緩和ケア

ごっちゃさん、 貴重なご経験をお聞かせいただいて ありがとうございます。 そうですね? 方向性がわからなくなると、 あちこちぶつかって けがをしたら 大変なことになります。 

我が家のあいちゃんも 回転性の異常がありましたから、 玄関から三和土へ落ちてしまわないように いろいろなものを置いてガードしていました。 最後まで 守ることは、 想定外のことも起こりますから、 あゆみんさん、 皆さんのご意見を参考にしてください。 

さて 今日は緩和ケアについて でしたね。 
その前に あゆみんさんからの お問い合わせに お答えしましょう。 なんて! teaの乏しい経験上からですが・・・ 

寝かせるのは、 柔らかい素材のもので 体を預けることができるものがいいでしょう。 あいちゃんには、 体を柔らかく受けてくれるクッションを愛用していました。 

ふわふわクッション


このクッション、 グニャグニャというか ふわふわというか 人間がもたれれば、 ペッチャンコになってしまうような 柔らかさでした。 

teaは、 アフタヌーンティーで 求めました。 同じ規格の商品が今 あるか? よくわかりませんが、 ネット販売がありますので、 参照してみてください。 teaも 近隣のアフタヌーンティーに行って、 同じ感触か?確かめてみますね? 


アフタヌーンティー


それから 固めのクッションを使って、 ふわふわのクッションを支えたり、 褥瘡防止のために ミニタオルを あいちゃんの体の下に入れて、 あたる部分を毎日変えるようにしていました。 


クッション組み合わせ


あいちゃんは、  耳石周辺の炎症が考えられましたので、 ミニ枕で しっかり 頭を支えてあげることも注意していました。 

ご参考になれば、 嬉しいです。 


さて 緩和ケアですが、 根本治療ではなく、 少しでも痛みを緩和したり、 苦しくないように お手伝いすることが中心になってきます。 

れンちゃんは、 最終場面では まさに緩和ケアでした。 腎不全だけでなく、 肝酵素の異常、 貧血、 胸水と さまざまな厳しい状況が続きました。 

少しでも肝酵素をさげるための投薬・注射、 貧血状態を改善して 少しでも体力回復に賭けたい思いから、 輸血もしました。 胸水からくる呼吸困難をサポートするための酸素室の使用など 考えられることは なんでもしました。 



酸素室のれンちゃん
(酸素室のれンちゃん)



ただ 緩和ケアには、 限界があるのも事実です。 
根本治療ではないということを 忘れないようにしておかないといけません。 

そして 痙攣など 不測の事態が起きた時に、 自分がどう接したらいいのか? teaは、 不安でした。 
痙攣を起こした時の注射も ドクターにお願いして 用意していただきました。 
使うことはなかったのですが、 あると 飼い主さんの不安は、 軽減すると思います。 

今後 どのような状況が発生するのか? よく説明を聞かれて、  あゆみんさんが、 困るかもしれないな~と思われることは、 リストアップして主治医に事前に相談しておくとよいと思います。 

1日でも ご機嫌な時間を過ごしてほしいですよね?

寝る姿勢など 小さなことにも気を配って、 心地よく過ごさせてあげたいですね? 
何か お聞きになりたいことがありましたら、 どうぞ ご相談ください。 一緒に考えましょう。 

 




オセロちゃんとの幸せな時間 - 当たり前の小さな幸せ -  そのことに 生きている時に気づけるということは、 とても幸せなことです。 幸せだけど、 それは切なく涙するものでもあります。 

あゆみんさんの 後悔したくないというお気持ち、 とても共感します。 ねこちゃんの介護は、 それぞれの介護があると思います。
ねこちゃんの状態によっては、 teaが言っていることが合わないことがあるかもしれません。 そのあたりは、 どうぞ斟酌してください。 

痙攣止めの注射は、 ドクターによっては 渡されない方もいます。 
自宅点滴も 許可されないドクターもいますから、 同様です。 

自宅での医療行為を できるのは、 飼い主さんだけです。 ドクターは、 医療事故や医療廃棄物の処分をきちんとできる方か?飼い主さんの評価をしています。 おたっしゃくらぶにいらしてくださる飼い主さんの皆さんは、 信頼ある方ばかりと思いますが、 中には 動物を盲目的にかわいがる一方で感情的にコントロールできない飼い主さんもいます。 そういう飼い主さんには、 医療行為を任せることはできません。 ですから ドクターは、 必ずコンプライアンスという視点で飼い主さんを見ています。 

信頼に足る飼い主だということをドクターに認めてもらえれば、 さまざまな医療行為に対する指示をいただけると思います。 
もう あゆみんさんは、 きっとドクターに信頼していただけていると思いますが、 わからないこと・ 医療行為の中で理解が伴わないことは、 きちんとわからないということをお伝えして、 しっかり目的や 薬用量など聞きましょう。 

わからない不安をなくしましょうね。 
オセロちゃんの一番のドクターは、 あゆみんさんです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

あゆみんさんの酸素室についての質問の回答は昨日のコメントに書かせて頂きました。

過去に二度、自然死ではない選択も経験しています。

このことは触れていいのかどうかと思いますので、上の一行に留めておきます。

あゆみんさん、お辛いと思います( ; ; )
でも飼い主さんは生きてる限り外出もしなければいけないし、ご飯も食べなきゃいけないのです。
今姪の子が脳の病気で闘病中です。まだ4歳
今日4度目の手術です。でも家族は生きる為に仕事も食事もします。
どうかオセロちゃんの為にも大好きな甘いもの食べて大事な時間を大切にしてくださいね😌 偉そうにすみません💦

今日はシロちゃんが天国へ旅立って一年です。大好きなしらすをお供えしょうと思います。

No title

tea様、れンあいちゃんの緩和ケア、参考になることばかりです。
うちも、これをしてあげられていたら、と思うことも多いです。

あゆみんさん、オセロちゃんの症状、うちのペチャと本当に重なります。
鼻の中のリンパ腫だったペチャは、L-アスパラキナーゼによって一度寛解しましたが、効果は1ヶ月半しか続きませんでした。
それから、オセロちゃんのような症状が出ました。
おつらいと思いますが、オセロちゃんは、あゆみんさんを信頼して全てを任せてくれいると思います。
どうかあゆみんさん、ご自身のご体調にも気を配って、オセロちゃんのためにこの時期を乗り切ってください。

脳卒中のような発作は2度大きな物がありましたが、その後もペチャはよく歩き回り、強制給餌でご飯を食べるので、好きなホタテをすりつぶしてあげていました。
脳への影響か、ずっと歩き回るので、足元に物を置かないようにしていました。
ペチャの場合、転んだ時に衝撃が来ないようにと布やクッションを敷くと、足を取られて転んでしまうので、少し厚みのある絨毯を敷いていました。
動けなくない時は、やはりクッションなどを使いましたが、亡くなる直前まで実によく歩いていました。
お留守の間に入れるサークルのようなものをお買いになったのは、安全のためにとても良いと思います。
うちのペチャは、呼吸が苦しくなることはあまりなく、酸素室は使いませんでしたが、べつの猫に使った時、温度管理の難しさを感じました。
今は良いのですが、春以降、暖かくなってきたら、凍らせた小さなベットボトルを入れるなどしました。


No title

あゆみんさんへ
トイレの事なんですが、うちはシートの上に砂を少し薄く撒いてます。
通常のトイレも本猫が使いたいみたいで、使用してます。
時々、シート&砂でしてます。砂は使用済のを少し残して置いたりしてます。参考になればいいですが・・・
オセロちゃん、あゆみんさんが穏やかに過ごせられますように!
今日も応援してます。

No title

あゆみさん、食欲ないとは思いますが、オセロちゃんのために食べて。オセロちゃんも少し食べてくれているようで良かったです。
緩和ケア、人も動物も選択を迫られますよね。
苦しくもあります。けれどオセロちゃんに気持ち伝わってます。
あゆみさん、オセロちゃんと2人で検査乗り越え、今後の事考えるのは大変でしたね。心中お察しします。
寝かせてあげるのは、ムートンが良いようです。褥瘡が出来にくいそう。
低反発クッションは気温差で硬くなったりするので、気をつけた方がいいみたい。
支えとしてはいいと思う。
あゆみさん、ご自愛ください。
ケアする方が倒れたら共倒れだから。
無理してでもね。

No title

teaさん、ごっちゃさん、白子さん、 kittymamaさん、のぞみさん、くうちゃんママさん、
本当にたくさんの経験談、心のこもったアドバイス、私の体の心配までありがとうございます。
コメント欄に書き込むのにお時間、お手間を取らせてしまい申し訳ありません。
是非、参考にさせて頂きます。

ごっちゃさん、酸素室についても、詳しく教えて下さって
ありがとうございます。
今はまだ要らないと思いますが、いざとなった時に
慌てないようにしたいと思います。

今日のオセロですが、なぜか足がしっかりしていて強制給餌も抵抗気味。テーブルにも乗ったので驚きました。
ステロイドは一時的に元気になるとわかっていても、ついつい良くなったような錯覚を起こします。

オセロも目が覚めると、話し声や物音に反応してウロウロ徘徊します。
ペチャちゃんも鼻のリンパ腫だったのですね。
MRIを撮った先生によると、猫ちゃんは鼻腔内腫瘍が、ワンちゃんは脳腫瘍が結構多いみたいです。
オセロは見た目やレントゲンでは全く分からず、1月になって鼻水が出てると思ったのが最初です。
表面に出てくるタイプは見つかりやすいそうですが、脳の方へ行くのはなかなか分からないそうです。
鼻水が出てるからとMRI撮らないですものね。

痙攣時の座薬は処方して貰いました。
それでも痙攣が何回も続く時は、病院で痙攣止めの注射を打って貰わないといけません。
今の時点では週1回の通院でいいそうです。食べられるうちは点滴もあまり必要ないようです。
少し冷静に考える時間も出来ました。それでも1日のうちの何回も動揺して苦しくなるのです。
ここで皆さんに、聞いて貰って寄り添って貰えて、本当に感謝しています。

No title

あゆみんさん、スマカメはご存知でしょうか?ぴーちと私二人暮らしだったので、平日はどうしても仕事があり昼休みに帰ってはいたのですが、最後の1か月はいつ逝ってしまってもという状態だったので、様子がおかしくなればすぐに帰れるようにと職場で仕事の合間にみていました。私はネットをひいてなかってのでそこからでしたが、ネットがひいてあればスマカメを買えば留守される時にオセロちゃんの様子を見ることができます。
私が買ったのは安いほうでしたので、部屋が暗いとみえなくなるので、電気をつけて仕事に行っていました。
スマホではなく、タブレットであれば大きくみえるのでよりいいかとは思いますが、スマホでも呼吸数ぐらいは数えられるぐらいでした。
私がまだ持っていれば、お貸しできたのですが持っているのがつらくて譲ってしまいました。すみません。Amazonが安くて早いように思います。オークションにでているのもみました。

No title

あゆみんさま、

ステロイドで、少しでもオセロちゃんが楽になっているのですね。
本当に良かった。嬉しいです。

これは、飼い主さんの好みというか、主義だと思うのですが、我が家はバッチフラワーレメディの、レスキューレメディを使っています。
猫の口の横に1滴付けたり、暗示的な効果なので、嫌がったら耳の先に付けることも。
うちの猫はペロペロ舐めています。
アルコールフリーで、グリセリンベースなので、微かに甘い味がします。
ペチャにも使いましたが、病院に行ったり、猫さんにキツイことをする時、気休めかもしれないけど、うちの花ちゃんにはなんだか効いてる気がします。
ドキドキ不安に駆られたり、悲しい時などに、本当は人間の方に効いてます。

あゆみんさん オセロちゃん

ほんとうに、なにも役に立つアドバイスできないんですが・・
応援しています。
お二人の心が穏やかであるように祈っております。

ごはん食べたくない気持ち、わかります。
私も同じ状況にいたことがあって、食べ物なんて食べたくないし見たくもありませんでした。
でも体と心すべて振り絞って生きるために食べました。
あゆみんさんが食べることは、オセロちゃんの望みです。


No title

teaさん、私成長してますか?
そうだといいのですが・・ただ、今はオセロの為に何が出来るかだけを考えています。
病には勝てないけれど、少しでもごきげんで過ごせるように。
今日も仕事から帰ってくると、寝ていたこたつから出てきてくれました。
トイレも今日はわりとすんなり出来ました!

オセロが眠っている時は私も少し横でウトウトしてます。
teaさんに教えて頂いた呼吸法もしてます。背中の重いものがすこし楽になります。

お食事の時のシリンジですが、今病院で頂いた10ミリのシリンジであげてますが
すぐに滑りが悪くなって固くなります。本数も少ないの購入しようと思うのですが、
ネットで見るとカテーテルタイプとかサイズも色々あり、どれがいいか迷っています。
今はad缶や高栄養アシストなどをカロリーエースやヤギミルクで少し薄めて食べさせています。
20ミリは大きすぎですか?横口や中口どちらがいいでしょう?
あと粉末のお薬を溶いて与えるのは普通の2.5ミリがちょうどいいですか?カテーテルチップは太すぎですか?
お忙しいところ、色々質問してごめんなさい。

たかさん
スマカメの情報ありがとうございます。
そんな便利なものがあるのですね。
一度調べてみます。
たかさんもお仕事中、ピーチちゃんの事がさぞ気がかりだったでしょう。
オセロの事があって、私は仕事に行く日を半分にして貰えたのでだいぶ気分的に助かっています。

kittymamaさん
ありがとうございます。
バッチフラワーレメディ、名前だけは聞いた事があります。
人にもペットにも使えるのですね?
私もショックな事があるとすぐ自律神経がやられてしまい
動悸や喉のつまりなど起こすし、
他のにゃんずも病院が大嫌いでフーシャー言ったり、怖がったりなので
試してみるのもいいかもしれませんね。

チカさん
応援して下さって嬉しいです。
私も前より少し食べられるようになりました!

ごっちゃさん
温かいお言葉、いつもありがとうございます。

ぴょん吉さん
検査の日にこのまま逝ってしまう可能性もありました。それほど重篤な症状です。
それが今生きてくれている、私を見てニャと言ってくれる。
この時間を大事に、心穏やかに過ごせるよう頑張りますね。
毎日、「大好き!いい子だね~」って言ってます。

最新記事
お問い合わせ
お便りは、 嬉しく拝見させていただいています。 ありがとうございます。詳細なお問い合わせなどは、 こちらのメールフォームからお願いします。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
甲状腺機能亢進症の記事
このブログに登場するねこちゃん - あいちゃん(24歳)、れンちゃん(21歳:2013年8月永眠)の甲状腺機能亢進症と診断されてからの獣医師の選択、薬剤の検討、飼い主としての心の葛藤などを細かく記事にしています。大変お手数ですが、 下記年月日の記事をお読みくださると幸いです。 甲状腺機能亢進症と診断されても 投薬治療をして管理をすれば、 穏やかな日々を送ることができます。 あいちゃんは、 4年投薬治療をしています。ただ今24歳と半年を過ぎました。 いっしょに頑張りましょう。   記事  2011年11月17日 ~ 2011年12月15日
プロフィール

tea

Author:tea
れンあいちゃんの日常生活のお世話担当、病院担当、看護担当、ごはん調達担当。人間界では、少々テンションお高めのアンチエイジングが気になる世代に所属。好物は、スウィーツ。長崎県時津町(長崎市の隣町)に生息。 

あいちゃん
あい
あいちゃん
白 MIX
1990年2月12日生まれ
(24歳) ♀
お母さんは、ペルシャチンチラ
父不明
【好物】えび ほたて
【好きな場所】人間の膝の上、お外
【趣味】睡眠(現在)
ハンティング(15年前)
【既往症】耳血腫、慢性腎不全、甲状腺機能亢進症、高血圧症、網膜剥離          
れンちゃん
れン
れンちゃん
グレー MIX
1992年8月22日生まれ
21歳 ♀
2013年8月28日(21歳6日)永眠
お母さんはヒマラヤン、
父不明
【好物】アイスクリーム
【好きな場所】ふかふかベッド
【趣味】睡眠(現在)
愛想を振りまくこと(今も昔も)
【既往症】慢性腎不全、甲状腺機能亢進症、高血圧症、心筋症
投薬について
このブログにいらっしゃる方の中には甲状腺機能亢進症のねこちゃんを飼っていらっしゃる方がたくさんいらっしゃると思います。もしご参考になればと思い、あいちゃんの投薬状況をここでご案内しようと思います。甲状腺機能亢進症という病気は、個体差によってお薬の効果やその他の臓器への影響がそれぞれに違うものです。どうぞそのあたりを斟酌してください。皆さんのお宅のねこちゃんが健やかに過ごせますように~
(2014年3月現在) ① メルカゾール(抗甲状腺ホルモン薬)    朝 4分の1錠  夕 8分の1錠 (毎週 火曜日&金曜日  朝 8分の1錠  夕 8分の1錠) ② フォルテコール 朝 夕 2分の1錠 ③ アムロジピン(血圧降下剤) 夕 8分の1錠 以上3点が、甲状腺機能亢進症およびそれに付随する腎不全が影響する病気に対応するお薬です。 それ以外には、 ④ ファモチジン(胃薬) ⑤ タイロシン(抗生剤) ⑥ プリモボラン(蛋白同化ホルモン)貧血対策のお薬です。 ⑦ ポララミン(めまい止め) ⑧ ぺリアクチン(食欲増進剤) 以上8点が日常的に服用しているお薬です。  状況によっては、 制吐剤(プリンペランまたはセレニア)、メトロニタゾール(抗生剤)、アモキシシリン(抗生剤)、デルクリア(下痢止め)など服用させています。 補液は自宅で毎日しています。 サプリメントは、 鉄剤(ヘモテクト)を使っています。  
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
チャーちゃん
チャーちゃん
バイオウィルクリア
パルボウィルス消毒にはこれ!
ビルコン
パルボウィルス消毒にはこれ! 水50倍で希釈して使用します。1回あたりのコスパは断然お得!
複合次亜塩素酸系消毒剤 アンテック...

複合次亜塩素酸系消毒剤 アンテック...
価格:7,050円(税5%込、送料別)

低反発マットベッド
高齢猫ちゃんに安定感のあるベッド
スプレーボトル
ビルコンはこのボトルで作っています(水で50倍希釈)。細かい霧状で万遍なく噴霧できます。
フルプラ ダイヤスプレー(スプレーボト...

フルプラ ダイヤスプレー(スプレーボト...
価格:840円(税5%込、送料別)

ふわふわベッド
あいちゃんが使っているふわふわベッド
かわいいベッド
あいちゃんが使っているかわいいベッド
ヘモテクト(貧血サプリ)
貧血対策サプリメント!鉄剤と鉄吸収を促すビタミンが配合されたサプリです。あいちゃんは毎日服用しています。
PE ヘモテクト 60粒【RCP】【HLS_DU】

PE ヘモテクト 60粒【RCP】【HLS_DU】
価格:3,705円(税5%込、送料別)

体温計はこれ!
れンあいちゃんの体温計は、 これを使っています。
れンあいちゃんの飯台
れンあいちゃんのフードスタンド(飯台)はこれを使っています。↓ 高齢ネコちゃんは、これを使うとごはんを食べるのが楽ですよ♪
あいちゃんのメインディッシュ
あいちゃんのお気に入りのごはんです。粒状なので袋のまま揉んでつぶして供します。
ヒルズ猫用 【k/d】チキン入り パウチ 85g×12

ヒルズ猫用 【k/d】チキン入り パウチ 85g×12
価格:1,890円(税5%込、送料別)

れンあいちゃんのごはん1
れンあいちゃんがたべているごはんです↓
れンあいちゃんのごはん2
れンあいちゃんが食べているごはんです。↓
ブラッシングコーム
アイちゃんのブラッシングは、このコームで! 優しい当たりが気持ちよさそうです。
飼い主さんの手の洗浄に
真菌対策や飼い主さんの手の洗浄に! teaは、このシリーズのシャンプー&コンディショナーも使っています。真菌はをはじめカビなども除去してくれます。近くに田んぼがあるので、れンあいちゃんをこれで真菌から守ります。
最新トラックバック
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR