真菌対策

ズボラママさんへ

初めてのコメントありがとうございます。 
真菌症でお悩みとの事、 お察しします。 
あいちゃんは、 田んぼの中に落ちたり、 ミミズやカエルやヘビを遊び相手にしていたので、 おそらくは田んぼ経由の感染だったかと記憶しています。 

というのも 22,3年前のお話なので、 記憶があやふやです。 申し訳ありません。 
症状としては、 直径が1~1.5㎝ほどのハゲが足にできて、 それが全身に広がった状態でした。 当時まだれンちゃんは、 きていなかったので、 他に広がることはありませんでした。 飼い主への感染は、 警告されたと思います。 
治療は、 シャンプーと塗り薬です。 内服は、 私が拒否したか?副反応をドクターが心配してやめたか?どちらだったかだと思います。 

シャンプーと塗り薬の名前は、 覚えていません。 ゴメンナサイー
シャンプーは、 特に真菌によいというものではなかったと思います。 シャンプーの回数を増やしてくださいと言われたと思います。

ということで、 もしteaが 今 真菌症に対応するなら・・・ということで、 少し書かせてください。 

仮に塗り薬の名前がわかっても、 20年以上も前のお薬が今も使われているとは思えません。 もっと よいお薬が出ていると思います。 おそらく ドクターが最適のお薬を出してくれていると思います。 内服は、 生後4か月という状況を考えると、 私だったら却下すると思います。 それから真菌を培養して 特定する検査を 依頼すると思います。 タイプのあったお薬を使うためです。

シャンプーですが、 teaは 実はマラセチア毛嚢炎という皮膚病を経験したことがあります。 皮膚にある常在菌の一種が、 気温が上がることで 増殖し、 まるでニキビのような毛穴に添って炎症を起こす病気です。 

この常在菌は、 カビの一種です。 このカビを落とすシャンプーがあります。 右バナーの一番下に コラージュフルフルシャンプーというのがあると思います。 このシャンプーは、 全身シャンプー 毛髪用のシャンプ―、 リンス、 手洗い用泡状フォームとシリーズがあります。 今も使っています。 もう お使いでしたら、 継続されてください。 まだ使ったことがないようでしたら、 使ってみてはいかがでしょうか? カビ(常在菌)を落とす 唯一のシャンプーです。  

ちなみに この全身シャンプーは、 アトピーの方にも よいと言われています。 皮膚科で紹介されたので、 人間用です。

もちろん 猫ちゃんも コラージュフルフルシャンプーで、 洗うといいと思います。 

真菌ではないのですが、 パルボウィルスが長崎で流行った時、 teaは 手洗いをものすごくしました。 そして 室内の消毒を徹底的にしました。 消毒に使ったのは、 ビルコンです。(これも 右バナーに出しています) ビルコンで、 ありとあらゆるところを消毒しました。 玄関の三和土も ビルコンでふきあげました。 

ビルコンは、 真菌にも効果があると言われています。 真菌は、 とってもしつこいので、 もう大丈夫と思っても しつこくお薬を塗ったり、 シャンプーしたり、 徹底的な消毒が大事だと思います。 特にこれからエアコンを使うと思います。 もし真菌がお部屋の中にいたら、 クーラーで真菌を部屋中にまき散らすことになります。 

ですから、 家の中を徹底的に消毒して、 万一エアコンで拡散しても真菌を吸収できるように強力な空気清浄器を置いておくといいと思います。 私なら 空気清浄器のフィルターも洗って、 ビルコンでふきあげます。 空気清浄器の機能もよいものに買い替えることも検討していいかもしれません。 


気の遠くなるような作業が たくさんあると思います。 
でも 一つ一つ やり続けるしか 解決法はないと思います。 
3ヶ月、 半年、 1年単位の治療になると思います。 


気合を入れて、 私だったら お掃除しまくると思います。 
もちろん自分のお掃除も・・・ (コラージュフルフルシャンプーを使って、 全身を洗うという意味です。)
家族の方全員にも お奨めします。 

あんまり 参考になること ないかもしれませんが、 いかがでしょうか? 



れンあいちゃん、 マンマのお答えで よかでしょうか?
えびちゃんも あげますから、 ズボラママさんを応援してあげてね? 

えびちゃん、 どうぞ~


昨日も えびちゃんが、 スーパーにあったので、 れンあいちゃんに お供えしました。 
たくさん 食べてね? 


えびちゃん いっぱい



亡くなったら、 たくさんしてあげたいことがあっても もうできない。。。と思ってしまいます。
生きている時だからこそ、 してあげられることがあると思います。 

消毒は大変かもしれませんが、 がんばってください。
右バナーに出ている、 バイオウィルも真菌の消毒OKです。
そのまま使えるので、 拭きとれない部分などには、 効果的だと思います。 
ビルコンは、 粉末状を水で希釈して使います。 やはり右バナーに出しているスプレーを使うと、 とっても使いやすいです。 
ご存知でしたら、 スミマセン。。。



「がんばってね?」

がんばってね?

 





ぴょん吉さん、 情報ありがとうございます。
大変な毎日が、 現在進行中なのですね?

真菌の内服は、 副反応が強いとは聞いたことがあるのですが、 やはり大変ですね?
塗って塗って塗りまくるとは、 すごいなあ~  さすが、 ぴょん吉さん!と思いました。 

早く よくなるように 祈っています。
がんばってくださいね。


りんさんも ありがとうございます。
やはり 真菌は、 手ごわいですね~
カイカイは、 かわいそうですから なんとかしてあげたいですよね~

皆さんの情報と 思う気持ちがきっと ズボラママさんの 心強い応援になると思います。 

皆さん、 ありがとうございました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ズボラママさん、teaさんやみなさんに教わる事、本当に参考になりますよ。私も治りにくい病気からこちらにたどり着きました。真菌症は未経験なので一緒に勉強させてもらってます。(^-^)

りんさんのペットショップのお話はショックです。確かに売れ残った子達の行く末はは恐くて、情報をあえて入れないようにして来ました。知ってしまうと、自分の力が及ばない事でも悩みすぎて体調を崩してしまうので。だから、昔からペットショップで必要な買い物はしても、売られている子達を見に行く事はありませんでした。かわいそうで。まさか、その子達の親がそんな境遇なんて。なぜ、「命」を売る商売が平気で成り立つのでしょう。
思い出しましたが、小太郎が生まれた時からの獣医師が、ブリーダーから不要になった子を安楽死依頼でもされたのでしょうか、病院がとっくに閉まってる時間なのに一生懸命止めるよう説得してましたっけ。

この世の中、 命 を軽く見すぎです。
悲しすぎます。

No title

昨日、投稿したと思っていたのですが反映されてなくて再度投稿します。

タンちゃんのお子ちゃまは皆、タンちゃん柄ですね。
耳の形は父猫譲りかしら?

猫がまむしの毒に強いということは初めて聞きました。

千葉県の松戸に住んでいた時に生まれた子猫は蜂にさされたみたいで頭が腫れてかえってきたことがありましたっけ・・・。

犬のゴールデンの足が真菌症と診断されたときは、病院も何か所か変えましたが処方された薬では改善されませんでした。

薬で少し良くなっても長くは薬を飲み続けることができないので又ぶりかえしてしまうのです。

マラセブというシャンプーで洗って確か10分ほどそのまま洗い流さずにおいておくのです。

あとバイオチャレンジャーを使ってました。水で2倍に希釈してスプレー容器に入れて使います。ネットで調べると詳しくわかると思います。


コロナウィルスに犯されてしまった猫の飼い主に教えてあげたことがあります。

塩素での消毒も大変になってしまっていて、医師に確認したらバイオチャレンジャーで良いと言われたそうです。

震災後は放射能のこともあり室内でゴールデンを飼っていたのですが特に他の子にうつることもなかったです。

土足状態だったので、敷物はまめに洗濯してました。体が大きいので人間用のタオルケット、毛布、おねしょシートなどです。

それから空気清浄器はダイキンの除加湿できるタイプを使っています。最近、加熱事故などがあったのでどうかと思うこともありますが、加湿の水を処理してから放出するしてくれるのですぐれていると思います。

あと操作パネルにカバーがついているので猫が上に乗っても操作されにくいです。
ミュウ達はそんなことはしなかったのですが、素晴らしい野良猫軍団をかかえているので新しく購入した加湿機能付きのものはカバーがついていないのでチャイルドロックも解除されてしまって電源もオフになっていることがあります。

加湿時は室温が下がり、除湿時は室温があがります。

冬の加湿はわが家ではエアコンを24時間使用してたので、これだけでは間に合わないので濡れバスタオルを何枚も下げてました。

バスタオルをひんぱんに濡らさないと大変なので安い加湿器を購入したら、あちらこちら白い粉が付着して空気清浄器のフィルターも真っ白になってしまいました。

ミュウの酸素室の中はエコ加湿を使用してました。

床に音度と湿度を表示する時計を置いてます。ミュウの部屋は室温25度、湿度50パーセントにするようにしてました。

皆様ありがとうございます

応援メッセージ確かに受け取りました。
有益な情報もいただきありがとうございます。
個々にお礼できず、本当に申し訳ありません…

足りかなった状況報告等を少し書かせていただきますね。
今はお兄ちゃんの楼、下の子の昴、
共に内服はせず、塗り薬とシャンプーはマラセブで経過を見ている状態です。
マラセブに関しては、うちに7歳のワンコもいるため、使用例がありました。
と、いうのも、いつもこの時期になるとマラセチアからの炎症と脂漏症を併発するためです。
ただ、闇雲に昴を洗うわけにはいきませんでした。
シャンプーはストレスになり、ただでさえ小さく免疫力の下りきった昴が別の病を呼ぶかもしれなかったからです。
真菌症が発覚したのは、家に迎えてすぐの4月。
私の住む秋田はまだまだ寒い時期だったので、シャンプーで丸洗いを始めたのは体重がある程度増えた今月からでした。
また、内服も検討はしました。
しかし、かかりつけ医と私の意見が一致し、薬をもらうことはありませんでした。
teaさんのおっしゃっていた通り、内服薬は個体によっては副作用が激しく出るそうで、下痢が多い事例とのことでした。
昴は内臓機能が弱い子で、今は整腸剤と数種類のご飯の調整でなんとか形のある排泄物になっている状態です。
お腹の弱い子に飲ませる薬ではない。と判断しました。

ここまでが私が昴と出会ってから今日までの流れです。
昨日に引き続き長ったらしくなり申し訳ありません。
こちらにコメントを残したのは、きっと弱音を吐きたかったんだと思います。
でも書いてよかった…
また明日通院なので、獣医さんと相談しながら模索していこうと思います‼︎
本当にありがとうございました。
最新記事
お問い合わせ
お便りは、 嬉しく拝見させていただいています。 ありがとうございます。詳細なお問い合わせなどは、 こちらのメールフォームからお願いします。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
甲状腺機能亢進症の記事
このブログに登場するねこちゃん - あいちゃん(24歳)、れンちゃん(21歳:2013年8月永眠)の甲状腺機能亢進症と診断されてからの獣医師の選択、薬剤の検討、飼い主としての心の葛藤などを細かく記事にしています。大変お手数ですが、 下記年月日の記事をお読みくださると幸いです。 甲状腺機能亢進症と診断されても 投薬治療をして管理をすれば、 穏やかな日々を送ることができます。 あいちゃんは、 4年投薬治療をしています。ただ今24歳と半年を過ぎました。 いっしょに頑張りましょう。   記事  2011年11月17日 ~ 2011年12月15日
プロフィール

tea

Author:tea
れンあいちゃんの日常生活のお世話担当、病院担当、看護担当、ごはん調達担当。人間界では、少々テンションお高めのアンチエイジングが気になる世代に所属。好物は、スウィーツ。長崎県時津町(長崎市の隣町)に生息。 

あいちゃん
あい
あいちゃん
白 MIX
1990年2月12日生まれ
(24歳) ♀
お母さんは、ペルシャチンチラ
父不明
【好物】えび ほたて
【好きな場所】人間の膝の上、お外
【趣味】睡眠(現在)
ハンティング(15年前)
【既往症】耳血腫、慢性腎不全、甲状腺機能亢進症、高血圧症、網膜剥離          
れンちゃん
れン
れンちゃん
グレー MIX
1992年8月22日生まれ
21歳 ♀
2013年8月28日(21歳6日)永眠
お母さんはヒマラヤン、
父不明
【好物】アイスクリーム
【好きな場所】ふかふかベッド
【趣味】睡眠(現在)
愛想を振りまくこと(今も昔も)
【既往症】慢性腎不全、甲状腺機能亢進症、高血圧症、心筋症
投薬について
このブログにいらっしゃる方の中には甲状腺機能亢進症のねこちゃんを飼っていらっしゃる方がたくさんいらっしゃると思います。もしご参考になればと思い、あいちゃんの投薬状況をここでご案内しようと思います。甲状腺機能亢進症という病気は、個体差によってお薬の効果やその他の臓器への影響がそれぞれに違うものです。どうぞそのあたりを斟酌してください。皆さんのお宅のねこちゃんが健やかに過ごせますように~
(2014年3月現在) ① メルカゾール(抗甲状腺ホルモン薬)    朝 4分の1錠  夕 8分の1錠 (毎週 火曜日&金曜日  朝 8分の1錠  夕 8分の1錠) ② フォルテコール 朝 夕 2分の1錠 ③ アムロジピン(血圧降下剤) 夕 8分の1錠 以上3点が、甲状腺機能亢進症およびそれに付随する腎不全が影響する病気に対応するお薬です。 それ以外には、 ④ ファモチジン(胃薬) ⑤ タイロシン(抗生剤) ⑥ プリモボラン(蛋白同化ホルモン)貧血対策のお薬です。 ⑦ ポララミン(めまい止め) ⑧ ぺリアクチン(食欲増進剤) 以上8点が日常的に服用しているお薬です。  状況によっては、 制吐剤(プリンペランまたはセレニア)、メトロニタゾール(抗生剤)、アモキシシリン(抗生剤)、デルクリア(下痢止め)など服用させています。 補液は自宅で毎日しています。 サプリメントは、 鉄剤(ヘモテクト)を使っています。  
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
チャーちゃん
チャーちゃん
バイオウィルクリア
パルボウィルス消毒にはこれ!
ビルコン
パルボウィルス消毒にはこれ! 水50倍で希釈して使用します。1回あたりのコスパは断然お得!
複合次亜塩素酸系消毒剤 アンテック...

複合次亜塩素酸系消毒剤 アンテック...
価格:7,050円(税5%込、送料別)

低反発マットベッド
高齢猫ちゃんに安定感のあるベッド
スプレーボトル
ビルコンはこのボトルで作っています(水で50倍希釈)。細かい霧状で万遍なく噴霧できます。
フルプラ ダイヤスプレー(スプレーボト...

フルプラ ダイヤスプレー(スプレーボト...
価格:840円(税5%込、送料別)

ふわふわベッド
あいちゃんが使っているふわふわベッド
かわいいベッド
あいちゃんが使っているかわいいベッド
ヘモテクト(貧血サプリ)
貧血対策サプリメント!鉄剤と鉄吸収を促すビタミンが配合されたサプリです。あいちゃんは毎日服用しています。
PE ヘモテクト 60粒【RCP】【HLS_DU】

PE ヘモテクト 60粒【RCP】【HLS_DU】
価格:3,705円(税5%込、送料別)

体温計はこれ!
れンあいちゃんの体温計は、 これを使っています。
れンあいちゃんの飯台
れンあいちゃんのフードスタンド(飯台)はこれを使っています。↓ 高齢ネコちゃんは、これを使うとごはんを食べるのが楽ですよ♪
あいちゃんのメインディッシュ
あいちゃんのお気に入りのごはんです。粒状なので袋のまま揉んでつぶして供します。
ヒルズ猫用 【k/d】チキン入り パウチ 85g×12

ヒルズ猫用 【k/d】チキン入り パウチ 85g×12
価格:1,890円(税5%込、送料別)

れンあいちゃんのごはん1
れンあいちゃんがたべているごはんです↓
れンあいちゃんのごはん2
れンあいちゃんが食べているごはんです。↓
ブラッシングコーム
アイちゃんのブラッシングは、このコームで! 優しい当たりが気持ちよさそうです。
飼い主さんの手の洗浄に
真菌対策や飼い主さんの手の洗浄に! teaは、このシリーズのシャンプー&コンディショナーも使っています。真菌はをはじめカビなども除去してくれます。近くに田んぼがあるので、れンあいちゃんをこれで真菌から守ります。
最新トラックバック
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR