ねこごとき。。。

ぴょん吉さんのコメント、 まさにその通りです。
病気のねこさんを抱えていらっしゃる飼い主さん、 手をあげていただければ・・・と思うのですが、 おそらく 人間だけでも大変なのに、 ねこのレスキューなんて。。。と 遠慮していらっしゃるのではないでしょうか? 

teaは、 ねこちゃんの治療に一生懸命 取り組んできました。
ちゃんと ケアすれば、 こんな西の果てで暮らしている飼い主でも ねこちゃんが長生きできる、 ケアすれば 病気があっても最期まで 生活の質を落とさないで、 延命できる!と 信じて 皆さんに応援していただきながら、 やってきました。

ありがたいことに 「励みになる!」 「あいちゃんは 希望の星!」とまで 皆さんに言っていただけるようになりました。 

でも 最初は、 「ねこごとき。。。」という言葉が、 teaの脳裏をかすめていました。 
共感を得るどころか 反感を招かないか~なんてことも 考えていました。 

もしかしたら、 被災されている皆さんの中に 同じように 恐れをいだいている飼い主さんが、 いらっしゃるのでは?と 思います。 



「アタシは 希望の星?」

希望の星?


昨日は、 犬を預かってくださるドッグカフェのオーナーさんが、 NHKの取材を受けて 出演されていました。
でも 猫は・・・ 

特に病気の仔は、 どうなるでしょう?
酸素室に入っている仔や インシュリンの注射の必要がある仔、 定期的な投薬が必要な仔、 特殊な食事が必要な仔、 どんなパターンでも 大変な労力や心配が 折り重なってきます。 

元気な仔なら 解き放つという選択肢があると思います。 
でも 高齢さんや 病気がある仔は、 そうはいきません。 

もしかしたら、 災害時だけではなく 地域で病気の仔を抱える飼い主さんをサポートする組織があれば、 災害時のサポートもできるのかもしれません。 それも 全国各県に 一つ公的な後ろだての下、 あればいいですよね~ 

今回のように 熊本県が被災した時は、 長崎県・佐賀県・福岡県など隣接する自治体が、 受け入れ態勢を整えて 被災した飼い主さん・ねこちゃんを迎え入れてくださったら、 本当に安心してペットと暮らせるのではないか?なんて 妄想してしまいます。 



「アタシたちも マンマのそばにずっと一緒に居りたかばい!」

一緒に居りたかばい!



ねこちゃんも買主さんも元気な時は、 どんなことが起きても がんばったり耐えたりすることができると思いますが、 そうではないシチュエーションでは、 考えただけで過呼吸になりそうです。 

今や ペットとの暮らしは、 日常です。 

人間の非常時・災害時は、 ペット込みで考える時代だと思います。 
「ねこごとき。。。」という感覚が、 人々の心の中から なくなってほしい~と切に願います。 

私たちが このようなつらい教訓から 何をすることができるのか? 日々 思い悩んでいます。 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

横浜で福島原発20キロ圏内の犬猫救出プロジェクトのおおあみ避難所シェルターを立ち上げた方がいらしゃいます。

身近でも里親募集に出せない子を30匹以上世話し続けている方がいます。

本当に頭が下がる思いです。

No title

環境省も熊本県もペットとの同行避難を推奨しているものの、実際は、避難所から、拒否される場合が、多いそうです。アレルギーが、ある方がいるからと。。。また、飼い主も遠慮して、一緒に避難できず、車の中で過ごすとかしている状態らしいです。
でも、確かに報道では、犬は、たくさん見るけど、猫が、避難している姿は、あまり見ませんね。。。

三重県で、猫の保護活動をされている尼さんが、いらして、その尼さんのブログでは、病気や、障害があっても、被災地の猫の一時保護を受け付けています。
犬も大変だと思いますが、猫の避難は、本当に大変です。猫ちゃんたちは、ストレスをかかえても、症状が重くなるまでそれを表に出さないし、被災地の猫ちゃんたちが、心配です。

すみません、長くなります。

被災しましたが、たくさんの皆さんのおかげで少しずつ復旧しており、私の周りは生活が出来るようになってきています。

1回目の地震の時に、ぴーちの骨壺はひっくり返り、水もお花もご飯も飛び散りました。
それから、直ぐに停電したので、外明かりと携帯を頼りに、ぴーちと貴重品、揃えられるものを持って避難しました。
2回目の地震の時にはぴーちはもう車に避難させていたので、夜中に飛び起きて避難しました。

動物さんたちもトラウマになっていたり、飛び出していなくなったりしているこたちがたくさんいるようです。

市内の1つ大きな動物病院が、最初の地震の時から、ペットと一緒に避難出来るようにフロアーを解放していました。300組ぐらいは避難できる場所のようです。
私も、ぴーちが使っていたキャリーやお茶碗、トイレ、残っていたご飯を持っていってきました。
保護施設に持っていこうと思っていたのですがなかなか思いがたちきれず、ずっと置いていたのですが、この地震で、「今、命のあるこたちに」と思い、持っていきながら空に向かって「ぴーちゃん、いいよね」ってお話しました。

私もこの一週間、ぴーちがいたらと何度も考えました。心臓疾患で高齢、外にでるのがストレスなこだったので、考えるだけで怖くなっていました。
おそらく、その動物病院にお世話になっていたと思うですが。

今朝の新聞に、県の獣医師会が主体となり環境省が支援する形でペットの一時預かりをするとでていました。
環境省は、ペットとの同行避難を推奨しているとのことで、もっとこのことが広まればいいなと思いました。
まだまだ、余震が続いています。
一日も早く、平穏な日々が戻ってくれたらと願って止みません。

No title

たかさんが書かれているように、熊本市中央区のある動物病院では、200人もの同行避難の方々を受け入れています。
普段から外にいる猫さん達の去勢手術を頑張っているところです。

福島では、5年前に残されてしまった動物達や、その子孫達がいまも頑張っています。
離れた他県から福島に引っ越したり、月に何回も給餌とレスキューに通っているボランティアの方々が、その仔達を支えています。
福島の教訓を活かさないと、ですよね。

No title

たかさん
ぴーちちゃんの思いが詰まったものを手放すのは
切なかったことでしょうね。
ぴーちちゃんの命を繋いでいてくれたそれらは、
きっとどなたかの助けになり、感謝される方がいるはずです。
私もナムルが亡くなったあとすぐ、すべてを保護施設に寄付しました。
それらがどこかの猫ちゃんの命を繋いでくれたら、
私の見えないどこかでナムルが生きるような気がしたのです。
ぴーちちゃんの大切なものが、どなたかの役に立ちますように。
まだまだ不安で不便な毎日でしょうが、
どうぞご無事でいてください。
こちらでは「がんばれ、熊本!」と表し、
熊本産のものが多く販売されるようになりました。
何もできない私は、せめて少しでも流通に貢献をと思い、
できる限り九州産のものを購入するようにしています。
微力過ぎて申し訳ない限りですが...。



最新記事
お問い合わせ
お便りは、 嬉しく拝見させていただいています。 ありがとうございます。詳細なお問い合わせなどは、 こちらのメールフォームからお願いします。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
甲状腺機能亢進症の記事
このブログに登場するねこちゃん - あいちゃん(24歳)、れンちゃん(21歳:2013年8月永眠)の甲状腺機能亢進症と診断されてからの獣医師の選択、薬剤の検討、飼い主としての心の葛藤などを細かく記事にしています。大変お手数ですが、 下記年月日の記事をお読みくださると幸いです。 甲状腺機能亢進症と診断されても 投薬治療をして管理をすれば、 穏やかな日々を送ることができます。 あいちゃんは、 4年投薬治療をしています。ただ今24歳と半年を過ぎました。 いっしょに頑張りましょう。   記事  2011年11月17日 ~ 2011年12月15日
プロフィール

tea

Author:tea
れンあいちゃんの日常生活のお世話担当、病院担当、看護担当、ごはん調達担当。人間界では、少々テンションお高めのアンチエイジングが気になる世代に所属。好物は、スウィーツ。長崎県時津町(長崎市の隣町)に生息。 

あいちゃん
あい
あいちゃん
白 MIX
1990年2月12日生まれ
(24歳) ♀
お母さんは、ペルシャチンチラ
父不明
【好物】えび ほたて
【好きな場所】人間の膝の上、お外
【趣味】睡眠(現在)
ハンティング(15年前)
【既往症】耳血腫、慢性腎不全、甲状腺機能亢進症、高血圧症、網膜剥離          
れンちゃん
れン
れンちゃん
グレー MIX
1992年8月22日生まれ
21歳 ♀
2013年8月28日(21歳6日)永眠
お母さんはヒマラヤン、
父不明
【好物】アイスクリーム
【好きな場所】ふかふかベッド
【趣味】睡眠(現在)
愛想を振りまくこと(今も昔も)
【既往症】慢性腎不全、甲状腺機能亢進症、高血圧症、心筋症
投薬について
このブログにいらっしゃる方の中には甲状腺機能亢進症のねこちゃんを飼っていらっしゃる方がたくさんいらっしゃると思います。もしご参考になればと思い、あいちゃんの投薬状況をここでご案内しようと思います。甲状腺機能亢進症という病気は、個体差によってお薬の効果やその他の臓器への影響がそれぞれに違うものです。どうぞそのあたりを斟酌してください。皆さんのお宅のねこちゃんが健やかに過ごせますように~
(2014年3月現在) ① メルカゾール(抗甲状腺ホルモン薬)    朝 4分の1錠  夕 8分の1錠 (毎週 火曜日&金曜日  朝 8分の1錠  夕 8分の1錠) ② フォルテコール 朝 夕 2分の1錠 ③ アムロジピン(血圧降下剤) 夕 8分の1錠 以上3点が、甲状腺機能亢進症およびそれに付随する腎不全が影響する病気に対応するお薬です。 それ以外には、 ④ ファモチジン(胃薬) ⑤ タイロシン(抗生剤) ⑥ プリモボラン(蛋白同化ホルモン)貧血対策のお薬です。 ⑦ ポララミン(めまい止め) ⑧ ぺリアクチン(食欲増進剤) 以上8点が日常的に服用しているお薬です。  状況によっては、 制吐剤(プリンペランまたはセレニア)、メトロニタゾール(抗生剤)、アモキシシリン(抗生剤)、デルクリア(下痢止め)など服用させています。 補液は自宅で毎日しています。 サプリメントは、 鉄剤(ヘモテクト)を使っています。  
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
チャーちゃん
チャーちゃん
バイオウィルクリア
パルボウィルス消毒にはこれ!
ビルコン
パルボウィルス消毒にはこれ! 水50倍で希釈して使用します。1回あたりのコスパは断然お得!
複合次亜塩素酸系消毒剤 アンテック...

複合次亜塩素酸系消毒剤 アンテック...
価格:7,050円(税5%込、送料別)

低反発マットベッド
高齢猫ちゃんに安定感のあるベッド
スプレーボトル
ビルコンはこのボトルで作っています(水で50倍希釈)。細かい霧状で万遍なく噴霧できます。
フルプラ ダイヤスプレー(スプレーボト...

フルプラ ダイヤスプレー(スプレーボト...
価格:840円(税5%込、送料別)

ふわふわベッド
あいちゃんが使っているふわふわベッド
かわいいベッド
あいちゃんが使っているかわいいベッド
ヘモテクト(貧血サプリ)
貧血対策サプリメント!鉄剤と鉄吸収を促すビタミンが配合されたサプリです。あいちゃんは毎日服用しています。
PE ヘモテクト 60粒【RCP】【HLS_DU】

PE ヘモテクト 60粒【RCP】【HLS_DU】
価格:3,705円(税5%込、送料別)

体温計はこれ!
れンあいちゃんの体温計は、 これを使っています。
れンあいちゃんの飯台
れンあいちゃんのフードスタンド(飯台)はこれを使っています。↓ 高齢ネコちゃんは、これを使うとごはんを食べるのが楽ですよ♪
あいちゃんのメインディッシュ
あいちゃんのお気に入りのごはんです。粒状なので袋のまま揉んでつぶして供します。
ヒルズ猫用 【k/d】チキン入り パウチ 85g×12

ヒルズ猫用 【k/d】チキン入り パウチ 85g×12
価格:1,890円(税5%込、送料別)

れンあいちゃんのごはん1
れンあいちゃんがたべているごはんです↓
れンあいちゃんのごはん2
れンあいちゃんが食べているごはんです。↓
ブラッシングコーム
アイちゃんのブラッシングは、このコームで! 優しい当たりが気持ちよさそうです。
飼い主さんの手の洗浄に
真菌対策や飼い主さんの手の洗浄に! teaは、このシリーズのシャンプー&コンディショナーも使っています。真菌はをはじめカビなども除去してくれます。近くに田んぼがあるので、れンあいちゃんをこれで真菌から守ります。
最新トラックバック
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR