びびさんへ そしてタンちゃんのこと

今日のブログは、 昨日のびびさんのコメントへのお返事とタンちゃん報告を 別ブログとして2本UPさせていただきます。
びびさんへのお返事は、 8時55分に そして本ブログは、 いつも通りに午前9時にUPします。 

本ブログは、 実は日曜日に予約投稿していたものです。 
お楽しみくださいー


びびさんへ

心配で書き込みしてしまった - お気持ちお察しします。 
どうしていいか不安でたまらないことでしょう。

ねこちゃんが、 21歳まで よくがんばっています。 そして それを温かいまなざしで見つめ続けてこられたびびさんに 敬意を表したいと思います。 

さて ねこちゃんのことですね。 
気になる 点滴のことから 書きますね。
点滴は、 経口からの補水ができないのであれば、 望ましいと思います。

ただ 文面から気になる点があります。
それは 点滴の吸収が悪くなっているとみられることです。 
足が腫れているのは、 点滴の吸収が悪くなって 排出がうまく機能していない可能性があります。
腎機能の低下が考えられるわけです。 

点滴は、 魔法のアイテムではありません。 
機能が低下してきた高齢ねこちゃんには、 細心の注意が必要です。
点滴は心臓に影響があります。

点滴を入れすぎると 心臓に負担がかかり、 最悪の場合 胸水がたまります。
胸水がたまると 呼吸が苦しくなるので、 一番用心しないといけません。 

ドクターがこれで最後の点滴にしましょうね~と言われたのは、 心臓の影響を考えられているのではないかと思います。 
点滴をすれば少しでも楽になるかも?という気持ちが逆に仇となるかもしれません。 
ですから 今後の点滴は慎重にならざるを得ないのではないでしょうか? 

我が家のれンあいちゃんも 点滴量の調整が、 非常に難しく 毎日ドクターと相談しながら、 一日の補液量を決めていました。 

いつもの環境で 優しく声をかけてあげることも できることの一つです。
寝心地がいいように ベッド周辺の工夫をすることもいいでしょう。

ごはんを食べる意欲を示してくれるなら、 少しでもおなかに 入れられるもの、 また 細かく食べやすくしたもの 好きなものを準備するのもいいと思います。 でも 無理は禁物です。 

立ち上がれなくなる姿を見るのは、 忍びないです。 teaは あいちゃんによく立ち上がるサポートをしていました。 が、 立ち上がらせることが、 最期のきっかけを作ってしまったので、 無理に動かすことは 個人的には 怖い思いがどこかにあります。 

さする程度のマッサージは、 循環を促すので、 ドクターから勧められました。 
特に手足の先を心臓に向けてのマッサージは、 浮腫を減らすことにもつながります。 

環境を変えず できることを 少しずつ工夫されると いいですね?
急に具合が悪くなったねこちゃんの変化は、 飼い主さんに多大な心理的負担を与えてしまいます。
でも 飼い主さんが悪かったわけではありません。
そのねこちゃんねこちゃんが 持っている天命というものがあります。

細胞変化とその細胞が持っている寿命が尽きるときが、 亡くなるということだと思うのです。
急に変化したことで びびさんは とても心を痛めていらっしゃると思います。
でも びびさんは、 一生懸命ねこちゃんを看てこられたと思います。

どうぞご自身を責めたりしないでくださいね。
最後まで ままがちゃんと看ているからねーと声をかけてあげてください。
心配しないでいいよ~と優しく声をかけてあげましょう。 ねこちゃんは、 ちゃんとわかっています。

21年間も一緒に居た仔ですから。 

点滴の量は、 浮腫の状態によりますが、 1日30mlなど 本当に微量を調整するようなレベルです。 
入れすぎは、 禁物!! このことを忘れないようにしてください。 

一人で見ているとたまらない~と思われるときは、 どうぞ このおたっしゃくらぶにいらしてください。 


+++++++++++++++++++++++



タンちゃんの写真をドクターに見てももらいました。
見たところ、 ヘルペスではなさそう。 
全身状態が悪いと、 目のしゅん膜が覆ってくる症状を呈することがあるそうです。 

でも よく食べていますし・・・ どうでしょう? 脱水があるように見えません。 

もし タンちゃんを診察したら、 スクリーニング検査になると言われました。 
つまり血液検査です。 

どうしましょうかね~ 
私が医療意を負担することは構わないのですが、 やはり 遠慮があります。 

ちょっと 経過観察でしょうか~

れンあいちゃんの主治医とは、 久しぶりに会いました。
雑談にしにまた来てください~と言われました。 その時 タンちゃん報告を!と 

動物病院には、 あいちゃんのお写真がまだ飾ってありました。
もちろん写真集も! 
待合の飼い主さん方が、 よく ご覧になっているそうです。

ここに 毎日のように通ったわ!と 思いました。 
れンあいちゃんの 思い出がたっぷり~ 
とても懐かしかったです。 

でも 不思議と苦しい思い出は、 思い出しませんでした。
がんばったよね~と エールを送りたい気持ちになりました。 

れンちゃん、 あいちゃん あなたたちは やっぱりマンマの誇りです!! 

 

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは。はじめまして。
個人的に猫のホスピス的なことをしている、小花と申します。
昔からたまにのぞかせていただいて勉強させていただいたり、感動をいただいたりしています。
あいちゃんも素敵ですが、れンちゃんファンです。
たんちゃんのことが気になり初めての書き込みです。
たんちゃんは地域猫ではないのでしょうか?
猫は、カラスや鳩、タヌキ等とは違って
野性生物ではありません。
人間がヤマネコから作りだした動物です。
ですので犬、鶏などと猫は、愛護動物として法的に認められていて、野良猫でも
例えば虐待したら罰金がありますし、
野良猫を捕まえて遠くへ捨ててきても捨て猫と見なされて罰金があります。
たんちゃんも人からえさをもらっていると思います。
法的に細かいことを言えば、毎日えさをやる人は飼い主ではないなら占有者とみなされて
餓えさせたりしてはいけないし
治療が必要な場合は治療してあげないといけません。
ただ日本には欧米のように愛護動物を守るアニマルポリスがありませんし、
目が行き届いていないだけなのです。
たんちゃんが人の餌は食べず、鳥やねずみだけをとって生きているような子なら
(それでも野性ではなく愛護動物に、かわりありませんが)
病院はむしろ可哀想という考え方もあるかもしれませんが、
たしか餌をやる人が産箱まで用意されていましたよね。
これは、ほぼ外飼いではないでしょうか。
teaさんも、野良だからというより
餌をやってる方に遠慮なさっているのかもしれませんね。
でも、飼い猫でも、病院に連れていかないような人も世の中にはいます。
れンあいちゃんの先生など頼れる人がいるので野良価格でみてくれるので(もしかすると野良だから、ただかも~、とか言ってteaさんの素敵なポケットマネーでお願いできませんか?)ちょっと連れていってみてもいいですか~とお聞きになってみてはいかがでしょうか。
teaさんのおっしゃる通り、外で暮らすには目がみえないと生きていけません。
地域猫として守ってあげるべきだと思うのですが。。
たいがい瞬膜が上がっている時は脱水なので余ってるからとウェットフードを差し入れるのもいいかもしれません。
おせっかいなことばかりすみません。
地域猫さんたち、餌をくれる人はたくさんいるのですが、
避妊手術をしたり、里親探ししたり、治療してくれる人がなかなかいません。
そういう猫さんたちをほそぼそと手助けしています。
先日も10年子猫を産んでいるという野良さんを避妊手術して良い里親さんをなんとか
見つけることができました。
同時に公園に12年以上住んでいるという猫さんが白血病でしたので、連れ帰り、看取りました。
最期はひざでごろごろいっていました。
いまはやはり年寄り野良さんでエイズ発症している子をお世話しています。
可愛い子猫をもらってくれる方はたくさんいます。
しかしお外で何年も頑張って生きてきた子に暖かい家庭を味あわせてやりたいという人はなかなかいません。
わたしは老猫や病気の猫がほっておけないのですが、出たがったり帰りたがったら
その子の好きなようにさせてご飯に薬をまぜるなどで様子をみています。
ごめんなさい長くなってしまって。。
たんちゃん自然と治ると一番いいですね。
季節の変わり目なので猫さんもいろいろあるのかもですね。
妊娠中、子育て中の猫ほど免疫力の高い動物はないそうです、たんちゃんもその後で疲れがでたのかもしれないですね。
teaさんもお体大切になさってください。

あと、連れていって血液検査しなくても
なにか炎症かもしれないので
抗生剤を缶詰めに混ぜて様子をみるという手もあると思います。
おせっかいでホントすみません。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

こんばんは
自分もやはりタンちゃん気になります。
なぜなら野良猫はルーツを辿れば
100%捨て猫だから…
本来は家があるはずの生き物だから…
自然とよくなることを祈ります
びびさんも応援してます
最新記事
お問い合わせ
お便りは、 嬉しく拝見させていただいています。 ありがとうございます。詳細なお問い合わせなどは、 こちらのメールフォームからお願いします。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
甲状腺機能亢進症の記事
このブログに登場するねこちゃん - あいちゃん(24歳)、れンちゃん(21歳:2013年8月永眠)の甲状腺機能亢進症と診断されてからの獣医師の選択、薬剤の検討、飼い主としての心の葛藤などを細かく記事にしています。大変お手数ですが、 下記年月日の記事をお読みくださると幸いです。 甲状腺機能亢進症と診断されても 投薬治療をして管理をすれば、 穏やかな日々を送ることができます。 あいちゃんは、 4年投薬治療をしています。ただ今24歳と半年を過ぎました。 いっしょに頑張りましょう。   記事  2011年11月17日 ~ 2011年12月15日
プロフィール

tea

Author:tea
れンあいちゃんの日常生活のお世話担当、病院担当、看護担当、ごはん調達担当。人間界では、少々テンションお高めのアンチエイジングが気になる世代に所属。好物は、スウィーツ。長崎県時津町(長崎市の隣町)に生息。 

あいちゃん
あい
あいちゃん
白 MIX
1990年2月12日生まれ
(24歳) ♀
お母さんは、ペルシャチンチラ
父不明
【好物】えび ほたて
【好きな場所】人間の膝の上、お外
【趣味】睡眠(現在)
ハンティング(15年前)
【既往症】耳血腫、慢性腎不全、甲状腺機能亢進症、高血圧症、網膜剥離          
れンちゃん
れン
れンちゃん
グレー MIX
1992年8月22日生まれ
21歳 ♀
2013年8月28日(21歳6日)永眠
お母さんはヒマラヤン、
父不明
【好物】アイスクリーム
【好きな場所】ふかふかベッド
【趣味】睡眠(現在)
愛想を振りまくこと(今も昔も)
【既往症】慢性腎不全、甲状腺機能亢進症、高血圧症、心筋症
投薬について
このブログにいらっしゃる方の中には甲状腺機能亢進症のねこちゃんを飼っていらっしゃる方がたくさんいらっしゃると思います。もしご参考になればと思い、あいちゃんの投薬状況をここでご案内しようと思います。甲状腺機能亢進症という病気は、個体差によってお薬の効果やその他の臓器への影響がそれぞれに違うものです。どうぞそのあたりを斟酌してください。皆さんのお宅のねこちゃんが健やかに過ごせますように~
(2014年3月現在) ① メルカゾール(抗甲状腺ホルモン薬)    朝 4分の1錠  夕 8分の1錠 (毎週 火曜日&金曜日  朝 8分の1錠  夕 8分の1錠) ② フォルテコール 朝 夕 2分の1錠 ③ アムロジピン(血圧降下剤) 夕 8分の1錠 以上3点が、甲状腺機能亢進症およびそれに付随する腎不全が影響する病気に対応するお薬です。 それ以外には、 ④ ファモチジン(胃薬) ⑤ タイロシン(抗生剤) ⑥ プリモボラン(蛋白同化ホルモン)貧血対策のお薬です。 ⑦ ポララミン(めまい止め) ⑧ ぺリアクチン(食欲増進剤) 以上8点が日常的に服用しているお薬です。  状況によっては、 制吐剤(プリンペランまたはセレニア)、メトロニタゾール(抗生剤)、アモキシシリン(抗生剤)、デルクリア(下痢止め)など服用させています。 補液は自宅で毎日しています。 サプリメントは、 鉄剤(ヘモテクト)を使っています。  
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
チャーちゃん
チャーちゃん
バイオウィルクリア
パルボウィルス消毒にはこれ!
ビルコン
パルボウィルス消毒にはこれ! 水50倍で希釈して使用します。1回あたりのコスパは断然お得!
複合次亜塩素酸系消毒剤 アンテック...

複合次亜塩素酸系消毒剤 アンテック...
価格:7,050円(税5%込、送料別)

低反発マットベッド
高齢猫ちゃんに安定感のあるベッド
スプレーボトル
ビルコンはこのボトルで作っています(水で50倍希釈)。細かい霧状で万遍なく噴霧できます。
フルプラ ダイヤスプレー(スプレーボト...

フルプラ ダイヤスプレー(スプレーボト...
価格:840円(税5%込、送料別)

ふわふわベッド
あいちゃんが使っているふわふわベッド
かわいいベッド
あいちゃんが使っているかわいいベッド
ヘモテクト(貧血サプリ)
貧血対策サプリメント!鉄剤と鉄吸収を促すビタミンが配合されたサプリです。あいちゃんは毎日服用しています。
PE ヘモテクト 60粒【RCP】【HLS_DU】

PE ヘモテクト 60粒【RCP】【HLS_DU】
価格:3,705円(税5%込、送料別)

体温計はこれ!
れンあいちゃんの体温計は、 これを使っています。
れンあいちゃんの飯台
れンあいちゃんのフードスタンド(飯台)はこれを使っています。↓ 高齢ネコちゃんは、これを使うとごはんを食べるのが楽ですよ♪
あいちゃんのメインディッシュ
あいちゃんのお気に入りのごはんです。粒状なので袋のまま揉んでつぶして供します。
ヒルズ猫用 【k/d】チキン入り パウチ 85g×12

ヒルズ猫用 【k/d】チキン入り パウチ 85g×12
価格:1,890円(税5%込、送料別)

れンあいちゃんのごはん1
れンあいちゃんがたべているごはんです↓
れンあいちゃんのごはん2
れンあいちゃんが食べているごはんです。↓
ブラッシングコーム
アイちゃんのブラッシングは、このコームで! 優しい当たりが気持ちよさそうです。
飼い主さんの手の洗浄に
真菌対策や飼い主さんの手の洗浄に! teaは、このシリーズのシャンプー&コンディショナーも使っています。真菌はをはじめカビなども除去してくれます。近くに田んぼがあるので、れンあいちゃんをこれで真菌から守ります。
最新トラックバック
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR