皮膚トラブル

やはり 皆さん helpの 「手」が ほしいですよね?
teaだったら お任せできるとおっしゃっていただけたこと 嬉しく思います。 

ごっちゃんさん、 ごっちゃさんのコメントで 支えて歩かせていたこと、 teaにも覚えがあります。
あの中腰姿勢は、 こたえますね~
ねこちゃんの意思を尊重しつつも できるだけ安全に歩かせようとすると 飼い主さんに負担がかかります。 
ねこちゃんを思えばこそ、 できるサポートですね? 


みーちゃんさんの 点滴も 思い出が深いものです。 
みーちゃんさん、 がんばれ!!って みんなで応援しましたね?
近かったら、 点滴help 押しかけてでも やっていたことでしょう。
それも みんなで ワーワー言いながら、 賑やかにですね?(笑) 


みーちゃんさんの きなこちゃん、 皮膚トラブルがあるのですね?

れンあいちゃんの 皮膚トラブル、 ありましたよ~
何しろ お外大好きっ子たちですからね~


あいちゃんは、 家の目の前の田んぼから 真菌もらってきました。
真菌は、 とってもやっかいな「ヤツ」です。 
ハゲができるんです。 それが 気が付いた症状でした。 
抗菌剤を使いますが、 かなり長い間 治療しないと なかなか完治できません。 
マジで うんざりするほど しぶとい「ヤツ」です。
(「ヤツ」呼ばわりしたくなるほど、 イヤ~ぁな病気です。)

それから れンちゃんは、 お口の付近に プチができました。 

れンちゃん プチっ


赤みをもっていた時期もありました。 
原因は不明。 
一番 考えられる原因は、 アレルギーでした。 
お口周辺は、 ナメナメするので、 まずは抗生物質を経口投与し、 その後 ステロイドを使いました。 

好酸球が 高かったので、 アレルゲンを特定する検査も考慮しましたが、 とりあえず投与で収まるかどうかをみました。
おかげさまで おさまったので 結果オーライということに 落ち着きました。

アレルゲンの特定は、 検査で ある程度できるそうですが、 一つ一つ つぶしていくのは、 なかなか根気のいる作業で、 しかも検査費用も かかります。 
中には アメリカまで検査に出す場合もあるそうです。 

血液検査をして、 原因につながるものが想定できそうならば、 試しに お薬を使ってみるのも「手」ですね?

確かに カラーは、 バランス感覚がおかしくなるので、 歩き方も 危なっかしくなります。
ナメナメに関しては、 浸透効果が高いものであれば、 一定時間がたてば ナメナメしても大丈夫だそうですよ。 

かゆがっていますか? かゆみが伴うか? あまりかゆくなさそうで、 広がりもないものか? そのあたりも 見極めのポイントではないかと思います。 

皮膚トラブルは、 とにかくしつこくて 原因を特定するのが、 厄介です。 


「アタシも かゆかったとばい!」

かゆかったとばい


いつも カイカイで 足を使って パタパタかくようであれば、 かゆみが強いかもしれませんね?
カイカイがなければ、 しばらく 経過観察してみてはいかがでしょう。 

変化があるようだと 早めに受診ですね~ 

きなこちゃんは、 お若いので 「薬疹」は、 考えられないと思いますが。。。
中には お薬の副作用で ブツブツができることも ありますよね~ 

皮膚トラブルは、 悩ましいものです。 

真菌の時は、 シャンプーをまめにすることも 対応策の一つと医師から伝えられました。
季節的な問題もあるかもしれません。 

治りが悪い時は、 あらゆる可能性を探っていかないといけませんね。
きなこちゃん、 快適に過ごせますように~ 

みーちゃんさん、 がんばって! 



 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

真菌はやっかいですね。

犬のラブの足が真菌症になり、ステロイドを飲ませると軽くなるのですがエりザベスカラーをつけても鼻が長いので舐めてしまい、苦い包帯を巻いてももはずしてしまうし、真菌症用のシャンプーも足だけ朝晩したり、本当に苦労しました。

塗り薬も10分は舐めさせないようにさせなければならず、飼い主の根気が試されているような毎日でした。

猫の場合のカラーはトラが尻尾を他の猫に噛まれてしまったときにクリアファイルで作ってあげました。軽いし視界がさまたげられずどこかにぶつかっても曲がるので樂そうでした。

今では首に輪になったものをかけるようになったものもどこかで見かけました。

トラが室内でカラーをつけていた時に庭にもカラーをつけた猫が現れました。
トラはその猫の姿をみてビックリ、ものすごい勢いで部屋の隅に逃げて行ったんです。

自分も同じ姿なのに(=^・^=)

No title

お久し振りです。

思い出したことがあります。れンちゃんのお口のポチン、はなちゃんも同じようなものが出来た時、プラスティック製品を使わないように言われました。もう20年位前です。プラスティック製品を避け、触れないようにしただけですっかり治ったことを思い出しました。(れンちゃん可愛いですねぇ) 何かのお役に立てればと思い書きました。


猫ちゃんの介護、大変ですよね、限界来ちゃうと、ささいな音にまで反応してしまうくらい神経過敏になってしまったり。わたしは主人も献身的にできる限りのことを一緒にしてくれて、一人ではなかったので心強かったのかもしれません。本当に素晴らしい猫のお父さんでした。最後は丸三日間、横にいたくらいですから。

寒暖の差が激しいと思いますが皆さんもにゃんこさんもお元気で。

みーちゃんさん、きなこちゃん皮膚の病気は大変ですね😥 うちもシロちゃんを飼い始めた頃に
お腹を舐めすぎて二箇所ほど皮膚むき出しで真っ赤にただれて( ; ; )
まだ今の病院ではなく近くの動物病院
で診察💦物凄い凶暴さん猫だから
大変💦獣医さんからこれ以上ストレス与えたら駄目だからうがい用のイソジンを塗って様子を診ましょう!と、えっ!?と思ったけど暫くすると少しずつはげたところがピンクになり治りました!
今思うと飼い猫になったストレスだったのかも?
でもきなこちゃん白いから発見しやすいですね、シロちゃんもそうでした。ノミもすぐ分かったし、ごまはキジトラさんわかりにくいですね。
きなこちゃん頑張ってね!

No title

皮膚トラブルは結構厄介ですよね 真菌は人間にもひつこく取り憑きますし

他の皮膚トラブルも場合によっては大事には至らないにしても完治が無いものもありますしね
うちの子の場合は結構な尾腺炎で分泌する油が多すぎて台所のひつこい油汚れみたいになってました
病院では最終手段として台所用洗剤で尻尾を洗って下さいと言われたり
結局最後まで解決はしませんでしたが化膿したりはしなかったのでまぁ良かったです

全て原因が解って解決も出来れば獣医さんも飼い主さんも少しは楽になるんですけど中々そうは上手く行ってくれませんね(+_+)

No title

さっそく取り上げて下さって、ありがとうございます。
そうでした、そうでした。
あいちゃんの真菌のお話は、何度か記事にされていたので、
読んだ覚えがありました。

ナメナメは、teaさんのおっしゃるとおり、
浸透したらナメナメしても大丈夫だそうで、
塗ってからしばらく遊んであげるといいよって言われました。

人間でもちょっと肌が痒くてかくと赤くなりますが、
そんな感じに似てるみたいです。
広がりはなく、何箇所かにぶつぶつっと出来ていますが、
症状がひどくならないうちに、なんとか治してあげたいです。

みなさまも、コメントありがとうございます。
お気持ちがとても嬉しいです。

きなこの避妊手術のお話をした時に、
teaさんに、「白猫は目立つわよ~」と言われましたが、
最近すごくそれを実感しています。
薬を塗った後は、まわりの毛もぺたんこになって更にすごいことに(^_^;)
でも、白子さんもおっしゃるとおり、白いから発見しやすいので、
きなこみたいに皮膚トラブルがある子の場合は、
かえってよかったかも、と思ってます。

せっかく毛も白くふかふかになってきましたので、
ぴかぴかの白猫さんめざして、根気強く頑張ります!

No title

皮膚トラブル、原因はホントに色々ですね。
皆さんのお話、参考になります。
花ちゃんは、マグロアレルギーです。仔猫の時、マグロで生命をとりとめたのに。脱毛してから、ひとつずつ試して行って、マグロを発見しました。フィッシュオイルには、色んなお魚が入っているので、フィッシュオイルも入ってないもの、カツオや鶏をベースにしたものを選んでいます。
れンちゃんも、アレルギーだったのですね。アップが可愛すぎです♪
最新記事
お問い合わせ
お便りは、 嬉しく拝見させていただいています。 ありがとうございます。詳細なお問い合わせなどは、 こちらのメールフォームからお願いします。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
甲状腺機能亢進症の記事
このブログに登場するねこちゃん - あいちゃん(24歳)、れンちゃん(21歳:2013年8月永眠)の甲状腺機能亢進症と診断されてからの獣医師の選択、薬剤の検討、飼い主としての心の葛藤などを細かく記事にしています。大変お手数ですが、 下記年月日の記事をお読みくださると幸いです。 甲状腺機能亢進症と診断されても 投薬治療をして管理をすれば、 穏やかな日々を送ることができます。 あいちゃんは、 4年投薬治療をしています。ただ今24歳と半年を過ぎました。 いっしょに頑張りましょう。   記事  2011年11月17日 ~ 2011年12月15日
プロフィール

tea

Author:tea
れンあいちゃんの日常生活のお世話担当、病院担当、看護担当、ごはん調達担当。人間界では、少々テンションお高めのアンチエイジングが気になる世代に所属。好物は、スウィーツ。長崎県時津町(長崎市の隣町)に生息。 

あいちゃん
あい
あいちゃん
白 MIX
1990年2月12日生まれ
(24歳) ♀
お母さんは、ペルシャチンチラ
父不明
【好物】えび ほたて
【好きな場所】人間の膝の上、お外
【趣味】睡眠(現在)
ハンティング(15年前)
【既往症】耳血腫、慢性腎不全、甲状腺機能亢進症、高血圧症、網膜剥離          
れンちゃん
れン
れンちゃん
グレー MIX
1992年8月22日生まれ
21歳 ♀
2013年8月28日(21歳6日)永眠
お母さんはヒマラヤン、
父不明
【好物】アイスクリーム
【好きな場所】ふかふかベッド
【趣味】睡眠(現在)
愛想を振りまくこと(今も昔も)
【既往症】慢性腎不全、甲状腺機能亢進症、高血圧症、心筋症
投薬について
このブログにいらっしゃる方の中には甲状腺機能亢進症のねこちゃんを飼っていらっしゃる方がたくさんいらっしゃると思います。もしご参考になればと思い、あいちゃんの投薬状況をここでご案内しようと思います。甲状腺機能亢進症という病気は、個体差によってお薬の効果やその他の臓器への影響がそれぞれに違うものです。どうぞそのあたりを斟酌してください。皆さんのお宅のねこちゃんが健やかに過ごせますように~
(2014年3月現在) ① メルカゾール(抗甲状腺ホルモン薬)    朝 4分の1錠  夕 8分の1錠 (毎週 火曜日&金曜日  朝 8分の1錠  夕 8分の1錠) ② フォルテコール 朝 夕 2分の1錠 ③ アムロジピン(血圧降下剤) 夕 8分の1錠 以上3点が、甲状腺機能亢進症およびそれに付随する腎不全が影響する病気に対応するお薬です。 それ以外には、 ④ ファモチジン(胃薬) ⑤ タイロシン(抗生剤) ⑥ プリモボラン(蛋白同化ホルモン)貧血対策のお薬です。 ⑦ ポララミン(めまい止め) ⑧ ぺリアクチン(食欲増進剤) 以上8点が日常的に服用しているお薬です。  状況によっては、 制吐剤(プリンペランまたはセレニア)、メトロニタゾール(抗生剤)、アモキシシリン(抗生剤)、デルクリア(下痢止め)など服用させています。 補液は自宅で毎日しています。 サプリメントは、 鉄剤(ヘモテクト)を使っています。  
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
チャーちゃん
チャーちゃん
バイオウィルクリア
パルボウィルス消毒にはこれ!
ビルコン
パルボウィルス消毒にはこれ! 水50倍で希釈して使用します。1回あたりのコスパは断然お得!
複合次亜塩素酸系消毒剤 アンテック...

複合次亜塩素酸系消毒剤 アンテック...
価格:7,050円(税5%込、送料別)

低反発マットベッド
高齢猫ちゃんに安定感のあるベッド
スプレーボトル
ビルコンはこのボトルで作っています(水で50倍希釈)。細かい霧状で万遍なく噴霧できます。
フルプラ ダイヤスプレー(スプレーボト...

フルプラ ダイヤスプレー(スプレーボト...
価格:840円(税5%込、送料別)

ふわふわベッド
あいちゃんが使っているふわふわベッド
かわいいベッド
あいちゃんが使っているかわいいベッド
ヘモテクト(貧血サプリ)
貧血対策サプリメント!鉄剤と鉄吸収を促すビタミンが配合されたサプリです。あいちゃんは毎日服用しています。
PE ヘモテクト 60粒【RCP】【HLS_DU】

PE ヘモテクト 60粒【RCP】【HLS_DU】
価格:3,705円(税5%込、送料別)

体温計はこれ!
れンあいちゃんの体温計は、 これを使っています。
れンあいちゃんの飯台
れンあいちゃんのフードスタンド(飯台)はこれを使っています。↓ 高齢ネコちゃんは、これを使うとごはんを食べるのが楽ですよ♪
あいちゃんのメインディッシュ
あいちゃんのお気に入りのごはんです。粒状なので袋のまま揉んでつぶして供します。
ヒルズ猫用 【k/d】チキン入り パウチ 85g×12

ヒルズ猫用 【k/d】チキン入り パウチ 85g×12
価格:1,890円(税5%込、送料別)

れンあいちゃんのごはん1
れンあいちゃんがたべているごはんです↓
れンあいちゃんのごはん2
れンあいちゃんが食べているごはんです。↓
ブラッシングコーム
アイちゃんのブラッシングは、このコームで! 優しい当たりが気持ちよさそうです。
飼い主さんの手の洗浄に
真菌対策や飼い主さんの手の洗浄に! teaは、このシリーズのシャンプー&コンディショナーも使っています。真菌はをはじめカビなども除去してくれます。近くに田んぼがあるので、れンあいちゃんをこれで真菌から守ります。
最新トラックバック
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR