貧血治療

モニカさんへ そして 腎不全や高齢による病気で 頑張っているねこちゃんと 飼い主の皆さんへ


kittymamaさん、 貴重なご意見をありがとうございました。
やはり ご経験のある飼い主さんの お話は、 今 頑張っていらっしゃる飼い主さんの 支えになると思います。 
そして 亡くなった猫ちゃんが 今もなお 自信の命をもって 教えてくれることになります。

それは ある意味 亡くなった猫ちゃんが 生きる道でもあると思います。 

だから teaは、 いまだに 発信し続けるのかもしれません。
れンちゃんや あいちゃんの 命が 続いていると! 


モニカさん、 おひさしぶりでした。 
そして 今でも毎日 いらしてくださって ありがとうございます。

あいちゃんの 輸血の時の 記事が こちら です。 

記事の中で、 クロスマッチという言葉が使われています。 クロスマッチとは、 供血猫の血液と輸血を受けるねこちゃんの血液をプレパラートの上で 混ぜ合わせて 分離したり、 不適応な反応をしないか? しばらく 見て 血液の合う 合わないを検査することです。 

クロスマッチは、 輸血前日に採血して 一日様子を見ていたと思います。 
血液型を検査して クロスマッチをして、 輸血です。 



待合室で
(血液専門医の待合室で 待つ あいちゃん)



そして 記事中にも書いていますが、 輸血の最初30分が、 危険時間です。 
ですから 慎重に ゆっくり ゆっくり 輸血します。 

ただ お電話でも話しましたように、 おそらく造血ホルモン剤が効いていると思います。 
造血ホルモンについては、 副反応や 投与期間など 主治医に詳しくて 聞いてみてください。 
造血ホルモン剤は、 ダルべポエチンまたは ネスプと言います。 

これが効かなくなると 輸血対応です。 

貧血状態になると、 気になるのが点滴です。
点滴は、 血液を薄めることにつながるので、 一日の点滴量も 微妙に調整していました。 
貧血が進むと 心臓の循環も 悪化します。 

輸液の排出が悪くなり 浮腫も起こります。 
こうなると 一日のうちで 午前・午後に分けて 少しずつ点滴する必要が出てきます。 

ですから 腎臓の働きをサポートするための点滴ですが、 心臓に負担をかけるので、 高齢さんには 細心の注意を払いながら、 点滴をしなければなりません。 



自宅点滴
(自宅点滴を受ける あいちゃん)



腎不全は、 体全体に害が及びますので、 侮れないのです。
そして ムカムカが ねこちゃんに起こるので、 その悪露を できるだけ軽減してあげないと 食事がとれなくなります。 

クレアチニン 3点台、 BUN 30~40台までは、 まあまあのレベルです。 (Ⅱ期~Ⅲ期)
ただし このレベルが 腎不全を悪化させない 大切なポイントです。 ここで食事療法で しっかり食い止めないと どんどん悪化して 余計に薬が必要になったり、 毎日の点滴が必要になったりと 経済的負担が増し、 ねこちゃん自身の生活の質が落ちてきます。 

クレアチニン5点台、 BUN50を超えると 結構 本にゃんはつらいのではないでしょうか?
ガスター(制酸剤)や プリンペラン・セレニア(制吐剤)など 処方していただいて 少しでも食べられる工夫をしていかないといけません。 

BUNは、 点滴で コントロールできますが、 先ほども申し上げたように 心臓に負担がかかりますので、 次第に加減が難しくなります。 

でも 愛する わが仔のために 飼い主は ありとあらゆる努力を惜しまず、 看病できるものです。 
今 考えると teaも よくがんばれていたな~と我ながら感心するような 日々の動きでした。 
れンあいちゃんのために 必死でした。 

その必死さを れンあいちゃんは、 受け止めていてくれました。 
ホントに頑張って teaに たくさんの希望と光を与えてくれました。 

そして その光が、 皆さんとも つなげていてくれると思います。 

モニカさん、 teaにできることが ありましたら、 いつでも お声がけください。 
もちろん、 こちらのコメント欄に 書き込んでくださったら、 たくさんの 先輩方や お仲間が 応援してくださると思います。
有益な情報も きっと 提供してくださると思います。 

それから・・・

コバルジンに関して、 一つ情報提供します。 
コバルジンは、 毒素を包み込んで 体外に排出してくれる機能を持ち合わせていますが、 同時に 投薬しているお薬の効果も 一緒に排出してしまいます。 

また 毒素を排出する機能を期待するなら、 相当量のコバルジンを服用しなければなりません。 

ということで、 teaは コバルジンは 最初から 使いませんでした。 

ご参考までに~
 
 今日も がんばれる! teaは そう思って 一日を始めます。 そして 鏡の前で ニ――――っ
 モニカさん、 笑って 今日も がんばりましょう~


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

病気のねこちゃんの状態は日々変わっていくので、飼い主の観察が大事ですね。

身近にいる飼い主がねこちゃんの状態を正確に把握して、医師に伝えることで治療方針がきまりますね。

ありがとうございます。

Teaさん、
いろいろ教えて下さってありがとうございます。
これからの治療の過程・手順が、なんとなくですが、把握出来ていると、心の準備になりますし、医師の説明も、素人なりに、スムーズに理解できると思います。
点滴にしても、輸血にしても、投薬にしても、これさえやっておけば大丈夫!というものではないのですね。点滴すれば、血液が薄まり⇒貧血⇒心臓に負担になるのですね。盲目でした。バランスをしっかり考えなければ、いけないですね。
本当に難しい問題で、何をどうすればいいか、迷います。
まずは、貧血について、造血ホルモンの種類、効果が出ているのか、ちゃんと聞いてきます!!!

今は、転院は考えていないのですが、もし輸血など対応している病院に転院したいと思ったら、今の獣医さんには、正直に、他へ移りたい、今までのカルテのコピーがほしい、と言えば、いいでしょうかね?
今まで、1年間お世話になったし、信頼関係も築いてきたので、言いにくいです。

コバルシンの、ご意見ありがとうございます。コバルシン、使わなくていいものなら、私も使いたくないです。検討してみます。
それから、貧血対策の、ヘモテクトも、聞いてきます。今はサプリメントとしては、プラセンタを処方されています。その前は漢方(霊芝エキスなど)その前は、ゲルマニウムでした。

愛ちゃんのお写真、かわいいです。
クッションベッド持参で、通院していたのですね。teaさんの愛を感じます。受診を待つ間、愛ちゃんが安心してゆっくり過ごせるようにされていたのですね。

こちらのブログは、腎不全の猫ちゃんのママさんが多いので、心強いです。


No title

百戦錬磨、経験豊富なteaさんのアドバイスと応援は百人力ですね!

こちらをたてればあちらがたたず・・・で、
腎不全の治療は本当に難しくて、せめぎあいですよね。
闘病や治療は人それぞれ、
同じ病気でもその子その子の個体によって違いますから、
それもまた難しいところですね。
でも、一生懸命頑張てる人のことは、
猫神様があいちゃんやれンちゃんと一緒に
必ずお空から見てくれてると思います。

モニカさんやkittymamaさんや、
頑張ってるたくさんの飼い主さんと猫ちゃんに、
良い未来が待っていますように。

ありがとうございます。

ごっちゃさん、みーちゃんさん、

腎不全についての、コメント読ませていただきました。
ありがとうございました。

高齢になると、腎不全だけの問題ではなく、うちの仔は心不全の問題、貧血の問題など、兼ね合いというか、落としどころというか、バランスを見ていかないといけないので、本当、悩ましいですね。ちょっと頭がいっぱいで、何をどう頑張ったらいいのやら。落ち着かないといけないですね!

輸血のこと、私は、少し安易に考えていたところがありました。
teaさんの説明をお聞きし、輸血は大変なことなんだと思いました。供血猫さんの存在を忘れてはいけません。健康な猫さんなのに、大変な思いをして提供してくれる有難さを身にしみて感じました。本当に命を分けていただくという事なのですね。

teaさん、輸血の時の記事を読みました。
処置を終え、帰るときに、コンビニでデザートを買われた、という所・・気持ちが込み上げてくるものがありました。あぁ、本当に頑張られたのだなあと感動しました。

No title

tea様、久しぶりに頑張っていたあいちゃんの記事を読み直しました。
あいちゃん、偉かったです。私は、、あの時、外でWi-Fiの繋がるお店にいたのですが、その6人くらいの猫好きの方にあいちゃんのことを話して、輸血が成功したのをみんなで喜び合いました!

モニカ様、今花ちゃんの主治医の先生のところにも、供血猫さんがいません。
tea様が「まあまあ」と仰るレベルのBUNのすうちです。
ギリギリの時まで、どうするかはわかりませんが、主治医の先生に、その時までに供血猫さんのいる病院を紹介してもらうように頼み込むかもしれません。
以前、眼科の先生を頼み込んで紹介してもらいました。

もしつながりの強い、主治医の先生が信頼する病院を紹介してもらえたら、数値や写真もスムーズに送ってもらえて、これまでの医師との関係も保てます。
うちのような高齢猫だと、他にも色々病気があるので、主治医を変えると、すぐ別の問題がでてくるかも、と思っています。

主治医の先生がどれだけお話を聞いてくださる先生か、他の獣医師との関係や研究の仕方がどうか、などとも関わって来るかと思います。
あいちゃん達は、何人か素晴らしいドクターにお世話になっていらしたようです。
私自身、今の骨折のことで、セカンドオピニオンをもらうことにしました。
今の医師も、どうぞ、ぢうぞ、と言ってくれました☺︎
最新記事
お問い合わせ
お便りは、 嬉しく拝見させていただいています。 ありがとうございます。詳細なお問い合わせなどは、 こちらのメールフォームからお願いします。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
甲状腺機能亢進症の記事
このブログに登場するねこちゃん - あいちゃん(24歳)、れンちゃん(21歳:2013年8月永眠)の甲状腺機能亢進症と診断されてからの獣医師の選択、薬剤の検討、飼い主としての心の葛藤などを細かく記事にしています。大変お手数ですが、 下記年月日の記事をお読みくださると幸いです。 甲状腺機能亢進症と診断されても 投薬治療をして管理をすれば、 穏やかな日々を送ることができます。 あいちゃんは、 4年投薬治療をしています。ただ今24歳と半年を過ぎました。 いっしょに頑張りましょう。   記事  2011年11月17日 ~ 2011年12月15日
プロフィール

tea

Author:tea
れンあいちゃんの日常生活のお世話担当、病院担当、看護担当、ごはん調達担当。人間界では、少々テンションお高めのアンチエイジングが気になる世代に所属。好物は、スウィーツ。長崎県時津町(長崎市の隣町)に生息。 

あいちゃん
あい
あいちゃん
白 MIX
1990年2月12日生まれ
(24歳) ♀
お母さんは、ペルシャチンチラ
父不明
【好物】えび ほたて
【好きな場所】人間の膝の上、お外
【趣味】睡眠(現在)
ハンティング(15年前)
【既往症】耳血腫、慢性腎不全、甲状腺機能亢進症、高血圧症、網膜剥離          
れンちゃん
れン
れンちゃん
グレー MIX
1992年8月22日生まれ
21歳 ♀
2013年8月28日(21歳6日)永眠
お母さんはヒマラヤン、
父不明
【好物】アイスクリーム
【好きな場所】ふかふかベッド
【趣味】睡眠(現在)
愛想を振りまくこと(今も昔も)
【既往症】慢性腎不全、甲状腺機能亢進症、高血圧症、心筋症
投薬について
このブログにいらっしゃる方の中には甲状腺機能亢進症のねこちゃんを飼っていらっしゃる方がたくさんいらっしゃると思います。もしご参考になればと思い、あいちゃんの投薬状況をここでご案内しようと思います。甲状腺機能亢進症という病気は、個体差によってお薬の効果やその他の臓器への影響がそれぞれに違うものです。どうぞそのあたりを斟酌してください。皆さんのお宅のねこちゃんが健やかに過ごせますように~
(2014年3月現在) ① メルカゾール(抗甲状腺ホルモン薬)    朝 4分の1錠  夕 8分の1錠 (毎週 火曜日&金曜日  朝 8分の1錠  夕 8分の1錠) ② フォルテコール 朝 夕 2分の1錠 ③ アムロジピン(血圧降下剤) 夕 8分の1錠 以上3点が、甲状腺機能亢進症およびそれに付随する腎不全が影響する病気に対応するお薬です。 それ以外には、 ④ ファモチジン(胃薬) ⑤ タイロシン(抗生剤) ⑥ プリモボラン(蛋白同化ホルモン)貧血対策のお薬です。 ⑦ ポララミン(めまい止め) ⑧ ぺリアクチン(食欲増進剤) 以上8点が日常的に服用しているお薬です。  状況によっては、 制吐剤(プリンペランまたはセレニア)、メトロニタゾール(抗生剤)、アモキシシリン(抗生剤)、デルクリア(下痢止め)など服用させています。 補液は自宅で毎日しています。 サプリメントは、 鉄剤(ヘモテクト)を使っています。  
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
チャーちゃん
チャーちゃん
バイオウィルクリア
パルボウィルス消毒にはこれ!
ビルコン
パルボウィルス消毒にはこれ! 水50倍で希釈して使用します。1回あたりのコスパは断然お得!
複合次亜塩素酸系消毒剤 アンテック...

複合次亜塩素酸系消毒剤 アンテック...
価格:7,050円(税5%込、送料別)

低反発マットベッド
高齢猫ちゃんに安定感のあるベッド
スプレーボトル
ビルコンはこのボトルで作っています(水で50倍希釈)。細かい霧状で万遍なく噴霧できます。
フルプラ ダイヤスプレー(スプレーボト...

フルプラ ダイヤスプレー(スプレーボト...
価格:840円(税5%込、送料別)

ふわふわベッド
あいちゃんが使っているふわふわベッド
かわいいベッド
あいちゃんが使っているかわいいベッド
ヘモテクト(貧血サプリ)
貧血対策サプリメント!鉄剤と鉄吸収を促すビタミンが配合されたサプリです。あいちゃんは毎日服用しています。
PE ヘモテクト 60粒【RCP】【HLS_DU】

PE ヘモテクト 60粒【RCP】【HLS_DU】
価格:3,705円(税5%込、送料別)

体温計はこれ!
れンあいちゃんの体温計は、 これを使っています。
れンあいちゃんの飯台
れンあいちゃんのフードスタンド(飯台)はこれを使っています。↓ 高齢ネコちゃんは、これを使うとごはんを食べるのが楽ですよ♪
あいちゃんのメインディッシュ
あいちゃんのお気に入りのごはんです。粒状なので袋のまま揉んでつぶして供します。
ヒルズ猫用 【k/d】チキン入り パウチ 85g×12

ヒルズ猫用 【k/d】チキン入り パウチ 85g×12
価格:1,890円(税5%込、送料別)

れンあいちゃんのごはん1
れンあいちゃんがたべているごはんです↓
れンあいちゃんのごはん2
れンあいちゃんが食べているごはんです。↓
ブラッシングコーム
アイちゃんのブラッシングは、このコームで! 優しい当たりが気持ちよさそうです。
飼い主さんの手の洗浄に
真菌対策や飼い主さんの手の洗浄に! teaは、このシリーズのシャンプー&コンディショナーも使っています。真菌はをはじめカビなども除去してくれます。近くに田んぼがあるので、れンあいちゃんをこれで真菌から守ります。
最新トラックバック
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR