猫に幸せな環境

今日から新年度という皆さんもいらっしゃることでしょう。 
4月ですね?
桜を見て 改めて4月の感覚を得た感じがしますが、 なんとも時間の流れに感覚が追い付いていかないような気がします。 

でも気持ちを入れ替えなきゃ!! ですね~

ということで 今日は おたっしゃくらぶも きちんとねこちゃんトピックを!!(笑)


実は タイの kojiさんから ジローちゃんのお写真を送っていただきました。 
ジローちゃんは、 残念ながら亡くなっています。 16歳5か月と6日だったそうです。 タイでは長生きと言われたそうです。
でも いくら周りが長生きと言われても、 飼い主としてはもっと長生きしてほしいと思うものですよね~



ジローちゃん
(在りし日のジローちゃん)


なかなかカメラ目線をしてくれないジローちゃんだったそうです。 
それで ほっかむり状態にしたら、 ビックリして固まった瞬間をパチリ

つぶらな瞳が、 カワイイ~ですね?

「ママ、 何? これ? 」って 一生懸命 kojiさんに問うているような様子です。
kojiさん、 どれほどかわいいジローちゃんだったことでしょう。 

外国で kojiさんを 支えてくれたジローちゃん、 今は あちらで れンあいちゃんや おたっしゃくらぶに いらっしゃる皆さんのねこちゃんと 仲良くしているかしら? 

kojiさん、 お写真を送ってくださって ありがとうございました。 
いつまでもkojiさんと 共にあるジローちゃんだと思います。
ジローちゃんは、 永遠のジローちゃんですね?

kojiさん、 これからも おたっしゃくらぶに遊びにいらしてください。 

いつか teaも タイに行きたいなぁ~






+++++++++++++++++++++++++++++++++++


我が家から ねこちゃんが居なくなってから さびしい日々ですが、 実は 我が家の周辺には タンちゃんやその他のねこちゃんが、 侍っています。 

猫に優しい環境


猫が居やすい環境なのかもしれませんね~

れンあいちゃんが、 存命中は ほかのねこちゃんは 寄りつかなかったのですが・・・
異様な 気配を発していたのかも?(笑)  


タンちゃんも元気にしています。


タンちゃん


左目は、 やはり 開きません。
右目が、 最近少しおかしい~とお隣さんが 心配してteaに相談してきました。 

確かに眼球が目じり側に寄っています。 


タンちゃんの目


写真だけ れンあいちゃんの主治医に見せて、 診察が必要かどうか?判断してもらおうか?とも思っています。
ただ teaが手を出していいものなのか? やっぱり躊躇する気持ちはあります。

でも 心配です。
野良ちゃんだから、 手を出さずに 静観しておいた方がいいものか? もし 手術でも必要になったら、 どうしたらよいか? 

しかし・・・野良ちゃんでも 命は命です。 

お隣さんは、 両目が見えなくなって、 交通事故にでもあったら・・・と心配しています。 
家猫ちゃんなら、 見えなくなっても支障ないかもしれませんが、 お外を歩く仔の失明は、 命に直結します。 


自由なタンちゃんを束縛するつもりはありません。 できるだけ今までの生活を維持できるようにしてあげたいです。 


自由なタンちゃん



気になるね? タンちゃん。 タンちゃんの日々が 幸せであってほしいと願っています。 

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

以前書き込みさせて頂いて励まして頂きました。
慢性腎不全で高血圧症です。失明もしていて右側に回って歩きます。でもこの春21歳をなんとか迎えました。
何かご意見を伺えたらと今更ながらうろたえています。
先週の月曜日、元気にいつもの点滴を打ちに行きました。
翌日の火曜日、いつもは腕が少し太いな・・・ぐらいのむくみなのですが今回は右手だけすごく膨らんでいました。
さらに翌日水曜日むくみがひいてきたのでよかった・・・と思っていたらその翌日、木曜日右足が手首から逆折れして歩いているので
マッサージすると治りました。ちょっと食事量がすくなめかなぐらいでした(いつもは3パウチほど食べます。)
ところが、金曜日の夜にほとんど食べなくなりました
土曜日病院へ行って輸液しました。
その時医師から(9年通っています)覚悟してくださいと言われました。起き上れることは多分もうないと・・・・
でも帰宅後、ならせめて好きなものをと貝柱を上げると自分でよろめきながらも立ち上がり食べました。それを5回ほど繰り返しました。
量はは多くはありませんが・・・
でも、その後はまったく食べず水も全く飲みません。
スポイドなどもつかってみましたが口をあけません。
先生からは高齢なので誤嚥が怖いので無理にはやらないようにと
言われています。
日曜日もまったく食べず飲まず、でも3回ほどほぼ自力で立ち上がり少し歩きました。眼振があるので右回りでそのままへたりこんでしたいましたが・・・・。その後はもうずっと横になったままです。
時折起きようとする手の動きをするので寝返らせてやっています。
痙攣のようではないので・・・。
そして今日月曜日病院に連れて行くと少しめの量の輸液をしました。
その時、ほぼ動かなかったのに診察台の上で手をわりと激しめに
動かしたので、病院のストレスで無理をしているようだという事で
輸液はこれで最後にしましょう。あとは家でゆっくりさせて
やってくださいと言われました。
もう、無理に輸液せず自宅でゆっくりさせた方がいいのか、少しでも
楽になるように輸液したほうがいいのか・・・・。
今さらながら、迷ってあせっています。無理はさせないつもりでしたが
あまりにも突然の変化で本当にこのままみつめて寄り添っているだけでいいのかあせっています。何を書いているのかよくわからない
文章になっていると思います。長々と要点なく申し訳ございません。
ごめんなさい・・・。自分で決めなければいけないとわかっている
のですが・・・・。不安で書き込んでしまいました。


No title

周りの優しい人たちに支えられて、
お外での暮らしを堪能しているタンちゃん、
タンちゃんの幸せは、今の暮らしを維持していくことなのかなぁと、
私も思います。
ただ、お目目はやっぱり気になりますね・・・。
一度主治医にお写真を見せて、
お話し伺ってみるだけでもいかがでしょうか?
手を出していいのか?躊躇するお気持ち、とってもよくわかります。
でもやっぱり・・・気になっちゃいますよね。

びびさん、
不安なお気持ち、すごくよくわかります。
猫さんって、本当に急に変化するので、戸惑いますよね。
どうしてあげるのが一番いいのか、迷うのもよくわかります。
うちの子は、亡くなる前日まで自宅で点滴をしていましたが、
これが通院だったらどうしてたかな・・・と思います。
どこまで頑張ってもらうのか、どこからが無理なのか、
決断するのは勇気がいるかと思いますが、
どうか後悔のないよう、側にいる時間を大切にお過ごし下さい。

No title

ジローちゃんについても、コメントさせて下さいね。

お写真見た瞬間、胸がギュギュっとなりました。
まっすぐに見つめる瞳とキジトラ柄が・・・
やっぱりキジトラさんを見ると、どうしても涙腺が緩みそうになります。

16歳は世間的には長生きですが、
何年一緒にいたって、満足することはなくて、
20年も30年も40年も、
ありえないとわかっていても、ずーーーっと一緒にいたいのが愛しい我が子ですよね。

ジローちゃん、とっても可愛いです。かわいかです。

ありがとうございます。

じろーちゃんをご紹介いただき、ありがとうございます。
早速、「じろーちゃん、ブログに載ってるよ〜〜〜〜」って、
報告させてもらいました。笑
こんなにご丁寧にご紹介いただき、恐縮です。
ほんとうに、タイで待ってますからね〜〜

みーちゃんさんへ
私も、やっぱり、キジトラには、ちょっと特別な思いがこみ上げてきます。
同じキジトラでも、本当に一匹一匹、あんなに顔が違うって、じろーちゃんに教わりました。あいちゃんからは、白猫さんも、一匹、一匹、全然違うばい!と言われそうですね。
みいちゃんも、ぽっちゃりキュートなお嬢様ってかんじで、かわいいですね。
あいちゃん、れンちゃん、みいちゃん、じろーちゃん、おたっしゃくらぶのかわいい子ちゃん達みんなと、きっと向こうで賑やかにやってそうですね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
最新記事
お問い合わせ
お便りは、 嬉しく拝見させていただいています。 ありがとうございます。詳細なお問い合わせなどは、 こちらのメールフォームからお願いします。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
甲状腺機能亢進症の記事
このブログに登場するねこちゃん - あいちゃん(24歳)、れンちゃん(21歳:2013年8月永眠)の甲状腺機能亢進症と診断されてからの獣医師の選択、薬剤の検討、飼い主としての心の葛藤などを細かく記事にしています。大変お手数ですが、 下記年月日の記事をお読みくださると幸いです。 甲状腺機能亢進症と診断されても 投薬治療をして管理をすれば、 穏やかな日々を送ることができます。 あいちゃんは、 4年投薬治療をしています。ただ今24歳と半年を過ぎました。 いっしょに頑張りましょう。   記事  2011年11月17日 ~ 2011年12月15日
プロフィール

tea

Author:tea
れンあいちゃんの日常生活のお世話担当、病院担当、看護担当、ごはん調達担当。人間界では、少々テンションお高めのアンチエイジングが気になる世代に所属。好物は、スウィーツ。長崎県時津町(長崎市の隣町)に生息。 

あいちゃん
あい
あいちゃん
白 MIX
1990年2月12日生まれ
(24歳) ♀
お母さんは、ペルシャチンチラ
父不明
【好物】えび ほたて
【好きな場所】人間の膝の上、お外
【趣味】睡眠(現在)
ハンティング(15年前)
【既往症】耳血腫、慢性腎不全、甲状腺機能亢進症、高血圧症、網膜剥離          
れンちゃん
れン
れンちゃん
グレー MIX
1992年8月22日生まれ
21歳 ♀
2013年8月28日(21歳6日)永眠
お母さんはヒマラヤン、
父不明
【好物】アイスクリーム
【好きな場所】ふかふかベッド
【趣味】睡眠(現在)
愛想を振りまくこと(今も昔も)
【既往症】慢性腎不全、甲状腺機能亢進症、高血圧症、心筋症
投薬について
このブログにいらっしゃる方の中には甲状腺機能亢進症のねこちゃんを飼っていらっしゃる方がたくさんいらっしゃると思います。もしご参考になればと思い、あいちゃんの投薬状況をここでご案内しようと思います。甲状腺機能亢進症という病気は、個体差によってお薬の効果やその他の臓器への影響がそれぞれに違うものです。どうぞそのあたりを斟酌してください。皆さんのお宅のねこちゃんが健やかに過ごせますように~
(2014年3月現在) ① メルカゾール(抗甲状腺ホルモン薬)    朝 4分の1錠  夕 8分の1錠 (毎週 火曜日&金曜日  朝 8分の1錠  夕 8分の1錠) ② フォルテコール 朝 夕 2分の1錠 ③ アムロジピン(血圧降下剤) 夕 8分の1錠 以上3点が、甲状腺機能亢進症およびそれに付随する腎不全が影響する病気に対応するお薬です。 それ以外には、 ④ ファモチジン(胃薬) ⑤ タイロシン(抗生剤) ⑥ プリモボラン(蛋白同化ホルモン)貧血対策のお薬です。 ⑦ ポララミン(めまい止め) ⑧ ぺリアクチン(食欲増進剤) 以上8点が日常的に服用しているお薬です。  状況によっては、 制吐剤(プリンペランまたはセレニア)、メトロニタゾール(抗生剤)、アモキシシリン(抗生剤)、デルクリア(下痢止め)など服用させています。 補液は自宅で毎日しています。 サプリメントは、 鉄剤(ヘモテクト)を使っています。  
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
チャーちゃん
チャーちゃん
バイオウィルクリア
パルボウィルス消毒にはこれ!
ビルコン
パルボウィルス消毒にはこれ! 水50倍で希釈して使用します。1回あたりのコスパは断然お得!
複合次亜塩素酸系消毒剤 アンテック...

複合次亜塩素酸系消毒剤 アンテック...
価格:7,050円(税5%込、送料別)

低反発マットベッド
高齢猫ちゃんに安定感のあるベッド
スプレーボトル
ビルコンはこのボトルで作っています(水で50倍希釈)。細かい霧状で万遍なく噴霧できます。
フルプラ ダイヤスプレー(スプレーボト...

フルプラ ダイヤスプレー(スプレーボト...
価格:840円(税5%込、送料別)

ふわふわベッド
あいちゃんが使っているふわふわベッド
かわいいベッド
あいちゃんが使っているかわいいベッド
ヘモテクト(貧血サプリ)
貧血対策サプリメント!鉄剤と鉄吸収を促すビタミンが配合されたサプリです。あいちゃんは毎日服用しています。
PE ヘモテクト 60粒【RCP】【HLS_DU】

PE ヘモテクト 60粒【RCP】【HLS_DU】
価格:3,705円(税5%込、送料別)

体温計はこれ!
れンあいちゃんの体温計は、 これを使っています。
れンあいちゃんの飯台
れンあいちゃんのフードスタンド(飯台)はこれを使っています。↓ 高齢ネコちゃんは、これを使うとごはんを食べるのが楽ですよ♪
あいちゃんのメインディッシュ
あいちゃんのお気に入りのごはんです。粒状なので袋のまま揉んでつぶして供します。
ヒルズ猫用 【k/d】チキン入り パウチ 85g×12

ヒルズ猫用 【k/d】チキン入り パウチ 85g×12
価格:1,890円(税5%込、送料別)

れンあいちゃんのごはん1
れンあいちゃんがたべているごはんです↓
れンあいちゃんのごはん2
れンあいちゃんが食べているごはんです。↓
ブラッシングコーム
アイちゃんのブラッシングは、このコームで! 優しい当たりが気持ちよさそうです。
飼い主さんの手の洗浄に
真菌対策や飼い主さんの手の洗浄に! teaは、このシリーズのシャンプー&コンディショナーも使っています。真菌はをはじめカビなども除去してくれます。近くに田んぼがあるので、れンあいちゃんをこれで真菌から守ります。
最新トラックバック
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR