シリーズ加齢(9)-投薬について③

今朝も 猛烈な雨の長崎地方です。
雨さん、 飽きませんね~  そんなに降って!! もう よかでしょ? 
そろそろ 九州を退散してくださいー

今日は一日中雨だそうです。 
しばらく 続くようですね~



さて シリーズ加齢! 甲状腺機能亢進症の治療中にお薬の副反応が出たところまで お伝えしましたね。
甲状腺機能亢進症は、 放っておくと死に至る恐ろしい病気ですが、 もう一つ注意することがあります。

それは 内臓機能を促進することによる腎機能です。
腎臓は、 一度細胞が破壊されると再生できない臓器です。

甲状腺機能亢進症は、 腎臓の働きも促進するので、 毒素をどんどん排出してくれます。
しかし 実は腎臓に負荷をかけて働かせているので、 腎不全が進んでいるのにもかかわらず、 腎臓細胞の破壊を表に出さないカムフラージュをしてしまうのです。 


「アタシ、 元気かったばってん、 ホントは腎不全やったとばい!」 

腎不全やったとばい



血液検査でもBUN、 クレアチニンは 上がりません。
安心していたら、 とんでもない結果になります。

ただ 甲状腺機能亢進症を逆手に使って、 少し甲状腺ホルモン(T4)を高めに維持すれば、 毒素を排出する機能が促進されるという方法もあります。 つまり 心臓など多臓器に影響を出さず、 腎臓は甲状腺ホルモンを使って守る!という方法を考えていくのが、 甲状腺機能亢進症の治療の肝だと思います。 

しかしそうだとしても、 やはり腎臓の働きは、 甲状腺ホルモン(T4)を抑えることでやはり悪化します。
そのために 処方するのが、 心臓のお薬です。 
れンあいちゃんの時代だと フォルテコール、 今はセミントラでしょうか? 


「フォルテコールは、 大きかったとばい」

フォルテコールは大きかったとばい


フォルテコールは、 心臓のお薬ですが、 腎臓のお薬として処方されることもあります。
どちらも本当です。 
要は 心臓の血流量をあげて腎臓の血流量を上げ、 腎機能の促進を図るのです。 

フォルテコールは、 ACE阻害薬と言われる薬群です。
ACE阻害薬には、 フォルテコール以外にもあります。
どれがいいのか? よくわかりません。 これは 獣医師に処方していただいたものを 飲ませるしかありません。 

teaは、 同じ効果があるなら どれでもいいのかと思いましたが、 効果は同じでも 体に負担がないのは、 なにか?と考えました。 そこで 出てきた考え方が、 お薬の排出経路でした。 

このことは、 親友のKさんから教えてもらいました。 実はお薬の排出については、 重視する獣医師と 全くと言っていいほど考えない獣医師がいます。 一般的には 関係ないと言われているようですが・・・ 気にする獣医師は、 たくさんいます。 


「マンマは、 あいちゃんに負担の少なかとば 選んだとばい!」

負担の少なかとば、 選んだとばい


お薬の排出経路は、 肝臓と腎臓です。
フォルテコールは、 肝臓と腎臓 の両方です。 
6:4の割合で、 肝臓排出だったような気がしますが、 記憶がちょっと・・・(苦笑)

いずれにしても 当時 使っていたACE阻害薬 レニベーゼは、 100%腎臓排出だったので、 腎不全の仔には ちょっと重いかな?と感じて、 お薬を変えていただきました。 

これは teaが お勉強して セカンド・サードオピニオンのドクターへヒアリングした結果、 主治医に提案しました。 

お薬って 効用だけではなく、 排出経路や 病気に対してどうアプローチするのか?ということも病気に対する理解が進むと思います。 正直言って 解説文は、 えら~い先生方が、 わかりにくく難しく書いている文章が多くって、 見たくもない気分になります。 

でも 必ず 易しく解説してあるサイトがあります。 いくつか読んでいると 相乗効果でだんだん噛み砕けてきます。 

そして 自分が学んだことは、 主治医の前でよくお話していました。 実は このステップ とっても大事なのです。 
いくら 本を読んでもネットの記事を読んでも、 自分が咀嚼して人前で説明できなければ、 それは理解しているとは言えません。
自分の解釈違いもあるかもしれません。 そんな時 専門家である獣医師の前で お話すれば、 間違いを指摘してもらえたり、 理解がより促進できると思います。 

愛するわが仔を守るための勉強や理解は、 ぜひ やっていただければ!と 思う次第です。 


昨日 甲状腺機能亢進症のことを 書いている時、 実は Junさんのはなちゃんのことを思い出していました。
そしたら、 思いが通じたのかしら? Junさんからコメントいただいて とっても嬉しかったです。
私たちは、 ねこちゃんの病気に立ち向かった同志ですね?

はなちゃんのこと teaも決して忘れません。 
アメリカでは、 放射線治療があるので、 投薬の煩わしさから解放されて ねこちゃんも買主さんもずいぶんが負担が減ると思います。 Junさんが おっしゃるように 早く 日本でもできるようになるといいですね~

そうすれば、 お薬の副作用も考えずに済むと思います。 

Junさん、 コメントありがとうございました。 当時のアメリカの獣医事情を垣間見れたような気持ちがして とっても嬉しかったことも思い出しました。 長いおつきあい、 感謝申し上げます。 

日本に帰国されるときは、 教えてくださいね~
関西圏、 teaも ずいぶん わかるようになってきましたよ~ 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

薬の排出経路の説明は受けたことがなかったので大変勉強になります。

No title

うちのみいちゃんも、甲状腺機能亢進症と腎臓でした。
かかりつけ医も、甲状腺と腎臓の治療については、
せめぎ合いだと、いつも仰っていました。

排出経路は、私もあまり考えたことがなかったので、
なるほどと思い、とても勉強になりました。

頑張ったぶん糧となり、次の命へと引き継がれていくんですね。
最新記事
お問い合わせ
お便りは、 嬉しく拝見させていただいています。 ありがとうございます。詳細なお問い合わせなどは、 こちらのメールフォームからお願いします。
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
甲状腺機能亢進症の記事
このブログに登場するねこちゃん - あいちゃん(24歳)、れンちゃん(21歳:2013年8月永眠)の甲状腺機能亢進症と診断されてからの獣医師の選択、薬剤の検討、飼い主としての心の葛藤などを細かく記事にしています。大変お手数ですが、 下記年月日の記事をお読みくださると幸いです。 甲状腺機能亢進症と診断されても 投薬治療をして管理をすれば、 穏やかな日々を送ることができます。 あいちゃんは、 4年投薬治療をしています。ただ今24歳と半年を過ぎました。 いっしょに頑張りましょう。   記事  2011年11月17日 ~ 2011年12月15日
プロフィール

tea

Author:tea
れンあいちゃんの日常生活のお世話担当、病院担当、看護担当、ごはん調達担当。人間界では、少々テンションお高めのアンチエイジングが気になる世代に所属。好物は、スウィーツ。長崎県時津町(長崎市の隣町)に生息。 

あいちゃん
あい
あいちゃん
白 MIX
1990年2月12日生まれ
(24歳) ♀
お母さんは、ペルシャチンチラ
父不明
【好物】えび ほたて
【好きな場所】人間の膝の上、お外
【趣味】睡眠(現在)
ハンティング(15年前)
【既往症】耳血腫、慢性腎不全、甲状腺機能亢進症、高血圧症、網膜剥離          
れンちゃん
れン
れンちゃん
グレー MIX
1992年8月22日生まれ
21歳 ♀
2013年8月28日(21歳6日)永眠
お母さんはヒマラヤン、
父不明
【好物】アイスクリーム
【好きな場所】ふかふかベッド
【趣味】睡眠(現在)
愛想を振りまくこと(今も昔も)
【既往症】慢性腎不全、甲状腺機能亢進症、高血圧症、心筋症
投薬について
このブログにいらっしゃる方の中には甲状腺機能亢進症のねこちゃんを飼っていらっしゃる方がたくさんいらっしゃると思います。もしご参考になればと思い、あいちゃんの投薬状況をここでご案内しようと思います。甲状腺機能亢進症という病気は、個体差によってお薬の効果やその他の臓器への影響がそれぞれに違うものです。どうぞそのあたりを斟酌してください。皆さんのお宅のねこちゃんが健やかに過ごせますように~
(2014年3月現在) ① メルカゾール(抗甲状腺ホルモン薬)    朝 4分の1錠  夕 8分の1錠 (毎週 火曜日&金曜日  朝 8分の1錠  夕 8分の1錠) ② フォルテコール 朝 夕 2分の1錠 ③ アムロジピン(血圧降下剤) 夕 8分の1錠 以上3点が、甲状腺機能亢進症およびそれに付随する腎不全が影響する病気に対応するお薬です。 それ以外には、 ④ ファモチジン(胃薬) ⑤ タイロシン(抗生剤) ⑥ プリモボラン(蛋白同化ホルモン)貧血対策のお薬です。 ⑦ ポララミン(めまい止め) ⑧ ぺリアクチン(食欲増進剤) 以上8点が日常的に服用しているお薬です。  状況によっては、 制吐剤(プリンペランまたはセレニア)、メトロニタゾール(抗生剤)、アモキシシリン(抗生剤)、デルクリア(下痢止め)など服用させています。 補液は自宅で毎日しています。 サプリメントは、 鉄剤(ヘモテクト)を使っています。  
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
チャーちゃん
チャーちゃん
バイオウィルクリア
パルボウィルス消毒にはこれ!
ビルコン
パルボウィルス消毒にはこれ! 水50倍で希釈して使用します。1回あたりのコスパは断然お得!
複合次亜塩素酸系消毒剤 アンテック...

複合次亜塩素酸系消毒剤 アンテック...
価格:7,050円(税5%込、送料別)

低反発マットベッド
高齢猫ちゃんに安定感のあるベッド
スプレーボトル
ビルコンはこのボトルで作っています(水で50倍希釈)。細かい霧状で万遍なく噴霧できます。
フルプラ ダイヤスプレー(スプレーボト...

フルプラ ダイヤスプレー(スプレーボト...
価格:840円(税5%込、送料別)

ふわふわベッド
あいちゃんが使っているふわふわベッド
かわいいベッド
あいちゃんが使っているかわいいベッド
ヘモテクト(貧血サプリ)
貧血対策サプリメント!鉄剤と鉄吸収を促すビタミンが配合されたサプリです。あいちゃんは毎日服用しています。
PE ヘモテクト 60粒【RCP】【HLS_DU】

PE ヘモテクト 60粒【RCP】【HLS_DU】
価格:3,705円(税5%込、送料別)

体温計はこれ!
れンあいちゃんの体温計は、 これを使っています。
れンあいちゃんの飯台
れンあいちゃんのフードスタンド(飯台)はこれを使っています。↓ 高齢ネコちゃんは、これを使うとごはんを食べるのが楽ですよ♪
あいちゃんのメインディッシュ
あいちゃんのお気に入りのごはんです。粒状なので袋のまま揉んでつぶして供します。
ヒルズ猫用 【k/d】チキン入り パウチ 85g×12

ヒルズ猫用 【k/d】チキン入り パウチ 85g×12
価格:1,890円(税5%込、送料別)

れンあいちゃんのごはん1
れンあいちゃんがたべているごはんです↓
れンあいちゃんのごはん2
れンあいちゃんが食べているごはんです。↓
ブラッシングコーム
アイちゃんのブラッシングは、このコームで! 優しい当たりが気持ちよさそうです。
飼い主さんの手の洗浄に
真菌対策や飼い主さんの手の洗浄に! teaは、このシリーズのシャンプー&コンディショナーも使っています。真菌はをはじめカビなども除去してくれます。近くに田んぼがあるので、れンあいちゃんをこれで真菌から守ります。
最新トラックバック
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR