ペットの医療費

病気のことを書いていると、 なんだか 病気自慢、 お金がかかるけど 払えたぞ~自慢のように聞こえないかしら? 昨日の記事を読むと 改めて 伝えることの難しさを感じているteaです。

でも おたっしゃくらぶに いらしてくださる皆さんは、 きっとご理解いただけると 思って、 思い切って 書いてみました。 
teaが言いたかったのは、 医療費がバカにならないほど だんだん増えていくということです。 

早期発見早期治療は、 もちろん大事です。 
でも早期発見早期治療の裏側には、 それだけ長い治療も覚悟が必要ということを 挙げておきたいと思います。 
特に大事にしたい気持ちがあるのでしたら、 保険はぜひお入りになった方がいいでしょう。 
入る時期は、 要検討ですね? 

皆さんが、 たくさん情報提供してくださっているので、 参考になりますね?
ありがとうございます。 

合わせて 考えてみると 年間4万円(月額3400円程度)として10年病気にならなくて、 40万円。 40万円は、 通院した場合 半年分に満たないかもしれません。 そう思えば、 ものすごくお安いお買いものです。 

仮に あいちゃんのように20年、 無病であった場合でも80万円です。 80万円は、 1年分にもなりません。 あいちゃんは、 内科の病気でしたが、 ガンなど外科手術や抗がん剤などの治療適応となると、 80万円は数回の治療で元を採れると思います。 
 
ねこちゃんを大事にする方ほど、 お金を考える治療はしない(したくない)と思います。 大事にする方は、 ペット保険必須ですね? 


我が家のあいちゃんのように マムシに噛まれても 保険対象になるのかな?(笑)
ちなみに 都会の獣医さんは、 マムシに噛まれても わからないそうです。 田舎だからこその 経験値って あるのですね~(爆)


「アタシは、 覚悟ばして 診察ば受けよったと!」

DSC_0281_201601061359316ae.jpg


マジで イヤそうな表情のあいちゃんです。 
teaも覚悟の上の治療を続けましたが、 あいちゃんは そんなteaの気持ちも しっかり受け取っていたと思います。 
抵抗したことは、 一度もありませんでした。 


「痛かとは、 好かんけんねー」

上手にしてよね? 痛かとはすかん!


病院スタッフさんの中の誰がお好みか? 値踏みするような素振りがある あいちゃんでした。 

あいちゃんが、 機嫌よく治療を受けてくれれば、 teaはそれだけでも嬉しく思っていました。 
そのためには、 teaが 嬉しそうに ニコやかに主治医と話したり、 検査結果がよかったときは、 大げさに喜んで れンあいちゃんにも 伝わるようにしていました。 

検査結果がいい時は、 病院代なんて どーでもいい!って 思えてくるんですよね~(笑)
ホントに teaは勝手な飼い主!と自戒したことが何度もありました。 

治療が長引けば、 長引くほど 治療代は あれもこれもと加算されていきます。 
これだけたくさんの方が、 ペットと共に生活しているのですから、 何らかの 医療費対策が出てきても いいのでは?と思います。 

獣医師の生活も保障しないといけませんからね~
良質の医療と 動物への負担の少ない医療、 そして飼い主の懐にも やさしい 医療があってほしいものと思います。 
これは、 これからの社会に課せられた 課題かもしれません。 

人間ほどの保険態勢とまでは望みませんが、 ペットに処方するお薬は、 おそらく人間用のジェネリックを使っているのですから、 10倍単価など桁数をあげる料金設定にならないように どうにかならないものかと思います。 

検査もしかり。。。
動物病院代の高さが、 ペットを病院へ連れて行かない理由の一つになっているのではないでしょうか? 
気軽に~とまではいかなくても、 金額の高さからくる動物病院の敷居の高さは なくなってほしいと思います。 


それにしても ごっちゃさんの 医療費、 目からスパーク出てしまいました~ぁ 
teaでしたら、 もう破産です! 

保険を真剣に考えるに十分な これまでの経験ですね? 
胸中 お察しします。 











teaにメールをくださっている皆さん、 お返事ができずにいます。
ゴメンナサイー 
どのメールも 優しさで満ち溢れていて、 すぐにでも お返事書きたい!と思うメールばかりです。
ありがとうございます。 


今週を過ぎれば、 なんとかお返事が書けそうです。 
今しばらく お待ちくださいね~
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

動物を飼うということは時代の流れで随分と変化してきたようです。

私の子供の頃はキャットフードもなかったので母が迷い猫のミケの為に小魚を買ってきていました。

近くに獣医もなく避妊手術もしていなかったので何度も子猫も生まれました。

室内飼いではなく出入り自由で猫の糞被害などで苦情を言われたような記憶もありません。

現在では、ただ可愛いからというだけでは動物を飼うことが難しくなってきているのではないかと思います。

犬は猫よりもお金がかかると思っていらっしゃる方が多いそうですが猫の方が長生きするので餌代だけの単純計算では猫に軍配があがるそうです。

動物病院の費用にもバラつきがあります。

避妊手術などを非常に安くしてくれる病院、野良猫の費用は安くしてくれる病院等々・・・。

ブッチの口腔内手術はエイズによる口内炎が酷くインターフェロン、抗生剤、痛み止めなどの治療を3年続けていたのですが、ネットで2匹の猫の口内炎の手術をされた方の情報を知り東京の自由が丘の病院に連れて行きました。

ブッチは野良で去勢手術の時の血液検査でエイズと判明しました。よだれが酷くさすがに一部屋に隔離してました。その時で年齢も10歳はすぎてたようです。

口の中が痛いのでギャーと鳴くので餌に水を混ぜながら少しずつ指ですくいとり餌をあげていました。

病院まで遠いので先生が大丈夫というまで入院させてくださるようにお願いしてきました。

ミュウの主治医がステロイドを多用しなかったこと、ブッチの体力があったこと、ブッチの性格がおとなしいけれども弱くなかったことなどの条件が揃って実現した手術です。

手術後は口の中の痛みもなくなって穏やかな日をすごせましたが6か月後に痙攣をおこし、1日で亡くなってしまいました。その一晩がブッチと添い寝してあげた最初で最後の1日となってしまいました。

6か月は猫にとっては2年、それだけ穏やかに過ごせた日々が得られたのでブッチは倖せだったのではないかと・・・。

フクは野良猫で肉球が肥大してしまった為に3週間の入院と肉球の手術、去勢手術、血液検査、ワクチンなどで8万円弱の支払いにしていただけました。

ミュウの主治医は重篤な患者が多いので基本的に野良猫は診察していませんから、野良猫を診てくれる病院に連れていったのですが手術予定がつまっていてそれまで家に置くことができないので2件目の病院で手術してくれることになりました。

ミュウの主治医の病院は注射針も良いものを使っていて薬もジェネリックを使用していないので他の病院より少し余計に費用がかかります。でも何年も延命している動物が多いです。

先日も20歳の猫ちゃんをつれて来た方が長寿自慢をしていました。

今日のコメント長すぎましたね(=^・^=)

No title

さすがにごっちゃさんは、たくさんの経験をされていらっしゃいますね。

お話聞くだけで、ただただ可愛いだけでは飼えない事、身につまされます。

たまに86歳になる祖母のうちにトラを連れて行くのですが
カリカリや缶詰を食べる姿を見て「今の猫は随分贅沢だね~。昔はご飯に味噌汁だったのに・・・」っと言っていました(笑)
「猫まんま」ですよね。あとは鰹節をかけるとか・・・

祖母のウチも私が生まれる前は三毛猫を飼っていて、
ミーコは生まれてすぐから祖母の家で可愛がっていたのですが、
ある日ネズミ駆除用の毒団子?のようなものを食べてしまい
近所で死んでいたらしく
ネコはもう飼いたくないと言っていたのですが
トラを連れて行くとそれは喜んで遊んでくれます。
1人暮らしなのでアニマルセラピーの様でトラを撫でてる時は優しい笑顔になってます。

ところでブッチちゃんの病院はセンターヴィルさんですか?
私、自由が丘凄く近いんですよ~!
もし、当時ごっちゃさんとお知り合いだったらたまに面会に行ったり、近況お知らせできたのに~・・・っと思いました。
千葉から来られたのでは大変でしたね。

金銭面だけではなく、深い愛情や責任感・・・本当に頭が下がります。

No title

トラッコさん、そうですブッチを手術した病院はセンターウィルさんです。

息子が一緒に連れて行ってくれたのですが車で常磐道の流山インターから三郷を経て首都高へ、ちょうど新宿を通る中央環状線が出来た時で山手トンネルの中をグルグルと、走れども走れどもグルグルで危なくてあまりスピードは出せません。

ブッチが車に酔って具合が悪くなるのではないかと気が気ではありませんでした。

8時前に着いたのですがスタッフの方達がワンちゃんを散歩に連れて行ったり甲斐甲斐しく働いていて、院長先生も時間前なのに診察に来てくださいました。

手術後はブッチの様子を電話で報告して頂きました。手術後の食事はずっと牛の生肉なんですよ。びっくりですよね。

トラちゃんのアニマルセラピーですか、良いですね~。

私も昨年暮れより老人ホーム訪問の歌を歌うボランティアグループに入りました。

どうか人生の大先輩のおばあちゃまを大事にして下さいね!

No title

実際に保険に入られている方や使用された方、
その他色々な経験からのお話などなど、とっても参考になります。
自分でも色々比較して、検討してみたいと思います。

検査結果がいい時は、病院代なんてどーでもいい!
すごくよくわかります。
結果がいい時は、本当にすーーーっごい嬉しいですよね。

あいちゃんの、病院での姿勢はすばらしいですね。
抵抗しないって、なかなか出来るものではありません。
うちの子は何回通っても、シャーシャー怒って先生に笑われてました(笑)
最新記事
お問い合わせ
お便りは、 嬉しく拝見させていただいています。 ありがとうございます。詳細なお問い合わせなどは、 こちらのメールフォームからお願いします。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
甲状腺機能亢進症の記事
このブログに登場するねこちゃん - あいちゃん(24歳)、れンちゃん(21歳:2013年8月永眠)の甲状腺機能亢進症と診断されてからの獣医師の選択、薬剤の検討、飼い主としての心の葛藤などを細かく記事にしています。大変お手数ですが、 下記年月日の記事をお読みくださると幸いです。 甲状腺機能亢進症と診断されても 投薬治療をして管理をすれば、 穏やかな日々を送ることができます。 あいちゃんは、 4年投薬治療をしています。ただ今24歳と半年を過ぎました。 いっしょに頑張りましょう。   記事  2011年11月17日 ~ 2011年12月15日
プロフィール

tea

Author:tea
れンあいちゃんの日常生活のお世話担当、病院担当、看護担当、ごはん調達担当。人間界では、少々テンションお高めのアンチエイジングが気になる世代に所属。好物は、スウィーツ。長崎県時津町(長崎市の隣町)に生息。 

あいちゃん
あい
あいちゃん
白 MIX
1990年2月12日生まれ
(24歳) ♀
お母さんは、ペルシャチンチラ
父不明
【好物】えび ほたて
【好きな場所】人間の膝の上、お外
【趣味】睡眠(現在)
ハンティング(15年前)
【既往症】耳血腫、慢性腎不全、甲状腺機能亢進症、高血圧症、網膜剥離          
れンちゃん
れン
れンちゃん
グレー MIX
1992年8月22日生まれ
21歳 ♀
2013年8月28日(21歳6日)永眠
お母さんはヒマラヤン、
父不明
【好物】アイスクリーム
【好きな場所】ふかふかベッド
【趣味】睡眠(現在)
愛想を振りまくこと(今も昔も)
【既往症】慢性腎不全、甲状腺機能亢進症、高血圧症、心筋症
投薬について
このブログにいらっしゃる方の中には甲状腺機能亢進症のねこちゃんを飼っていらっしゃる方がたくさんいらっしゃると思います。もしご参考になればと思い、あいちゃんの投薬状況をここでご案内しようと思います。甲状腺機能亢進症という病気は、個体差によってお薬の効果やその他の臓器への影響がそれぞれに違うものです。どうぞそのあたりを斟酌してください。皆さんのお宅のねこちゃんが健やかに過ごせますように~
(2014年3月現在) ① メルカゾール(抗甲状腺ホルモン薬)    朝 4分の1錠  夕 8分の1錠 (毎週 火曜日&金曜日  朝 8分の1錠  夕 8分の1錠) ② フォルテコール 朝 夕 2分の1錠 ③ アムロジピン(血圧降下剤) 夕 8分の1錠 以上3点が、甲状腺機能亢進症およびそれに付随する腎不全が影響する病気に対応するお薬です。 それ以外には、 ④ ファモチジン(胃薬) ⑤ タイロシン(抗生剤) ⑥ プリモボラン(蛋白同化ホルモン)貧血対策のお薬です。 ⑦ ポララミン(めまい止め) ⑧ ぺリアクチン(食欲増進剤) 以上8点が日常的に服用しているお薬です。  状況によっては、 制吐剤(プリンペランまたはセレニア)、メトロニタゾール(抗生剤)、アモキシシリン(抗生剤)、デルクリア(下痢止め)など服用させています。 補液は自宅で毎日しています。 サプリメントは、 鉄剤(ヘモテクト)を使っています。  
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
チャーちゃん
チャーちゃん
バイオウィルクリア
パルボウィルス消毒にはこれ!
ビルコン
パルボウィルス消毒にはこれ! 水50倍で希釈して使用します。1回あたりのコスパは断然お得!
複合次亜塩素酸系消毒剤 アンテック...

複合次亜塩素酸系消毒剤 アンテック...
価格:7,050円(税5%込、送料別)

低反発マットベッド
高齢猫ちゃんに安定感のあるベッド
スプレーボトル
ビルコンはこのボトルで作っています(水で50倍希釈)。細かい霧状で万遍なく噴霧できます。
フルプラ ダイヤスプレー(スプレーボト...

フルプラ ダイヤスプレー(スプレーボト...
価格:840円(税5%込、送料別)

ふわふわベッド
あいちゃんが使っているふわふわベッド
かわいいベッド
あいちゃんが使っているかわいいベッド
ヘモテクト(貧血サプリ)
貧血対策サプリメント!鉄剤と鉄吸収を促すビタミンが配合されたサプリです。あいちゃんは毎日服用しています。
PE ヘモテクト 60粒【RCP】【HLS_DU】

PE ヘモテクト 60粒【RCP】【HLS_DU】
価格:3,705円(税5%込、送料別)

体温計はこれ!
れンあいちゃんの体温計は、 これを使っています。
れンあいちゃんの飯台
れンあいちゃんのフードスタンド(飯台)はこれを使っています。↓ 高齢ネコちゃんは、これを使うとごはんを食べるのが楽ですよ♪
あいちゃんのメインディッシュ
あいちゃんのお気に入りのごはんです。粒状なので袋のまま揉んでつぶして供します。
ヒルズ猫用 【k/d】チキン入り パウチ 85g×12

ヒルズ猫用 【k/d】チキン入り パウチ 85g×12
価格:1,890円(税5%込、送料別)

れンあいちゃんのごはん1
れンあいちゃんがたべているごはんです↓
れンあいちゃんのごはん2
れンあいちゃんが食べているごはんです。↓
ブラッシングコーム
アイちゃんのブラッシングは、このコームで! 優しい当たりが気持ちよさそうです。
飼い主さんの手の洗浄に
真菌対策や飼い主さんの手の洗浄に! teaは、このシリーズのシャンプー&コンディショナーも使っています。真菌はをはじめカビなども除去してくれます。近くに田んぼがあるので、れンあいちゃんをこれで真菌から守ります。
最新トラックバック
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR