タンちゃんはママ

タンちゃんは、 授乳中ですので、 とってもおなかがすくのでしょう。
昨日は、 teaもごはんの応援をしました。 

タンちゃん、 teaの手からごはんを食べてくれました。
ずいぶん 慣れたね? 

タンちゃんは、 ごはんを食べると わが仔のもとへ 帰っていきました。
この頃タンちゃんは、 赤ちゃんがいるところから外に出て 一人座っていることが あります。 

タンちゃんママ


タンちゃん、 赤ちゃんのお写真 撮らせてね?


タンちゃんの赤ちゃん


ずい分大きくなりました。 そして 元気です。 よく動いています。 teaのカメラワークが追い付けなくて、 ピンボケになってしまいます
ゴメンナサイー



「ちょっと 重たかってば

ちょっと 重たかって!


「何ばすっと?

何ば、 すっと?


「ママ~ぁ、 助けて――――っ!」

ママぁ、 助けてー


って 感じで とっても 元気です。
かなり やんちゃそうですね~

でも この後は、 ちゃんと タンちゃんが、 あかちゃんのいるところに入って、 授乳タイム~
タンちゃん自身 小っちゃいのに、 ちゃんとお母さんしているんです。 
偉いね~  ホントに感心です。 


授乳タイムは、 動画で どうぞ~

[広告] VPS




タンちゃんは、 お向さんと お隣さんを行ったり来たりして、 ごはんをもらっています。 
tea家は、 もっぱら タンちゃんの おトイレ場と化してます。 

昨日の朝は、 お隣さんからもお向さんからもごはんをもらえなかったようで、 teaがゴミ捨てに出たら、 ずっと追いかけてきました。 
自分の栄養も 赤ちゃんの栄養も摂らなきゃいけないから、 おなかもすくのでしょう。 

立派なお母さんに ご褒美です。 
れンあいちゃんにお供えしたごはんを あげました。 

いいよね? れンあいちゃん~ 



タンちゃんは、 ずいぶん慣れてきてくれました。
写真を撮るのは、 どうかな~?と 控えてきましたが、 タンちゃんは ご覧の通り 「どうぞ~」という感じでした。 

生まれた翌日は、 気が立っていたのでしょうね~
フーハーされたので、 何かあってはいけないと思って あまり見に行かないようにしていました。

でも teaが、 我慢できずに毎日見に行くので、 タンちゃんは 慣れたようです。 
ただ  赤ちゃんは、 teaが行くと お鼻をふくふく動かして どうもニオイチェックしているみたいです。 
この世に生を受けてまだ2週間も経たないのに、 本能ってスゴイなあ~って思います。 

れンあいちゃんも こんなに小さかったのよね~と改めて 思っています。 


ごっちゃさんへ

実は、 あいちゃんはマムシに2回噛まれました。 
1回目は、 右前脚の足首付近を噛まれました。 あんまり舐め舐めしているので、 どうしたんだろう?と思って、 左右の前脚をそろえてみたら、 右が左の2倍に膨らんでいたのです。 どうしたの?と思った その瞬間、 なめていた箇所の肉がボソッと落ちました。 噛まれた組織が壊死して 落ちてしまったのです。 

もうビックリして、 獣医さんに飛んでいきました。 
ドクターは見るなり、 「あー マムシば いろうて やられたばいね~(あー マムシを触って やられたのね?)」と一言! 
「大丈夫! 死なんけん心配せんでよかよ~」と言いながら、 ものすごく でっかい注射を2本されました

次の日ぐらいまで グッタリしていました。 さすがにつらかったようです。 

でも また その3か月後ぐらいにお口の横を噛まれました。 こんどはお顔の右側だけ腫れているので、 おかしくて 思わずあいちゃんのお顔を見ては、 プッとふいていました。 それは あいちゃん的には とても傷ついたようでした。 

その時の獣医さんには、 ねこはマムシぐらいの毒では死なないと言われました。 ハブも大丈夫! キングコブラになると ちょっと自信がないとおっしゃっていました。 

でも 場合によっては、 死ぬこともあるらしいので、 気をつけてください。 


真菌症は、 暗室に入って 光の反射で 判断していました。 しつこいですね~ 3か月強かかったような覚えがあります。 
 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

タンちゃん、目がまだかわいそうですね。
なんか、見てると心配です。
子猫達も、あと、一週間もすれば箱の穴からよじ登る事出来ると思います。不思議なもので、一匹が出来ると他の仔も真似します。そうなれば、車の出入りで危険はないのでしょうか?実際、家の敷地内で子猫を死なせてしまった方もいます。
本当は子猫ごと家の中にあげてしまうのか一番なんですが…ご近所さんに口出しはなかなか出来ませんし…その、ご近所さんが猫の習性をわかってる方なら良いのですが。
小太郎の時を思い出します。猫の保護って本当に難しいと思います。
ご近所の方が、最後までこの子達の行く末を考えてくださる方である事祈るばかりです。
いずれ、箱の外に出れるようになるのは時間の問題です。子猫達だけでも室内にあげて欲しいと思いますが。
タンちゃん、頑張ってね。
遠くで見守る事しか出来ない自分がはがゆいです。

タンちゃんの子猫、そうですね、出来れば早くお家にいれてほしいですね。
昨夜も田代島の子猫がカラスに襲われないように親猫が守ってるのをTVで観ました。

あいちゃんすごい!
2回もマムシに噛まれてたなんて!
もう最高で最強です♪(v^_^)v

初めまして

ずっと読ませていただいてます。
私にとっては参考書のような存在です。
いきなり初コメントで申し訳ありません…
我が家には3歳になる茶トラネコと
今年新たに迎えたトンキニーズの子猫がおります。
上の子は保護ネコをもらいうけました。
下の子は一目惚れでペットショップから連れてきました。
その下の子なのですが…
連れてきてから病気が出るは出るは…
ワクチン接種してるにもかかわらず
ネコ風邪、耳ダニ、真菌症…
あげく小さすぎて風邪をこじらせ肺炎に…
獣医さんにあの時は死ぬのを覚悟したっ言われました。
小さすぎる子へのワクチンは風邪をひかせる原因になるそうです。
今は風邪も耳ダニも落ち着きましたが、しつこいのはあいちゃんもかかったことのある真菌症…
お兄ちゃんにもうつってしまい、
私まで腕にもらい、ただいま四苦八苦の連続です…
長い前置きになりまして申し訳ありません…
なにか、特別こんなことをした。
など、参考になりそうなことがあれば教えていただきたいのです…
今は塗り薬とシャンプーで対応しています。
生後4カ月、体の小さい1.5キロの子です。
なにかありましたらお知恵を授けてください…

No title

タンちゃん親子、可愛いですね~。
こんなに近づいたり動画をとっても大丈夫とはteaさんは
信頼の見守り隊ですね。

私も昨日のネコちゃん2時間スペシャル見てたので
「カラスのやつ~~(ー_ー)!!」って感じでハラハラドキドキでした。
野良さんの子猫ちゃんが生き抜くのは過酷ですね・・・。

ズボラママさん、子猫ちゃんとの素敵なご縁があった様ですが
いろいろご心配ですね。
私はまだまだですが「おたっしゃくらぶ」の方たちは経験豊富で
優しい方達ばかりなので、何かいい対策見つかると良いですね。
小さい子で、いろいろ心配だと思いますが頑張って下さい!

No title

タンちゃん、子育てがんばってますね。
お目目がかわいそうな感じなので、
早く治るといいなぁと思います。

子猫ちゃんは、
お隣さんかお向かいさんのお家の子になるのでしたよね。
タンちゃんごと、お家に入れて頂けるとよいのですが・・・
とにかく、皆が無事に過ごせるよう祈ります。

ズボラママさん、大変ですね。
うちは耳ダニや真菌症にはなったことがないので、
特別なにかお力になれることがなく申し訳ないのですが、
teaさんはじめ、頼りになる方がたくさんいますので、
きっと良い方法が見つかると思います。
頑張って下さいね。

No title

タンちゃんママ頑張ってますね
ご近所皆さんの協力もタンちゃんママには心強いのでしょうね
親子で幸せになってほしいですね

フードを切り替えるため尿検査の日でした
ぴょん吉さんに教えていただいたウロアウトを飲ませているので自信はありました
結果はバッチリvでストルバイトケアからphエイドに替えることができました
ありがとうございました
ここにくるとイロイロ教えてもらえて助かります
ズボラママさんにも参考になるお話が出てくると思います
私はまだまだ未熟者で何の情報もお伝えできず申し訳ない
真菌症が早く良くなるとイイですね

No title

タンちゃんと赤ちゃん、良い形での保護ができるといいのですが...。
ご近所さんだけにどこまで介入するかは難しいところですね。
タンちゃんの目が感染性のものだったら、子猫ちゃんにも移ります。
他の病気も心配だし、事故も心配だし...、
近くで見ているteaさんは歯痒くてしょいがないでしょうね。
まずは無事な成長を願っています。
気になるのでまた様子を教えていただきたいです。

ごっちゃさん
遅くなりましたが、ミュウちゃんのご冥福をお祈りします。
とことんまで向き合ったからこその今のお気持ちでしょう。
本当にお疲れ様でした。
あちらでの仲間が増えていくのは悲しいですが、
いつかまた会えると信じています。
ミュウちゃん、ごっちゃさんを見守っていてくださいね。

komanekoさん
ウロアクトの効果があったようで良かったです!
石ができやすいのは体質も大きく関係しているそうなので、
今後も落ち着いているといいですね。

ズボラママさん
真菌は人間の水虫と同じでピンポン感染するのでやっかいです。
6年前に亡くなったビビがいた頃、我が家も真菌に悩まされました。
入院していたビビが退院してから、耳が真菌でただれました。
そしてナムルとコムタンにも感染しました。
人間用の塗り薬も含め何種類もの抗真菌薬を使いましたが、
どうもすっきり治りませんでした。
それでも同じ抗真菌薬でも、それぞれの薬には
効果に差があった覚えがあるのですが、
どれが良かったのかは忘れてしまいました。
とにかく塗る、塗る、塗る!ひたすら塗る!
塗り薬としてはそれしかないと思います。
最終的に我が家はルフェヌロンという内服薬を使いました。
抗真菌薬ではないのですが、
この薬の持つキチン質を壊す働き(だったような...)が、
キチンで出来ている真菌の細胞膜に効果があるそうです。
他にトリブリッセンというのも使ったのですが、
これは苦味?があるようで、ナムルもコムタンも
内服後に泡を吹いて暴れまくり大変でした。
あまりの形相にとても怖かったのを覚えています。
ルフェヌロンはなんの問題もなく飲ませられたはずですが、
あまりに以前のことでハッキリしなくてごめんなさい。

いまナムルも抗真菌薬を使っています。
インスリンを使うようになってから時折耳が赤くなり痒がり、
脱毛をするようになりました。
その度に検査をしているのですが、何の菌も検出されず、
対処的にステロイドの軟膏を使っていました。
1〜2度塗ると快方に向かうのですが、また忘れた頃に同じことが起こります。
先生はずっと調べてくれていたのですが、
1例だけインスリンの副作用による同様の症状の猫がいたそうです。
であればその都度対処するしかないと思っていたのですが、
10日ほど前の夜、突然にガバッと起きたと思うと
気が狂ったように掻きむしり始めました。
どうにも痒くてたまらないようで、血だらけになるほどに掻くのです。
今回の検査でも何の菌も見つからず、苦肉の策で
「真菌は見つからないけれど、使ってみましょうか」と
動物用ウェルメイトL3が出されました。
これは抗菌剤、抗真菌剤、ステロイドが一緒になっている薬だそうで、
たった1回の塗布で赤みも引き痒がりもしなくなりました。
今週末まで1日に1回の塗布を続けますが、
いまナムルの耳には新しい毛も生えてきていて
このまま良くなりそうな気がしています。

いずれにしてもこれは我が家での場合なので、
これらの薬の選択肢があるのかどうかは
主治医の先生と相談してみてくださいね。









No title

私もペットショップで迎えた子が病気だらけで、
生死の境をさまよわせてしまったことがあります。
真菌は、塗り薬に注射に薬浴と徹底した消毒、
免疫を上げるフードや着替えや手洗い…
何とか完治させましたが、やったことのうちどれが効果があって
どれが効果がなかったのかわからないくらい検証せず一気に
やってしまったので、詳しいアドバイスなどもできず申し訳ないです。

ペットショップで迎えたことのある私ですが、
今後はもうペットショップから迎えることはありません。
迎えた仔のお母さんお父さんは、繁殖猫として
劣悪な環境で監禁されロクにごはんももらえず
排泄物の処理もされず、ボロボロになるまで
出産させられ続け、使えなくなったら冷蔵庫に入れたり
埋めたりするそうです。以前は保健所が堂々と
業者からいらなくなったり売れ残った犬猫を大量に
引き取り処分していたそうです。

今は引き取らないところが増えたため、近頃ニュースでも
見かけるような山に大量遺棄ということが起きだしたみたいです。
今はもうそれを知ってからペットショップに
立ち入ることができなくなってしまいました。
全員助けてあげることもできず、ただただ悲しい気持ちに
なってしまうので…

上記のことが、杉本彩さんのHPでわかりやすく
可愛らしい動画やイラストで説明されていました。
関心のある方はご覧になってくださると嬉しいです。
http://www.eva.or.jp/pets
生体販売は、別の方向にシフトしていってほしいです。

タンちゃんとタンちゃんの赤ちゃんたち、心配ですね。
teaさんがあれこれとご近所さんに言うわけにもいかないし、
現状ご近所さん次第ですね、心配ですがうちの近辺よりは
良い環境のようなのでそれが救いです。

ただこたママさんのおっしゃるように車だけは本当に
こわいですね。うちの近所ならば、ある程度たったら
子猫を保護し里親を探し、お母さん猫は避妊手術して、
状態や状況によってリリースしたり保護したり里親を探したりしています。

首都圏で、猫を嫌う方が多く、手術しなければ産んでも産んでも
虐待や事故や病気などで苦しむ仔が増えるばかりの
地域なのです(涙)teaさんのご近所さんは優しい方でよかったですが、
うちの近辺ではエサをやるだけやって、子猫が増えても
引き取ることもせず病気になっても轢かれていても知らん顔で、
もっとひどいと産まれたら赤ちゃんをゴミ袋に入れて捨てたり、
お母さんと赤ちゃんごと保健所に持ち込んで処分依頼したり
ということがあったみたいです。

タンちゃん、今回の子猫ちゃんは引き取って下さる
みたいでよかったですが、次産んだ仔たちまでは
そうはいかなさそうなので、子猫を引き取る方が
避妊手術を受けさせてくださったら良いなぁと思いました。
最新記事
お問い合わせ
お便りは、 嬉しく拝見させていただいています。 ありがとうございます。詳細なお問い合わせなどは、 こちらのメールフォームからお願いします。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
甲状腺機能亢進症の記事
このブログに登場するねこちゃん - あいちゃん(24歳)、れンちゃん(21歳:2013年8月永眠)の甲状腺機能亢進症と診断されてからの獣医師の選択、薬剤の検討、飼い主としての心の葛藤などを細かく記事にしています。大変お手数ですが、 下記年月日の記事をお読みくださると幸いです。 甲状腺機能亢進症と診断されても 投薬治療をして管理をすれば、 穏やかな日々を送ることができます。 あいちゃんは、 4年投薬治療をしています。ただ今24歳と半年を過ぎました。 いっしょに頑張りましょう。   記事  2011年11月17日 ~ 2011年12月15日
プロフィール

tea

Author:tea
れンあいちゃんの日常生活のお世話担当、病院担当、看護担当、ごはん調達担当。人間界では、少々テンションお高めのアンチエイジングが気になる世代に所属。好物は、スウィーツ。長崎県時津町(長崎市の隣町)に生息。 

あいちゃん
あい
あいちゃん
白 MIX
1990年2月12日生まれ
(24歳) ♀
お母さんは、ペルシャチンチラ
父不明
【好物】えび ほたて
【好きな場所】人間の膝の上、お外
【趣味】睡眠(現在)
ハンティング(15年前)
【既往症】耳血腫、慢性腎不全、甲状腺機能亢進症、高血圧症、網膜剥離          
れンちゃん
れン
れンちゃん
グレー MIX
1992年8月22日生まれ
21歳 ♀
2013年8月28日(21歳6日)永眠
お母さんはヒマラヤン、
父不明
【好物】アイスクリーム
【好きな場所】ふかふかベッド
【趣味】睡眠(現在)
愛想を振りまくこと(今も昔も)
【既往症】慢性腎不全、甲状腺機能亢進症、高血圧症、心筋症
投薬について
このブログにいらっしゃる方の中には甲状腺機能亢進症のねこちゃんを飼っていらっしゃる方がたくさんいらっしゃると思います。もしご参考になればと思い、あいちゃんの投薬状況をここでご案内しようと思います。甲状腺機能亢進症という病気は、個体差によってお薬の効果やその他の臓器への影響がそれぞれに違うものです。どうぞそのあたりを斟酌してください。皆さんのお宅のねこちゃんが健やかに過ごせますように~
(2014年3月現在) ① メルカゾール(抗甲状腺ホルモン薬)    朝 4分の1錠  夕 8分の1錠 (毎週 火曜日&金曜日  朝 8分の1錠  夕 8分の1錠) ② フォルテコール 朝 夕 2分の1錠 ③ アムロジピン(血圧降下剤) 夕 8分の1錠 以上3点が、甲状腺機能亢進症およびそれに付随する腎不全が影響する病気に対応するお薬です。 それ以外には、 ④ ファモチジン(胃薬) ⑤ タイロシン(抗生剤) ⑥ プリモボラン(蛋白同化ホルモン)貧血対策のお薬です。 ⑦ ポララミン(めまい止め) ⑧ ぺリアクチン(食欲増進剤) 以上8点が日常的に服用しているお薬です。  状況によっては、 制吐剤(プリンペランまたはセレニア)、メトロニタゾール(抗生剤)、アモキシシリン(抗生剤)、デルクリア(下痢止め)など服用させています。 補液は自宅で毎日しています。 サプリメントは、 鉄剤(ヘモテクト)を使っています。  
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
チャーちゃん
チャーちゃん
バイオウィルクリア
パルボウィルス消毒にはこれ!
ビルコン
パルボウィルス消毒にはこれ! 水50倍で希釈して使用します。1回あたりのコスパは断然お得!
複合次亜塩素酸系消毒剤 アンテック...

複合次亜塩素酸系消毒剤 アンテック...
価格:7,050円(税5%込、送料別)

低反発マットベッド
高齢猫ちゃんに安定感のあるベッド
スプレーボトル
ビルコンはこのボトルで作っています(水で50倍希釈)。細かい霧状で万遍なく噴霧できます。
フルプラ ダイヤスプレー(スプレーボト...

フルプラ ダイヤスプレー(スプレーボト...
価格:840円(税5%込、送料別)

ふわふわベッド
あいちゃんが使っているふわふわベッド
かわいいベッド
あいちゃんが使っているかわいいベッド
ヘモテクト(貧血サプリ)
貧血対策サプリメント!鉄剤と鉄吸収を促すビタミンが配合されたサプリです。あいちゃんは毎日服用しています。
PE ヘモテクト 60粒【RCP】【HLS_DU】

PE ヘモテクト 60粒【RCP】【HLS_DU】
価格:3,705円(税5%込、送料別)

体温計はこれ!
れンあいちゃんの体温計は、 これを使っています。
れンあいちゃんの飯台
れンあいちゃんのフードスタンド(飯台)はこれを使っています。↓ 高齢ネコちゃんは、これを使うとごはんを食べるのが楽ですよ♪
あいちゃんのメインディッシュ
あいちゃんのお気に入りのごはんです。粒状なので袋のまま揉んでつぶして供します。
ヒルズ猫用 【k/d】チキン入り パウチ 85g×12

ヒルズ猫用 【k/d】チキン入り パウチ 85g×12
価格:1,890円(税5%込、送料別)

れンあいちゃんのごはん1
れンあいちゃんがたべているごはんです↓
れンあいちゃんのごはん2
れンあいちゃんが食べているごはんです。↓
ブラッシングコーム
アイちゃんのブラッシングは、このコームで! 優しい当たりが気持ちよさそうです。
飼い主さんの手の洗浄に
真菌対策や飼い主さんの手の洗浄に! teaは、このシリーズのシャンプー&コンディショナーも使っています。真菌はをはじめカビなども除去してくれます。近くに田んぼがあるので、れンあいちゃんをこれで真菌から守ります。
最新トラックバック
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR