究極の選択をするには

kittymamaさん、 6にゃんさん、 コメントありがとうございました。
6にゃんさん、 お久しぶりです。 コメントいただき 感謝です。

お二人のご意見、 teaはとても興味深く 納得しながら読ませていただきました。 

漢方薬は、 即効性があるお薬があります。
何も 考えず安易に使うと 思わぬ副反応が出て 対応に追われることになります。
これは 西洋薬も同じですが、 漢方薬と聞くと緩やかで副反応が少ないと思いがちです。 

6にゃんさんのねこちゃんが、 5日で胸水が引いたというのは、 まさに即効性がなせる業です。
しかし 安易に使えないかも?と思うと ブレーキがかかりますね?


「あいちゃんも 漢方薬ば 飲んだばい」

漢方薬ば飲んだとばい

それでも 西洋医学で 打つ手がない、 すべてやり尽くしたが、 効果がないとなると 何かを探しだし最善を尽くしたいと思うのは、 飼い主さんならば 模索すると思います。 
その中での 漢方薬です。 

藁をもすがる思いは、 teaも何度も経験しました。 



「マンマは、 アタシたちのために 走り回っとったけんね~」

走りまわっとったけんね~


安直なことは言えませんが、 teaが 打つ手がなくなって 何かを選ばなくてはならないとき、 2つのことをしていました。
一つは、 あいちゃん(れンちゃん)に お伺いをたてること! やってみる?と聞いていました。 お返事することもあれば、 しないときもありました。

もう一つは、 使うまでに メリットとデメリットを書き出し、 そのリスクがどれだけ大きいのか? うまくいったときは、 どれほどの生活の質を上げるのに貢献できるのか? しっかり「見える化」して比較検討して結論を出すようにしていました。 

そして 私の責任で選ぶ! 選んだら絶対効くと信じて お薬を使う!と 決めていました。 
これは 飼い主の全面的責任です。 



「マンマの 考える顔は、 怖かとばい」

マンマの顔はこわかったとばい


はい、 だって あいちゃんやれンちゃんの命にかかわることですもの~
全精力を使い果たして 考えますわよ~


あくまでteaの私見です。
たかさん、 よくお考えください。 
一縷の望みを託して できることはぴーちちゃんにしてあげたいと思いますよね?

きっと ご聡明なたかさんのことですから、 ご判断は正しい選択をなさると思います。
胸水がたまらないで 平安な日々が続きますようお祈りしています。 


 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

たかさん、心のうちお察しいたします。

愛する猫にゃんに何かしてあげたいと思うのは皆同じですね。

私もミュウの為に何か他にできることはないかと常に探していました

貧血の為の注射のエスポもいずれ耐性ができてしまうかもしれなかったので次の段階の薬も調べて提案しましたが先生が使用したことのない薬だったこともあり採用されませんでした。

私がいつもミュウの主治医に言われていたことは先生の長年の経験によるものだと思いますが、新しいことをやって良い結果になったことがないということでした。

先生自身のいましめにもしていると思われる言葉でした。

ミュウの兄弟のトラは亡くなる最後の方は薬と強制給餌がつらかったのでしょう。私を避けるようになってしまいました。

ぴーちちゃんの気持ちと体が穏やかにすごせるのが一番ですね。

No title

飼い主の全面的責任。
マンマさんの揺るぎない思いを聞くと、いつも心がふるえます。

少しでも楽に過ごせるようにしてあげたい、
この子の為に何かしてあげたい、
愛する我が子を思う気持ちは、みなさん同じですよね。

気の利いたことは何もいえませんが、
ぴーちちゃんが穏やかに過ごせますように、
たかさんとの幸せな毎日がこれからも続きますように、
そのことを毎日お祈りしていますね。
おたっしゃくらぶの皆が応援しています。ガンバレー!

6にゃんさんありがとうございます。不安ばかりの中で「胸水が減った」という経験をお持ちのお答えは、勇気がもてます。勉強します!

ごっちゃさんありがとうございます。
ぴーちは今のところ薬も嫌がらすに舐めてくれますし、食欲もあり自分で食べてくれています。漢方薬も6にゃんさんのにゃんちゃんみたいに何かに混ぜて自分で食べてくれたらと思っています。
ぴーちには甘えられる人が私しかいないのでなるべく無理はしたくないと思っています。

teaさん、私もぴーちと話をしてみようと思います。こうやって、不安を吐露できる場所があって私は精神的にすごく助けられています。ありがとうございます。

No title

tea様、究極の選択ということ、まさにその通りですね。
うちでも、他に手のうち用のない病状の猫に、漢方やハーブ、プロバイオティクスを試してきましたので、皆様の思いがよくわかります。
たか様、牛黄は、ちょっと特殊で、基本的には飲む人(ここではぴーちちゃん)の唾液と混じってゆっくり体内に取り込まれるのが良いそうです。
食べ物と一緒に摂るのは、効果が薄れる可能性があると聞きました。
tea様のあいちゃんのように、スプーンを舐めさせるのは、適切だと思います。
万が一、この薬をお試しになる時は、ご留意ください。

ぴーちちゃんが、ゆっくりたか様に甘えて気分良く過ごせますように。

みーちゃんさん、kittymamaさんありがとうございます。
心あたたかいお言葉が身にしみます。

牛黄、特殊ですね。頼もうと思ってた漢方薬の方は、苦いのでカプセルにいれて飲ませて下さい。と言われてました。やはり、無知は怖いですね。
今日、地元の漢方薬局と、6にゃんさんに教えていただいたのに漢方ドットコムにお尋ねのメールをしました。
悠長にしている時間はないのですが、納得できる説明をしていただけるところをさがしたいと思います。

No title

牛黄の飲ませ方のことですが、すみません、少し補足させてください。
以前、うちの猫に混ぜ物のない牛黄を飲ませていた時は、先ほどのようにしていました。(人間が心臓発作を起こした場合など、その方が良いそうです。)
でも今は、高麗人蔘を混ぜたものを飲ませているので、カプセルに入れています。
猫ちゃんによっては、身体が必要とするのか、あいちゃんのように舐める仔も多いそうですが、うちの猫は全然ダメで、他にも薬が多いので、効力は落ちても仕方ないと思っています。
うちの仔は元気が出る、という感じの効き方です。

また、漢方薬に使われる植物に含まれるアルカロイドは、西洋でも使われているジギタリスのように、微量を使うと末梢血管を広げて、強心剤、利尿剤として機能するようです。
人間の約十分の一の体重の猫ですが、私が以前問い合わせた時は、人間の一回分の四分の一を処方する場合もあるようです。
それで、私の場合は、一応成分をネットで調べて、他の猫さんが飲んでいることを確認して、使っていました。

ぴーちちゃん、応援してるよ!

teaさま。
ご無沙汰していたのにコメント感謝なんて恐縮です。

たかさん。
家の子の経験が、どんな形でも、役にたって、家の子も喜んでいると思います。

家の子も牛黄が服用の1つに入っていました。強心作用もあるようなので…。

牛黄は、あの水戸黄門が印籠?に入れて持ち歩いていたらしいです。

ぴーちちゃんは、胸水が溜まって辛い中、食欲もあり自分で食べてくれてるということ、嬉しいですね。
いい子ですね。

私も気の利いたこといえないのですが、
辛い中でも、たかさんが笑顔で、ぴーちちゃんが穏やかで、お二人共にふんわりと優しい時間が続くことをお祈りしています。

最新記事
お問い合わせ
お便りは、 嬉しく拝見させていただいています。 ありがとうございます。詳細なお問い合わせなどは、 こちらのメールフォームからお願いします。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
甲状腺機能亢進症の記事
このブログに登場するねこちゃん - あいちゃん(24歳)、れンちゃん(21歳:2013年8月永眠)の甲状腺機能亢進症と診断されてからの獣医師の選択、薬剤の検討、飼い主としての心の葛藤などを細かく記事にしています。大変お手数ですが、 下記年月日の記事をお読みくださると幸いです。 甲状腺機能亢進症と診断されても 投薬治療をして管理をすれば、 穏やかな日々を送ることができます。 あいちゃんは、 4年投薬治療をしています。ただ今24歳と半年を過ぎました。 いっしょに頑張りましょう。   記事  2011年11月17日 ~ 2011年12月15日
プロフィール

tea

Author:tea
れンあいちゃんの日常生活のお世話担当、病院担当、看護担当、ごはん調達担当。人間界では、少々テンションお高めのアンチエイジングが気になる世代に所属。好物は、スウィーツ。長崎県時津町(長崎市の隣町)に生息。 

あいちゃん
あい
あいちゃん
白 MIX
1990年2月12日生まれ
(24歳) ♀
お母さんは、ペルシャチンチラ
父不明
【好物】えび ほたて
【好きな場所】人間の膝の上、お外
【趣味】睡眠(現在)
ハンティング(15年前)
【既往症】耳血腫、慢性腎不全、甲状腺機能亢進症、高血圧症、網膜剥離          
れンちゃん
れン
れンちゃん
グレー MIX
1992年8月22日生まれ
21歳 ♀
2013年8月28日(21歳6日)永眠
お母さんはヒマラヤン、
父不明
【好物】アイスクリーム
【好きな場所】ふかふかベッド
【趣味】睡眠(現在)
愛想を振りまくこと(今も昔も)
【既往症】慢性腎不全、甲状腺機能亢進症、高血圧症、心筋症
投薬について
このブログにいらっしゃる方の中には甲状腺機能亢進症のねこちゃんを飼っていらっしゃる方がたくさんいらっしゃると思います。もしご参考になればと思い、あいちゃんの投薬状況をここでご案内しようと思います。甲状腺機能亢進症という病気は、個体差によってお薬の効果やその他の臓器への影響がそれぞれに違うものです。どうぞそのあたりを斟酌してください。皆さんのお宅のねこちゃんが健やかに過ごせますように~
(2014年3月現在) ① メルカゾール(抗甲状腺ホルモン薬)    朝 4分の1錠  夕 8分の1錠 (毎週 火曜日&金曜日  朝 8分の1錠  夕 8分の1錠) ② フォルテコール 朝 夕 2分の1錠 ③ アムロジピン(血圧降下剤) 夕 8分の1錠 以上3点が、甲状腺機能亢進症およびそれに付随する腎不全が影響する病気に対応するお薬です。 それ以外には、 ④ ファモチジン(胃薬) ⑤ タイロシン(抗生剤) ⑥ プリモボラン(蛋白同化ホルモン)貧血対策のお薬です。 ⑦ ポララミン(めまい止め) ⑧ ぺリアクチン(食欲増進剤) 以上8点が日常的に服用しているお薬です。  状況によっては、 制吐剤(プリンペランまたはセレニア)、メトロニタゾール(抗生剤)、アモキシシリン(抗生剤)、デルクリア(下痢止め)など服用させています。 補液は自宅で毎日しています。 サプリメントは、 鉄剤(ヘモテクト)を使っています。  
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
チャーちゃん
チャーちゃん
バイオウィルクリア
パルボウィルス消毒にはこれ!
ビルコン
パルボウィルス消毒にはこれ! 水50倍で希釈して使用します。1回あたりのコスパは断然お得!
複合次亜塩素酸系消毒剤 アンテック...

複合次亜塩素酸系消毒剤 アンテック...
価格:7,050円(税5%込、送料別)

低反発マットベッド
高齢猫ちゃんに安定感のあるベッド
スプレーボトル
ビルコンはこのボトルで作っています(水で50倍希釈)。細かい霧状で万遍なく噴霧できます。
フルプラ ダイヤスプレー(スプレーボト...

フルプラ ダイヤスプレー(スプレーボト...
価格:840円(税5%込、送料別)

ふわふわベッド
あいちゃんが使っているふわふわベッド
かわいいベッド
あいちゃんが使っているかわいいベッド
ヘモテクト(貧血サプリ)
貧血対策サプリメント!鉄剤と鉄吸収を促すビタミンが配合されたサプリです。あいちゃんは毎日服用しています。
PE ヘモテクト 60粒【RCP】【HLS_DU】

PE ヘモテクト 60粒【RCP】【HLS_DU】
価格:3,705円(税5%込、送料別)

体温計はこれ!
れンあいちゃんの体温計は、 これを使っています。
れンあいちゃんの飯台
れンあいちゃんのフードスタンド(飯台)はこれを使っています。↓ 高齢ネコちゃんは、これを使うとごはんを食べるのが楽ですよ♪
あいちゃんのメインディッシュ
あいちゃんのお気に入りのごはんです。粒状なので袋のまま揉んでつぶして供します。
ヒルズ猫用 【k/d】チキン入り パウチ 85g×12

ヒルズ猫用 【k/d】チキン入り パウチ 85g×12
価格:1,890円(税5%込、送料別)

れンあいちゃんのごはん1
れンあいちゃんがたべているごはんです↓
れンあいちゃんのごはん2
れンあいちゃんが食べているごはんです。↓
ブラッシングコーム
アイちゃんのブラッシングは、このコームで! 優しい当たりが気持ちよさそうです。
飼い主さんの手の洗浄に
真菌対策や飼い主さんの手の洗浄に! teaは、このシリーズのシャンプー&コンディショナーも使っています。真菌はをはじめカビなども除去してくれます。近くに田んぼがあるので、れンあいちゃんをこれで真菌から守ります。
最新トラックバック
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR