歯が。。。

おはようございます。
連休中日、 皆さん ひょっとしたら 自宅ではないところで お過ごしでしょうか?

大変 お暑いので、 どうぞ 水分補給をしながら、 楽しんでください。

teaは、 今朝6時にお墓掃除に行ってきました。 
陽が上りきっては、 とても暑くて 200段の階段は 上れません。 
午前6時は、 気温27℃。 30℃を越えないうちに お掃除すれば、 それほど体に負担がないと思って 行きました。 

お掃除を終わると スッキリさわやか~ 
水分補給のために コーヒーをポットに入れて 行ってきました。 じぃじと コーヒーを飲みながら、 お話してきました。 
朝から 充実です。 


さて 今日は、 先日 prisさんからいただいたメールをご紹介したいと思います。 
prisさんは、 二人の白い仔ちゃんと暮らしています。 
そのうちの一人 sibyllaちゃんの 歯が、 折れていたらしいのです。 

歯が折れるような心当たりがないそうです。 歯肉炎も認められず、 原因が はっきりしないそうです。 

気が付いたら、 歯が折れていたという ご経験をお持ちの飼い主さんが いらしたら、 ご経験談を 聞かせてほしいとのことです。 



sibyllaちゃんの歯↓

Sibyllaちゃん


根元が赤くなっている歯が、 折れていたらしいです。 
もうこの歯は抜歯しているそうです。 


歯肉炎はなかったそうなので、 根元が赤く内出血のようになっているところを見ると、 何か固いものにぶつかったか、 噛みついたか 何らかの衝撃ー炎症が起こっているのではないか?と 思われます。 

歯が折れるほどの衝撃は、 本ニャンにしてみたら、 きっと痛かったと 思われます。
かわいそうに~  痛かったよね~ 

teaもsibyllaちゃんに 会ったことがあります。
真っ白で 美しい仔です。 ちょっと警戒されましたが、 時間が経つと 慣れて来てくれました。
室内飼いで 歯が折れるほどの 事情とは????? 
摩訶不思議でございます。 


あいちゃんなら、 雀の骨をばりっと食べたところで、 歯がボロリン~ は ありそうです。 
が・・・ あいちゃんは 亡くなるまで 歯は全部ございました~。 

もし 心当たりが ある方は、 ぜひコメントをお願いします。 

それでは、 皆さん よい連休をお過ごしください~




sibyllaちゃんの 歯、 若いですね~(笑)
ねこちゃんの歯、 久々 まじまじと見ました。 

お口の健康も大事ですね? 
ケアしてください。 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

teaさん、ありがとうございます!
お尻のお加減はいかがですか?
(変な聞き方ですが)

レギュラー部員のみなさま、こんにちは。
幽霊部員のprisです。
いつもこっそりとコメントを拝見して共感したり、涙したりしております。

こちらに集うみなさまは猫歴も豊富でいらっしゃる方が多いので、なにかヒントになるご助言を頂けましたら幸いです。

Sibyllaの歯の件は、ほんっとに謎なんです。

たくさんの猫を見てきている保護ボランティアさんも、周囲に外傷もなくピンポイントで折れているというのは見たことないそうですし、

猫と暮らしている知人も歯が折れたケースの経験はないそうです。

原因になりそうなものは室内から除去したいのですが、心当たりが浮かびません。

私の見ていないところで一体なにがあったのでしょうか。

ちなみに2匹飼いで、もう1匹は血縁のオスネコで基本的に仲良しですが、たまに興奮して取っ組み合いもします。

…が、歯が折れるような死闘の場合は他に外傷も残ると思うので考え難いです。

う~ん…謎です。

No title

Sibyllaちゃんの歯、本当にキレイですね。
我が家も先代2匹は抜歯したことも、折れたこともないので、
何も気の利いたお話が出来ず、申し訳ないです。

私が現在一緒に暮らしている仔は、
おそらく元飼い猫なんですが、
保護した時から犬歯が1本無くて、鼻筋に消えない傷もあるので、
お外に出されてから家に来るまでの間に、
ケンカしたのか、やられちゃったのか、何かがあったんだろうなぁと思ってます。

人間でも歯が折れるのは相当ですから、痛かったでしょうね。
室内で、しかも外傷もなく・・・本当に不思議です。
折れた歯も見つかってないんですよね?う~ん、謎ですね。

それにしても、お口キレイ!
歯の色もキレイだし、歯茎もお口の中も、
お口周りの毛も、お鼻も、全部キレイですね。素晴らしい!

初めまして。いつも楽しく拝見させて頂いて居ります。
1年半前に19歳で亡くなった愛猫がまだ若かった頃、私達家族が出かけて帰宅した時に、首輪が外れていること、左上の犬歯が折れていることに気がつき、慌てて家中の猫道を隈なく調べた所、出窓のカーテンフックに引きちぎった首輪がかかっていてゾッとした記憶があります。たまたま首輪が引っかかり、苦しくてもがいたのだと思います。自力で首輪を引きちぎったようなギザギザにちぎれた状態でした。
その後、猫道付近のカーテンフックはすべて取り外し、首輪も外れやすいタイプの物を付けるようにしました。完全室内飼いでしたので事故を想定していなかったのですが、それ以来、様子を見ながら危なさそうなものは撤去するようになりました。
いま思い出しても歯が折れる程の経験をさせてしまい、痛かっただろうし怖かっただろうと思うと、切なくなります。

sibyllaちゃん、お大事になさって下さい。

みーちゃんさんへ

こんにちは。
コメントをありがとうございます!

犬歯は大きいし、前にあるので折れやすいみたいですね。
猫さん、みーちゃんさんに出会う前に大変な思いをしたんですね…。

折れた歯はそのままで支障ありませんでしたか?

Sibyllaの歯は、折れてグラグラしていた上部しか取っておらず、残り少しと根は残っています。

支障が出たら、全身麻酔で根からの抜歯と言われたので、折れてしまったあとが気になります。

犬歯と違う場所なので状況は異なるかもしれませんが、今後の参考に伺えましたら幸いです。

うちの子も根元から折れたわけではなく、歯は3分の1程残っていました。当時、獣医さんに診て頂いたところ、歯茎の腫れや出血等がないので様子を見ましょう、との事でした。結果的には問題はなく、また残っていた部分も他に干渉は無かったため、あえてリスクのある全身麻酔をして抜歯することはしませんでした。

おばあちゃん猫になってからも、他の歯と同様に抜けることなく、また変色することもなく亡くなる1週間前までドライフードを食べていました(^^)

根元から折れて、傷ができていたりすると菌も入りやすいのかもしれませんが、うちの子の場合は歯の途中で折れたことが幸いだったのかもしれません。

スマホのサイズでしか見ていないので、見当違いのことを言っていたらすみません。
「破歯細胞性吸収病巣」は疑ってみられましたか? 上顎の犬歯のすぐ後の歯がないのも、もしかしたらそうなのかもと思いまして…

minaminamiさんへ

minaminamiさんはじめまして。
こんばんは!
有益な情報ありがとうございます。

飼い主不在時の首輪の引っかかり…考えただけでも震えてしまいますね。
最悪の事態にまで至らなくて、本当になによりでした。

わが家も歴代完全室内飼いなので油断していましたが、これまでそういう事故がなかったのが幸いくらいの心構えでいるに越したことはないですね。

折れた歯のその後についても、同じ歯ではありませんが不安な気持ちが落ち着いてきました。
ありがとうございます。

やっぱりteaさんにお願いして、<span style="background-color:#FFFF00;">おたっしゃくらぶ</span>でアドバイスを求めて正解でした。

またなにか思い出したら教えて頂けたら嬉しいです。

たかさんへ

たかさん、はじめまして。
こんばんは!

「破歯細胞性吸収病巣」!?

歯の破折の原因ばかりを検索していて、関連がありそうな疾患については歯肉炎しか思いつかず調べていませんでした。

どこかでうっすら見聞きしたような記憶のある疾患ですが、名前を正確に覚えていませんでしたし、教えて頂かなければ自力ではたどり着けないアプローチでした。
ありがとうございます。
ちょっと今から調べて参ります!!

prisさんへ

こんばんは。prisさん、はじめまして。

先住猫は我が家で初めて迎えた子だったので、分からないことばかりの子猫育てでした。
歯が折れていた事も首輪が外れていたから気がついた位で、他には全く外傷もなく、その後の食事や食欲も問題は無かったと記憶しています。

何かあると、本当に心配ですよね。

我が家にも3歳になる姉妹猫がいますが、まだまだ悪戯ざかりでひやひやドキドキです。

私もおたっしゃくらぶで、レギュラー部員の方々のコメントを拝見しながら、学びの日々です。

sibyllaちゃんのお口の中も早く落ち着いて来ると良いですね。

たかさんへ そうかもしれません!!

たかさん、そうかもしれません!!

今、さっと検索しただけですが、思い当たる症状ばかりでした。

たかさんの所見は、今回の獣医師よりもすごいです!

抜歯した歯も好発部位に該当していますし、反対側の同じ歯にも可能性がある症状が見られました。

飼い主のくせに犬歯の後ろの歯がないことが異常だと知らなかったなんて恥ずかしいです。

猫の歯並びを理解しておらず、痛がったり、食事を食べるのに問題がなかったので、これが異常だとは疑っていませんでした…。
情けないです。

今回のように開業獣医師だと、この疾患に詳しくなく、「原因不明の破折」としか診断されないことを経験しましたので、

歯の疾患に詳しい医師がいる病院を探して診断してもらえればと思います。

診断が下れば治療や対策もありますし、漫然とした不安から解放されます。

これから更に詳しく破歯細胞性吸収病巣について調べてみます。
本当にありがとうございました!

minaminamiさんへ

ご返信ありがとうございます。

多頭飼いなんですね!
3歳だと、飼い主の予想外のことをするから目が放せませんよね~。

Sibyllaの歯、たかさんが下さったご助言の破歯細胞性吸収病巣の可能性が高い気がしてきました。

獣医師からも出なかった疾患の名前が出るなんて、本当にteaさんはじめ、<span style="background-color:#FFFF00;">おたっしゃくらぶ</span>の方の知識はすごいです!

minaminamiさんもニャンコでお困りのことがあれば、下手な獣医師よりも、こちらに集う方々にの助言の方が頼りになったりしてすごく心強いですよ!

No title

pris さん、はじめまして。
「破歯細胞性吸収病巣」というたかさんのご意見、さすがですね!
歯根の様子がよく似ています。
Sybillaちゃんは、こんなにきれいなお口で、プラーク以外の原因ですね。

うちのジジは、生後1年くらいの時気づいたら1本の犬歯の先端が欠けていました。
細くて小さい尖った歯で、単純になにかにぶつかったのだと思っていました。
ただ、歯垢が溜まりやすく、晩年は口臭が出ました。
今思うと、少し歯が弱かったのかも。

猫飼いを通して学ぶことは多いですが、とくにおたっしゃくらぶの皆さんからは、勉強することがいっぱいです。
tea様、ありがとうございます。
こっちも暑かったです〜ヘロヘロ〜

kittymamaさんへ

はじめまして!
情報ありがとうございます。

やはりこちらに集うみなさまは様々な猫経験がおありで、頼りになります。

teaさんにお願いして掲載して頂いただけで、歯の折れた猫ちゃんと暮らした経験がおありの方が3名も名乗り出てくださいましたし、

自分では行き当たらなかった破歯細胞性吸収病巣というどんぴしゃのワードにまでたどり着くことができました。

昨晩ずっと調べて、ほぼ間違いないと確信しています。

通院可能な範囲の口腔の処置経験が豊富な獣医師を探してレントゲンを取れば確定しますし、処置についても決められると思っています。

ラッキーケースの処置なしで済めばいいのですが、痛みがあるようなので、全身麻酔の抜歯になるんでしょうね…。

teaさんへ

ありがとうございました!

みなさん親切にご経験を教えて下さり、たかさんに至っては写真から病名を推測して下さいました。

図々しく掲載をお願いして本当によかったです。

自分ひとりで調べていたら探しきれずにSibyllaに痛みのあるつらい時間を長引かせてしまっていたと思います。

今回かかった近所の開業獣医師には2度と診察は頼みません。
最新記事
お問い合わせ
お便りは、 嬉しく拝見させていただいています。 ありがとうございます。詳細なお問い合わせなどは、 こちらのメールフォームからお願いします。
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
甲状腺機能亢進症の記事
このブログに登場するねこちゃん - あいちゃん(24歳)、れンちゃん(21歳:2013年8月永眠)の甲状腺機能亢進症と診断されてからの獣医師の選択、薬剤の検討、飼い主としての心の葛藤などを細かく記事にしています。大変お手数ですが、 下記年月日の記事をお読みくださると幸いです。 甲状腺機能亢進症と診断されても 投薬治療をして管理をすれば、 穏やかな日々を送ることができます。 あいちゃんは、 4年投薬治療をしています。ただ今24歳と半年を過ぎました。 いっしょに頑張りましょう。   記事  2011年11月17日 ~ 2011年12月15日
プロフィール

tea

Author:tea
れンあいちゃんの日常生活のお世話担当、病院担当、看護担当、ごはん調達担当。人間界では、少々テンションお高めのアンチエイジングが気になる世代に所属。好物は、スウィーツ。長崎県時津町(長崎市の隣町)に生息。 

あいちゃん
あい
あいちゃん
白 MIX
1990年2月12日生まれ
(24歳) ♀
お母さんは、ペルシャチンチラ
父不明
【好物】えび ほたて
【好きな場所】人間の膝の上、お外
【趣味】睡眠(現在)
ハンティング(15年前)
【既往症】耳血腫、慢性腎不全、甲状腺機能亢進症、高血圧症、網膜剥離          
れンちゃん
れン
れンちゃん
グレー MIX
1992年8月22日生まれ
21歳 ♀
2013年8月28日(21歳6日)永眠
お母さんはヒマラヤン、
父不明
【好物】アイスクリーム
【好きな場所】ふかふかベッド
【趣味】睡眠(現在)
愛想を振りまくこと(今も昔も)
【既往症】慢性腎不全、甲状腺機能亢進症、高血圧症、心筋症
投薬について
このブログにいらっしゃる方の中には甲状腺機能亢進症のねこちゃんを飼っていらっしゃる方がたくさんいらっしゃると思います。もしご参考になればと思い、あいちゃんの投薬状況をここでご案内しようと思います。甲状腺機能亢進症という病気は、個体差によってお薬の効果やその他の臓器への影響がそれぞれに違うものです。どうぞそのあたりを斟酌してください。皆さんのお宅のねこちゃんが健やかに過ごせますように~
(2014年3月現在) ① メルカゾール(抗甲状腺ホルモン薬)    朝 4分の1錠  夕 8分の1錠 (毎週 火曜日&金曜日  朝 8分の1錠  夕 8分の1錠) ② フォルテコール 朝 夕 2分の1錠 ③ アムロジピン(血圧降下剤) 夕 8分の1錠 以上3点が、甲状腺機能亢進症およびそれに付随する腎不全が影響する病気に対応するお薬です。 それ以外には、 ④ ファモチジン(胃薬) ⑤ タイロシン(抗生剤) ⑥ プリモボラン(蛋白同化ホルモン)貧血対策のお薬です。 ⑦ ポララミン(めまい止め) ⑧ ぺリアクチン(食欲増進剤) 以上8点が日常的に服用しているお薬です。  状況によっては、 制吐剤(プリンペランまたはセレニア)、メトロニタゾール(抗生剤)、アモキシシリン(抗生剤)、デルクリア(下痢止め)など服用させています。 補液は自宅で毎日しています。 サプリメントは、 鉄剤(ヘモテクト)を使っています。  
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
チャーちゃん
チャーちゃん
バイオウィルクリア
パルボウィルス消毒にはこれ!
ビルコン
パルボウィルス消毒にはこれ! 水50倍で希釈して使用します。1回あたりのコスパは断然お得!
複合次亜塩素酸系消毒剤 アンテック...

複合次亜塩素酸系消毒剤 アンテック...
価格:7,050円(税5%込、送料別)

低反発マットベッド
高齢猫ちゃんに安定感のあるベッド
スプレーボトル
ビルコンはこのボトルで作っています(水で50倍希釈)。細かい霧状で万遍なく噴霧できます。
フルプラ ダイヤスプレー(スプレーボト...

フルプラ ダイヤスプレー(スプレーボト...
価格:840円(税5%込、送料別)

ふわふわベッド
あいちゃんが使っているふわふわベッド
かわいいベッド
あいちゃんが使っているかわいいベッド
ヘモテクト(貧血サプリ)
貧血対策サプリメント!鉄剤と鉄吸収を促すビタミンが配合されたサプリです。あいちゃんは毎日服用しています。
PE ヘモテクト 60粒【RCP】【HLS_DU】

PE ヘモテクト 60粒【RCP】【HLS_DU】
価格:3,705円(税5%込、送料別)

体温計はこれ!
れンあいちゃんの体温計は、 これを使っています。
れンあいちゃんの飯台
れンあいちゃんのフードスタンド(飯台)はこれを使っています。↓ 高齢ネコちゃんは、これを使うとごはんを食べるのが楽ですよ♪
あいちゃんのメインディッシュ
あいちゃんのお気に入りのごはんです。粒状なので袋のまま揉んでつぶして供します。
ヒルズ猫用 【k/d】チキン入り パウチ 85g×12

ヒルズ猫用 【k/d】チキン入り パウチ 85g×12
価格:1,890円(税5%込、送料別)

れンあいちゃんのごはん1
れンあいちゃんがたべているごはんです↓
れンあいちゃんのごはん2
れンあいちゃんが食べているごはんです。↓
ブラッシングコーム
アイちゃんのブラッシングは、このコームで! 優しい当たりが気持ちよさそうです。
飼い主さんの手の洗浄に
真菌対策や飼い主さんの手の洗浄に! teaは、このシリーズのシャンプー&コンディショナーも使っています。真菌はをはじめカビなども除去してくれます。近くに田んぼがあるので、れンあいちゃんをこれで真菌から守ります。
最新トラックバック
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR