介護の大変さ①

昨日の のぞみさんの コメントです。

ぴょん吉さんの文章を読み、涙がこぼれました。
色々なお気持ちを抱えていらっしゃると思います。
優しく丁寧な言葉の中に凛としたものを感じ、ナムルちゃんと同じ感覚を
お持ちなんだろうなと感じました。
まさに、teaさんの仰る通り 「選ばれし飼い主さんと ねこちゃん」。
深いご縁と絆で、きっと結ばれているんでしょう。
お辛いのに心温まる文章、ありがとうございました。

teaさん、素敵なブログをいつもありがとうございます。
白猫さんは、あいちゃんのメッセンジャーですかね?
可愛いお使者さんに出会えて良かったですね!

先日、私は大事にしているおばあちゃん猫(名前は、とらち)に声を荒げて怒ってしまいました・・・こんなに頑張ってるのに考えてるのに、何でわかってくれないのか、言う事を聞いてくれないのか、イライラしてしまった。心に余裕がなかったとはいえ、怒りをぶつけるなんて最低です。
慢性腎不全で緑内障、視力が弱い、彼女の立場を思うと怖かったと思います。それでも、彼女から暫くして私に歩み寄ってくれました。
情けなかったです。抱きしめて謝りました。
そんな時に、このブログで皆さんの書き込みや猫ちゃんの様子を知ると、ハッと気付かされる事があり冷静になれます。




のぞみさん、 誰も あなたを責めたりしません。
だって みんな 同じですもの。。。 責められようがありません。 

ねこちゃんに限らず、 ワンちゃんでも 人でも 介護の経験がある方は、 誰でも 通過する関門のようなものだと teaは思います。 

teaは、 れンちゃんから 続けてあいちゃんの介護に突入しました。 計3年ほどでしょうか? 最終段階を迎える介護は、 れンちゃんで 半年、 あいちゃんで7~8か月ほどでしょうか? 

私の手がなければ、 1日たりとて 命を永らえることができない れンあいちゃんでした。 どんなことがあっても 私が守り抜く! 彼女たちのお世話は、 私の第一優先事項でした。 

仕事との両立、 家事、 分刻みのスケジュールでした。 どんなに疲れて帰ってきても、 点滴と投薬+ごはんを済ませないと 絶対寝られません。 



ごはんたいむ
(teaに抱っこされて ごはんたいむの あいちゃん - teaの胸元に 手が伸びています。 2014年 12月26日撮影)


少しずつ ごはんを食べさせている間に、 二人とも寝ちゃって、 気がついたら 真夜中ということもありました。 

皆さんもご経験済みと思いますが、 食欲増進剤を飲ませて 30分以上経過してから ごはんをあげるなどと 投薬と お薬の関係があるので、 投薬+ごはんで 2時間ぐらいかかることもありました。 

最後は、 アルサルミン(粘膜保護剤)を使っていたので、 時間差を厳格に守って ごはんをあげていました。 こうなると ドクター曰く 「神の手のような飼い主の管理」だそうです。 

寝られないのです。 人間は 寝られないと 正常な判断力も 感情のコントロールも 困難になってきます。 誰でも そうなります。 teaも 当時は、 必死のあまり 「私が守る!」と言いながら、 心のどこかで 「この生活がいつまで続くのだろう~」と 思いました。

もう ギリギリ状態だったと思います。 


ごちそうさま
(ごはんが済んで、 ごちそうさま~  あいちゃんの表情も ホッとしているように感じます。 )



teaは、 れンあいちゃんに 向かって 声を荒げるようなことは、 せずに済みました。 
でも 心の中では、 のぞみさんと 同じような状態でした。 口に出すか出さないかの違いだけで、 状況は 全く同じです。 

口に出さずに済んだのは、 teaの周りの方々からのサポートがあったからです。
状況が悪くなるにしたがって、 teaの心に寄り添ってくれた 親友のKさん、 そして 家族、 ドクター、 全ての皆さんが teaの折れそうな心を支えてくれました。 Kさんは、 まだ 大丈夫! いける! と いつも励ましてくれました。 その励まし方は、 とても理論的で、 本当に心強かったです。 

あいちゃんが、 亡くなる前の数か月、 そばで 見ていた ばぁばは、 「あんたが 倒れんか 心配でたまらんとよ~」と 何回も言っていました。 その言葉を聞くたびに、 私が倒れてはいけない! と ずっと自分に言い聞かせていました。 めちゃくちゃ 気が張っていました。 

あいちゃんが、 亡くなった時 ばぁばが、 「よくやったね? あんたのごと ちゃんと看てやったら、 あいちゃんは最高に幸せやったと思うばい。 他の誰が こんげん一生懸命してやれるね? ホント 大変やったね? でも 立派やった。 偉かったよ。」 と言ってくれました。 そばにいて ずっと見守ってくれたばぁばの言葉に 涙が止まりませんでした。 



あいちゃん、 マンマがなんでもするよ!
(あいちゃんを抱っこして、 「あいちゃん、 何も心配せんでよかよ~、 マンマがあいちゃんのためなら なんでもするけんね~」 なんて 話しかけている写真です。)


周りの目があったから、 きっと感情を爆発せずに済んだのです。 今思うと 一触即発でした。 

だから teaは、 のぞみさんに とても共感します。 
そして のぞみさんの ねこちゃんは、 ちゃんと のぞみさんの気持ちを 汲みとっていると思います。 ステキな飼い主さんとねこちゃんの関係だと思います。 

人は 生身の感情で 生きています。 時と場合によっては、 その感情が表に出てしまって、 自分でも収拾つかなくなることがあります。 でも それでも いいのでは?と 思います。 ずっと 押し込めて 我慢し続けていると 不満と不安の風船が いつか心の中で はじけてしまいます。 

ガス抜きは、 必要です。 コメントに書くだけでも ガス抜き できますよ!! 
 
そして もう一つ! のぞみさんのように 正直に 自分の気持ちや その時あったことを吐露できる素直さが、 teaはとっても素晴らしいと思います。 

その素直さで ねこちゃんも 謝られたら、 ねこちゃんも 「アタシこそ ママ ごめんね~」 って 思ってくれるのではないでしょうか? 

いろんなことが ありながら、 飼い主さんと ねこちゃんの絆は、 固く強くなっていくと思います。 
ちょっとぐらい 失敗しても いいじゃないですか? 人に完全は ありません。 
のぞみさんと ねこちゃんの ステキな日々が、 続きますように お祈りしています。 

とっても ステキな コメントをありがとうございました。 
また コメントしてくださいね~ 

介護のこと、 明日も続きを~
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ぴょん吉さんナムルちゃん

ぴょん吉さんナムルちゃん

ナムルちゃんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。
しばらくPCから離れていました。
遅くなったことをお許しください。


ぴょん吉さんとナムルちゃんの深い絆にただただ感服するばかりです。
「ナムルが幸せそうに見えない時がきたら、その時には積極的な治療はやめよう」
この言葉が深く刺さりました。
ナムルちゃんをずっと守り続けてきたからこそのお言葉だと思います。
理想の関係です。

どうかゆっくりと休まれてください。
お風邪など、ひかれませんように。




愛猫のお世話をどれくらいできるだろうか、虹の橋を渡ったあとで必ず来る後悔がとても怖いです。
どんなにお世話しても、できないときがあります。
腹立たしく思うときがあります。
それをいなくなってから、必ず悔やむと・・今からわかっています。

我が家には18歳の華と4歳のテトがいます。
テトはホームセンターの駐車場から保護してきた子です。
正直に言うと、華に何かあった時の保険という思いもありました。
この2匹の仲が悪くて・・それまで「私のおうち!」だった華には大きなストレスとなってしまいました。
テトを保護する決断をしたのは私です。
1つの命を救えた。
後悔はしていません。
でも、華が手を離れたとき。
それをとても後悔するんだろうな・・と思うのです。

強くなりたいです。

自分の話ばかりになってしまいました。
すみません。
長々と失礼いたしました。


No title

tea様、皆様、今晩は。
ぴょん吉さんとのぞみさんのコメントと、tea様の文章を読んで、
大変だった介護の日々を思い出しました。
そして、ぴょん吉さんの、
「いま一番思うことは、ナムルに会いたい!ではなく、
ナムルのお世話をしたい!です。」という言葉に、深く深くうなづいています。

うちの2匹の猫が旅立ったのは、22歳の猫が2009年の夏、21歳の猫が2011年のお正月ですが、その4、5年前から、少しづつ介護が始まっていたと思います。
ずっと2匹で落ち着きなく大声で鳴いたり、動き回る理由も不明で、嘔吐も続き、夜中もしょっちゅう起こされて、疲れが溜まっていきました。
今思うと、甲状腺機能亢進症や、少し痴呆が始まっていたかも。
あの時点で、tea様や皆様のように原因をもっと詳しく調べていたら、と悔やまれます。

あの頃が私は一番辛くて、30分、1時間でいいから、短時間でもホテルで眠りたい、もう疲れて耐えられない、としょっちゅう思いました。
外出時間を切り詰め、旅行も諦め、それでもいつも猫のことが心配でした。
仕事も一番忙しい頃で、私自身の体調も元々悪くなっていたため、結局フルタイムの仕事を辞めて、時間勤務に変えることに。

ですから、のぞみさんのお気持ち、本当によくわかります。
私なんて、本格的な介護の始まる前にまいっていたのですから。
そして、私もそれまでの本格的な介護の日々が終わってから、tea様のブログに出会いました。
今は病気がちの内猫1匹、外猫1匹との日々ですが、こちらに来ることがとても助けになっています。
そして、私も、もしかしたらぴょん吉さんと同じように、自分の体験がちょっとでも他の猫さんのお役に立ったらうれしい、という気持ちもあります。
そんなふうになれるのは、tea様のあたたかいお人柄のおかげですね。
感謝をこめて。

皆さん、ありがとうございます

teaさん、私のコメントを取り上げて頂き、ありがとうございます。なんだか、恥ずかしいです(苦笑)取り上げて頂いたお陰で、皆さんの経験を読み励まされ優しさに触れて、愛猫に更に優しさを繋げていけそうと感じてます。私の折れそうな気持ちを支えてくれたteaさん、皆さん、猫ちゃん達、虹の橋の猫ちゃん達に感謝します。
先日、たまたま見ていたテレビ番組で京都洛北の野菜農家の方が、野菜は話さないからわからない、わからないから何を求めているのかじっくり観察するって仰ってました。また、杉の伐採に携わる職人さんが樹齢200年の杉を切る時に合掌し伐採後、辛い気持ちを打明けて、新たな命を吹き込み生まれ変わり他の命を支える、そんな事を話されてました。命に真摯に向き合うって手間が掛かるけど、畏敬の念を感じられずにはいられない事だと思いました。私も愛猫の命にしっかり向き合っていこうと思います。
teaさんの周囲には素敵な家族やお仲間がいっぱいですね。穏やかで、強く優しい手をお持ちだから、あいちゃんも身を委ねてますね。お写真を見ると信頼しているのが一目瞭然です。
あいちゃん、れんちゃんはこのブログを通して、今もなお、色々な事を教えてくれてます。これって素晴らしい事ですよね。これからも拝見させて頂きますね。

ごっちゃさん、リフレッシュは必要ですね。最近、忙しさで後回しになってバランスを崩してました。ありがとうございました。

トラッコさん、おじいちゃん猫さんはおいくつですか?私も親近感を感じてしまいました。お互いに大事にお世話していきたいですね。ありがとうございました。

ちかティさん、二匹共、可愛いお名前ですね。保険って思い、私も考えた事あります。それでもいいと思います。縁あって託された命、二匹のストレス緩和は大変でしょうが、きっと深い意味のあるお世話だと思います。それに、ちかティさんならできると思います。

Kitty mamaさん、私の状況に近いものがあります。共感して頂き孤独が和らぎました。私の猫は排泄前後の興奮で大声で鳴く時があります。目が悪くなってからなんで不安なんでしょうね。私の気配がないとよく鳴いてます。Kitty mamaさんは今も猫さんがいらっしゃるのですね。大事になさってくださいね。

No title

あいちゃんのお食事写真、
赤ちゃんみたいで可愛くて大好きです。

ここ数日、心に染み入るコメントが多く、
皆さんがどれだけ我が子に真摯に向き合っているか、
どれほど大事に想っているか、
そんな思いが伝わってきて、何ともいえない気持ちになっています。

介護生活、闘病生活の中で大切なのは、
飼い主さんも猫ちゃんも、お互いが無理をしないこと、かな。。。
と、私の短い介護生活を振り返って、今そう思います。
とは言っても、無理をしないと出来ない事があるのも事実で、
その辺のバランスが難しいのだとも、思います。

のぞみさんは、とても一生懸命頑張っていらっしゃいますね。
とらちちゃんも、のぞみさんのことをとても信頼しているんですね。
家族でもケンカすることってありますし、
毎日必死に頑張っていても、
上手くいかなくてイライラすることもあります。
でも、自分のことをどれほど頼りにしてくれてるのかって思うと、
どれだけ抱きしめても足りないくらい、とても愛おしくなりますよね。

とらちちゃんとのかけがえのない時間が、
これからも長く続くようにお祈りしています。

No title

胸の中で眠るあいちゃんのあたたかさ、
なににも代え難い大切な重さですね。
いまはちょっとスースーするteaさんの胸の中が
思い出で満たされますように。

昨日のteaさんの私への感想、
とてもうれしいですが赤面するほどテレてしまいます。
もし実際にお会いすることがあったら
ガッカリされてしまうかも。
私はごくごく普通の人。
ただ誰よりもナムルを愛していただけです。
でも私の思いをみなさんに伝えることができ
共感していただけるのなら、そんなうれしいことはありません。
その嬉しさこそ、ナムルから私へのプレゼントですね。
私のコメントに再度コメントをくださったみなさん、
ほんとうにありがとうございます。
もしも神様が私にナムルを託してくださったのだとしたら、
みなさんの猫ちゃんも神様から託された猫ちゃんです。
いまおウチにいる猫ちゃんも、虹の橋にいる猫ちゃんも、
みんなみんな出逢うべきして出逢った猫ちゃんたち。
そう思うと心がホワッとしてきます。

のぞみさん
イライラしたり不機嫌になったり、
そんなことは誰にでもあることです。
つい冷たくしてしまう...ナムルが元気な時には私にもありました。
けれどそのことに罪悪感を持つ、それこそ愛しているからではないですか?
そしてたくさんの時を一緒に過ごしてきた猫ちゃんは、
飼い主さんのそんな部分はすべてお見通しのような気がします。
反省は愛しいからこそ抱く感情ではないかしら?
最近、その時に出来なかったことは
「出来ること」ではなかったのかも?と思います。
ああすれば良かった、その反対にすべきではなかった、
そんな思いは常につきまとってくる感情です。
後悔するより、今日を、いまを、大切に共に過ごしてくださいね。



最新記事
お問い合わせ
お便りは、 嬉しく拝見させていただいています。 ありがとうございます。詳細なお問い合わせなどは、 こちらのメールフォームからお願いします。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
甲状腺機能亢進症の記事
このブログに登場するねこちゃん - あいちゃん(24歳)、れンちゃん(21歳:2013年8月永眠)の甲状腺機能亢進症と診断されてからの獣医師の選択、薬剤の検討、飼い主としての心の葛藤などを細かく記事にしています。大変お手数ですが、 下記年月日の記事をお読みくださると幸いです。 甲状腺機能亢進症と診断されても 投薬治療をして管理をすれば、 穏やかな日々を送ることができます。 あいちゃんは、 4年投薬治療をしています。ただ今24歳と半年を過ぎました。 いっしょに頑張りましょう。   記事  2011年11月17日 ~ 2011年12月15日
プロフィール

tea

Author:tea
れンあいちゃんの日常生活のお世話担当、病院担当、看護担当、ごはん調達担当。人間界では、少々テンションお高めのアンチエイジングが気になる世代に所属。好物は、スウィーツ。長崎県時津町(長崎市の隣町)に生息。 

あいちゃん
あい
あいちゃん
白 MIX
1990年2月12日生まれ
(24歳) ♀
お母さんは、ペルシャチンチラ
父不明
【好物】えび ほたて
【好きな場所】人間の膝の上、お外
【趣味】睡眠(現在)
ハンティング(15年前)
【既往症】耳血腫、慢性腎不全、甲状腺機能亢進症、高血圧症、網膜剥離          
れンちゃん
れン
れンちゃん
グレー MIX
1992年8月22日生まれ
21歳 ♀
2013年8月28日(21歳6日)永眠
お母さんはヒマラヤン、
父不明
【好物】アイスクリーム
【好きな場所】ふかふかベッド
【趣味】睡眠(現在)
愛想を振りまくこと(今も昔も)
【既往症】慢性腎不全、甲状腺機能亢進症、高血圧症、心筋症
投薬について
このブログにいらっしゃる方の中には甲状腺機能亢進症のねこちゃんを飼っていらっしゃる方がたくさんいらっしゃると思います。もしご参考になればと思い、あいちゃんの投薬状況をここでご案内しようと思います。甲状腺機能亢進症という病気は、個体差によってお薬の効果やその他の臓器への影響がそれぞれに違うものです。どうぞそのあたりを斟酌してください。皆さんのお宅のねこちゃんが健やかに過ごせますように~
(2014年3月現在) ① メルカゾール(抗甲状腺ホルモン薬)    朝 4分の1錠  夕 8分の1錠 (毎週 火曜日&金曜日  朝 8分の1錠  夕 8分の1錠) ② フォルテコール 朝 夕 2分の1錠 ③ アムロジピン(血圧降下剤) 夕 8分の1錠 以上3点が、甲状腺機能亢進症およびそれに付随する腎不全が影響する病気に対応するお薬です。 それ以外には、 ④ ファモチジン(胃薬) ⑤ タイロシン(抗生剤) ⑥ プリモボラン(蛋白同化ホルモン)貧血対策のお薬です。 ⑦ ポララミン(めまい止め) ⑧ ぺリアクチン(食欲増進剤) 以上8点が日常的に服用しているお薬です。  状況によっては、 制吐剤(プリンペランまたはセレニア)、メトロニタゾール(抗生剤)、アモキシシリン(抗生剤)、デルクリア(下痢止め)など服用させています。 補液は自宅で毎日しています。 サプリメントは、 鉄剤(ヘモテクト)を使っています。  
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
チャーちゃん
チャーちゃん
バイオウィルクリア
パルボウィルス消毒にはこれ!
ビルコン
パルボウィルス消毒にはこれ! 水50倍で希釈して使用します。1回あたりのコスパは断然お得!
複合次亜塩素酸系消毒剤 アンテック...

複合次亜塩素酸系消毒剤 アンテック...
価格:7,050円(税5%込、送料別)

低反発マットベッド
高齢猫ちゃんに安定感のあるベッド
スプレーボトル
ビルコンはこのボトルで作っています(水で50倍希釈)。細かい霧状で万遍なく噴霧できます。
フルプラ ダイヤスプレー(スプレーボト...

フルプラ ダイヤスプレー(スプレーボト...
価格:840円(税5%込、送料別)

ふわふわベッド
あいちゃんが使っているふわふわベッド
かわいいベッド
あいちゃんが使っているかわいいベッド
ヘモテクト(貧血サプリ)
貧血対策サプリメント!鉄剤と鉄吸収を促すビタミンが配合されたサプリです。あいちゃんは毎日服用しています。
PE ヘモテクト 60粒【RCP】【HLS_DU】

PE ヘモテクト 60粒【RCP】【HLS_DU】
価格:3,705円(税5%込、送料別)

体温計はこれ!
れンあいちゃんの体温計は、 これを使っています。
れンあいちゃんの飯台
れンあいちゃんのフードスタンド(飯台)はこれを使っています。↓ 高齢ネコちゃんは、これを使うとごはんを食べるのが楽ですよ♪
あいちゃんのメインディッシュ
あいちゃんのお気に入りのごはんです。粒状なので袋のまま揉んでつぶして供します。
ヒルズ猫用 【k/d】チキン入り パウチ 85g×12

ヒルズ猫用 【k/d】チキン入り パウチ 85g×12
価格:1,890円(税5%込、送料別)

れンあいちゃんのごはん1
れンあいちゃんがたべているごはんです↓
れンあいちゃんのごはん2
れンあいちゃんが食べているごはんです。↓
ブラッシングコーム
アイちゃんのブラッシングは、このコームで! 優しい当たりが気持ちよさそうです。
飼い主さんの手の洗浄に
真菌対策や飼い主さんの手の洗浄に! teaは、このシリーズのシャンプー&コンディショナーも使っています。真菌はをはじめカビなども除去してくれます。近くに田んぼがあるので、れンあいちゃんをこれで真菌から守ります。
最新トラックバック
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR