。
飼い主さんの手の洗浄に
真菌対策や飼い主さんの手の洗浄に! teaは、このシリーズのシャンプー&コンディショナーも使っています。真菌はをはじめカビなども除去してくれます。近くに田んぼがあるので、れンあいちゃんをこれで真菌から守ります。
最新トラックバック
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR