ダルべポエチン

9月10日 大親友のKさんの愛猫、 たばさちゃんが、 息を引き取りました。
19歳でした。

長い闘病でした。 たばさちゃん、 Kさんのつながりは とても 深いものでした。 
たばさちゃんは、 肺の炎症が進み 苦しい呼吸のもとでも ごはんを食べ、 おみずを飲み、 スープやチャンクも食べて 命を燃やし続けていました。 

酸素室の中での 日々、 時には心拍数が上がり、 もうダメかと思ったこともあったそうです。 でも そんな時でも 症状が落ち着いて、 驚異的な頑張りを見せてくれました。 

必ずKさんのもとに舞い戻ってくる タバサちゃんでした。 
たばさちゃんから れンあいちゃんは、 いつもたくさんの応援を受けていました。 れンあいちゃんに teaは、 まだ呼ばないでね? たばちゃんが来ても 「あんた いくつ? ここに来るには まだ若かばい」と言って、 帰してちょうだいと言っていました。

Kさんの介護は、 Kさんの命を縮めてでも~と思えるほど、 献身的なものでした。
きっと2時間睡眠は、 体にこたえたと思います。 たばさちゃんは、 そのこともちゃんとわかっていたと思います。 
ホントに賢く気高いたばさちゃんでした。  


たばさちゃんのご冥福を心よりお祈りします。



本日のれンあいちゃん回顧録



昨日ネプス(ダルべポエチン)の治療について ご質問がありました。 
れンあいちゃんは、 貧血治療のため ダルべポエチンを使っていました。
たばさちゃんも 使っていました。 

ダルべポエチンは、 貧血治療のために使う造血ホルモンの製剤です。
もともと人間のエリスロポエチンを加工して作っているので、 抗体ができる可能性があると言われています。
が ダルべポエチンはは、 その抗体ができにくい製剤として開発された画期的な治療法です。 


「アタシは、 チクッばしよったと・・・」

貧血治療ば始めるばい

写真は、 1回目のダルべポエチン接種の時のお写真です。 


ダルべポエチンの抗体は、 できない!と言いたいところですが、 できない保証はありません。
ただ 抗体ができたという症例は、 うまくいった症例より少ないと言われました。
怖がっていては、 治療はできませんね?
そこは チャレンジだと思います。 

絶対うまくいく! そう信じて teaは、 始めました。 



「なんか チクッとしたばい!」

なんかチクッとしたばい


ダルべポエチンの抗体は、 量をたくさん打つ、 少なく打つというのは、 できるチャンスに関わりありません。
できるとすれば、 回数です。 
量を少なく打っても 多く打っても 回数が増えることで 抗体できる可能性が増えると考えられるそうです。

ですから れンあいちゃんの血液のドクターは、 1回の量を高容量(1単位)でやっていました。


「おちゅーしゃは、 1週間に1度やけん 疲れるとばい」 

はあ~ 終わったぁ~


れンあいちゃんは、 プリモボラン(タンパク同化ホルモン)で2年間貧血治療にあたり、 昨年9月から ダルベポチンの治療に踏み切りました。 
腎臓機能は、 おそらく限界だったと思います。 

クレアチニンもBUNもそれほど高くありませんでした。 
クレアチニンは、 2.0を切っていました。
ものすごくコントロールされていたと思います。 それでも 超高齢でしたから、 機能的には もう難しい状態だったと思います。



「おうちが 一番よかばい」

マンマぁ~ おうちがよかばい


あいちゃんは 1週間に1度の通院でも かなり疲れていました。
おうちに帰ってくると ぐったり~でした。 

それでも よく頑張ってくれました。 

中には ダルべポエチンの治療を始めると2か月もたない~というドクターもいましたが、 あいちゃんは 5か月がんばってくれました。 ドクターの見解は、 あいちゃんのような超高齢さんには通じないようです。 超高齢さんでなくても ドクターの見解は、 一生けん治療している飼い主さんにとっては、 当てはまりません。 

がんばれば、 必ず奇跡のようなことが起こります。

実際、 れンあいちゃんの血液のドクターのもとで2年もダルべポエチンで維持したワンちゃんやねこちゃんが いるそうです。 


希望をもって治療してください。
そのドクターが どのくらいの経験があって、 症例をもっているか?ドクターに聞いていいと思います。 
teaの場合、 主治医が血液に詳しいドクターということで紹介していただきました。

れンあいちゃんの血液のドクターは、 九州の獣医師会の勉強会では講師に立つドクターで 開業医でありながら、 論文も書いています。 本当に よいドクターに出会えたと 主治医に感謝しています。 

飼い主次第で ねこちゃんの運命は変わります。 
悩むのは 当然です。
でも悩むと 必ず良い結果につながると思います。 

頑張ってください。 








 





大雨による氾濫、 そして今朝は調布の地震、 毎日 これほど災害の報告がされると 胸つぶれる思いです。
関東方面にお住いの皆さん、 皆さんの地域は 大丈夫ですか?

被災された皆さんには 心からお見舞い申し上げます。

kittymamaさん、 今朝の地震は 大丈夫でしたか?
teaの調布在住のおばは、 怖かったと言っていました。 陶器が割れたそうです。 それも 柿右衛門が・・・
陶器は また作ってもらえますが、 人はかけがえがありません。
ご無事でありますように~

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

先日初めてteaさんにご紹介いただいたタバサちゃんのお写真。

気品があって美しく、綺麗で強い眼差しの猫さんだと、とても心に残っておりました。

タバサちゃんのご冥福心よりお祈り申し上げます。

会ったことはなくても、にゃんこさんの訃報はとても悲しくなります。
お互いに、「もっと一緒に居たい」とか「ありがとう」とかたくさんの気持ちがあるんだろうなと思うとたまりません。

たばさちゃんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。

No title

猫ちゃんの訃報には心が痛みますね。
でも、一生懸命頑張った猫さんを称えてあげたいです。

たばさちゃん、美しく凛とした姿が印象的な猫ちゃんでした。
懸命にお世話されて、
たばさちゃんも懸命に応えてくれて、
かけがえのない時間を過ごされたことと思います。
どうかお気持ち落とされませんよう、
たばさちゃんのご冥福を、心よりお祈り致します。

キセキって本当にありますよね。
私はあいちゃんから、そのことを何度も教えられました。
やっぱりあいちゃんはスーパーキャットですね。
信じる力って大事です。
最新記事
お問い合わせ
お便りは、 嬉しく拝見させていただいています。 ありがとうございます。詳細なお問い合わせなどは、 こちらのメールフォームからお願いします。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
甲状腺機能亢進症の記事
このブログに登場するねこちゃん - あいちゃん(24歳)、れンちゃん(21歳:2013年8月永眠)の甲状腺機能亢進症と診断されてからの獣医師の選択、薬剤の検討、飼い主としての心の葛藤などを細かく記事にしています。大変お手数ですが、 下記年月日の記事をお読みくださると幸いです。 甲状腺機能亢進症と診断されても 投薬治療をして管理をすれば、 穏やかな日々を送ることができます。 あいちゃんは、 4年投薬治療をしています。ただ今24歳と半年を過ぎました。 いっしょに頑張りましょう。   記事  2011年11月17日 ~ 2011年12月15日
プロフィール

tea

Author:tea
れンあいちゃんの日常生活のお世話担当、病院担当、看護担当、ごはん調達担当。人間界では、少々テンションお高めのアンチエイジングが気になる世代に所属。好物は、スウィーツ。長崎県時津町(長崎市の隣町)に生息。 

あいちゃん
あい
あいちゃん
白 MIX
1990年2月12日生まれ
(24歳) ♀
お母さんは、ペルシャチンチラ
父不明
【好物】えび ほたて
【好きな場所】人間の膝の上、お外
【趣味】睡眠(現在)
ハンティング(15年前)
【既往症】耳血腫、慢性腎不全、甲状腺機能亢進症、高血圧症、網膜剥離          
れンちゃん
れン
れンちゃん
グレー MIX
1992年8月22日生まれ
21歳 ♀
2013年8月28日(21歳6日)永眠
お母さんはヒマラヤン、
父不明
【好物】アイスクリーム
【好きな場所】ふかふかベッド
【趣味】睡眠(現在)
愛想を振りまくこと(今も昔も)
【既往症】慢性腎不全、甲状腺機能亢進症、高血圧症、心筋症
投薬について
このブログにいらっしゃる方の中には甲状腺機能亢進症のねこちゃんを飼っていらっしゃる方がたくさんいらっしゃると思います。もしご参考になればと思い、あいちゃんの投薬状況をここでご案内しようと思います。甲状腺機能亢進症という病気は、個体差によってお薬の効果やその他の臓器への影響がそれぞれに違うものです。どうぞそのあたりを斟酌してください。皆さんのお宅のねこちゃんが健やかに過ごせますように~
(2014年3月現在) ① メルカゾール(抗甲状腺ホルモン薬)    朝 4分の1錠  夕 8分の1錠 (毎週 火曜日&金曜日  朝 8分の1錠  夕 8分の1錠) ② フォルテコール 朝 夕 2分の1錠 ③ アムロジピン(血圧降下剤) 夕 8分の1錠 以上3点が、甲状腺機能亢進症およびそれに付随する腎不全が影響する病気に対応するお薬です。 それ以外には、 ④ ファモチジン(胃薬) ⑤ タイロシン(抗生剤) ⑥ プリモボラン(蛋白同化ホルモン)貧血対策のお薬です。 ⑦ ポララミン(めまい止め) ⑧ ぺリアクチン(食欲増進剤) 以上8点が日常的に服用しているお薬です。  状況によっては、 制吐剤(プリンペランまたはセレニア)、メトロニタゾール(抗生剤)、アモキシシリン(抗生剤)、デルクリア(下痢止め)など服用させています。 補液は自宅で毎日しています。 サプリメントは、 鉄剤(ヘモテクト)を使っています。  
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
チャーちゃん
チャーちゃん
バイオウィルクリア
パルボウィルス消毒にはこれ!
ビルコン
パルボウィルス消毒にはこれ! 水50倍で希釈して使用します。1回あたりのコスパは断然お得!
複合次亜塩素酸系消毒剤 アンテック...

複合次亜塩素酸系消毒剤 アンテック...
価格:7,050円(税5%込、送料別)

低反発マットベッド
高齢猫ちゃんに安定感のあるベッド
スプレーボトル
ビルコンはこのボトルで作っています(水で50倍希釈)。細かい霧状で万遍なく噴霧できます。
フルプラ ダイヤスプレー(スプレーボト...

フルプラ ダイヤスプレー(スプレーボト...
価格:840円(税5%込、送料別)

ふわふわベッド
あいちゃんが使っているふわふわベッド
かわいいベッド
あいちゃんが使っているかわいいベッド
ヘモテクト(貧血サプリ)
貧血対策サプリメント!鉄剤と鉄吸収を促すビタミンが配合されたサプリです。あいちゃんは毎日服用しています。
PE ヘモテクト 60粒【RCP】【HLS_DU】

PE ヘモテクト 60粒【RCP】【HLS_DU】
価格:3,705円(税5%込、送料別)

体温計はこれ!
れンあいちゃんの体温計は、 これを使っています。
れンあいちゃんの飯台
れンあいちゃんのフードスタンド(飯台)はこれを使っています。↓ 高齢ネコちゃんは、これを使うとごはんを食べるのが楽ですよ♪
あいちゃんのメインディッシュ
あいちゃんのお気に入りのごはんです。粒状なので袋のまま揉んでつぶして供します。
ヒルズ猫用 【k/d】チキン入り パウチ 85g×12

ヒルズ猫用 【k/d】チキン入り パウチ 85g×12
価格:1,890円(税5%込、送料別)

れンあいちゃんのごはん1
れンあいちゃんがたべているごはんです↓
れンあいちゃんのごはん2
れンあいちゃんが食べているごはんです。↓
ブラッシングコーム
アイちゃんのブラッシングは、このコームで! 優しい当たりが気持ちよさそうです。
飼い主さんの手の洗浄に
真菌対策や飼い主さんの手の洗浄に! teaは、このシリーズのシャンプー&コンディショナーも使っています。真菌はをはじめカビなども除去してくれます。近くに田んぼがあるので、れンあいちゃんをこれで真菌から守ります。
最新トラックバック
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR