動物病院の費用

なるとのママさんから 昨日 このようなコメントがありました。

今日は検査の日でした。前回計れなかった血圧を計りました。高血圧でした。甲状腺の値もみて 薬を増やすかどうか考えましょうということでした。
ところで診察料金を見てびっくり!! いつもは27000円位なのに今回は4万!! 何がどうなったのかと帰宅後見ましたら 甲状腺の検査項目が2から4項目になっていたのと 血圧測定で3000円も取られていたのと。甲状腺は4項目で2万円です。これって言えば2項目にしてもらえるのでしょうかね。一言の説明もなく急に4項目検査になっていて驚きました。この検査料金は普通ですか。



以前から 動物病院の診察代についても 少々触れてみたいと思っていたところに、 なるとのママさんからの コメントでしたので、 今日は そのことについて 書いてみたいと思います。 


まず なるとのママさんに お返事を!
高血圧だったということですが、 初めてで興奮していることも 少し考慮に入れてみないといけませんね?

あと数回 計って やはり高い (150以上)のであれば、 治療(血圧降下剤ーアムロジピン)を始めた方がいいでしょうね? あいちゃんのように網膜剥離など起こさないようにしてください。 私が一番あいちゃんに対して申し訳ないことをしたと思っている 血圧治療の遅れにならないようにと願っています。 

そして 診察代については、 今日の記事とさせていただきます。


動物病院の診察代は、 「言い値」です。 各動物病院の任意で決められています。 
ですから 言われた額を 飼い主さんは、 有無を言わず お支払せざるをえませんね?

さて なるとのママさんが、 書かれている甲状腺の検査項目ですが、 れンあいちゃんの 甲状腺検査は、 最初の病院では、 2項目でした。 T4とFT4です。 



「マンマ、 びょーいん? あいちゃん、 ゆーつ ばい~」

びょーいんは、 ゆーつ


なるとのママさんは、 T3とFT3も加わって 4項目になったのではないでしょうか? 
それぞれの項目の意味は、 専門的になりますのでここでは割愛します。 

甲状腺の検査は、 外注検査です。 (最近は院内検査できる機械を導入している動物病院があります。)
なるとのママさんは、 どちらの検査機関に出されたか?主治医にお聞きになられたでしょうか? 
私は、 最初はいくつか主治医が試したのですが、 最終的には 主治医も血液の専門医も モノリスに検査を出すようになりました。 

その検査機関モノリスの論文には、 以下のような表記があります。


診断
1.T4上昇(T3の測定はほとんど意味がない)
2.T4が上昇する前に甲状腺に小結節を触診できる可能性がある。
小結節を触診できたのもかかわらずT4が上昇してない場合は、3-6ヶ月毎か、あるいは甲状腺ホルモン過剰による臨床所見が認められた場合にT4を再検査する。
3.時々、甲状腺機能亢進症でありながら採血時の検体ではT4が正常値を示すことがある。
この現象は軽度甲状腺機能亢進症でよく見られる。よって、臨床所見が甲状腺ホルモン過剰状態(甲状腺中毒症)に起因していることが強く疑われる症例の場合は、状況によっては再検査する必要がある。甲状腺ホルモンのより顕著な変動は数時間後ではなく数日後に生じるので、再検査は数日から数週間後に実施されるべきである。
また甲状腺とは関係のない病気を併発することによって、甲状腺機能亢進症が存在しているにもかかわらず、T4が参考正常値範囲内の高値領域に留まっている可能性がある。よって非甲状腺疾患の治療後に症状が残っており、その症状が甲状腺中毒症に一致すると思われる症例、あるいは投薬を止めた症例ではT4が高値となる可能性があるためT4を再検査する必要がある。

甲状腺機能亢進症が疑われるが、数回の検査にもかかわらず基礎T4値が常に参考正常値範囲内にある場合、追加検査として次に挙げる4種類の検査が考えられる。

1.T3抑制試験

a. テストの原理:
下垂体-甲状腺軸が正常である場合、T3補充によって下垂体-甲状腺軸に抑制効果が見られ
るはずである。すなわちT3は下垂体のTSH分泌を抑制し、TSHの濃度低下によって甲状腺の
T4分泌が低下し、結果として血中T4レベルが低下する。
b. 試験方法ⅰ. 基礎T4値測定
  ⅱ. 2日間、8時間毎にT3製剤(25μg)を投薬し、3日目の朝、最後の投薬(7回目)を行う。
  ⅲ. 朝最後の投薬終了後、4時間経ったところで採血しT3とT4を測定する
  ⅳ. 正常な場合。    T4値は投薬前の50%未満に抑制されている。


読みたくないかも?(笑) 論文って 難しく書こうと意地悪しているかのようにteaのような凡人には感じます。 

要は、 甲状腺機能亢進症の検査は、 T4でいいよ~ って 言っています。 何回検査しても T4は低いけど、 症状は甲状腺機能亢進症だよ~っていう場合は、 T3も測ったら? と書いてあるようです。 


あいちゃんを最初に検査した病院は、 内科治療は素人のようなものでしたから、 教科書通りのT4・FT4の検査で、 検査代も7000円前後だったと思います。 

その後 今の主治医に代わって、 いくつか検査機関を試しました。 人間の検査機関でも試しました。 動物専門の検査機関も 人間の検査機関も あまり数値に変わりがありませんでした。 

しばらくは、 検査料が安かった人間の検査機関を使っていました。 もちろん検査項目は、 T4のみ! 検査代は、 2700円ぐらいだったと思います。 

その後 人間の検査機関が、 需要が多いと見込んだのか? 動物部門を立ち上げました。 そして 動物専門の検査機関とあまり変わらない検査料に変わったと思います。 

そして血液専門医での検査機関と主治医との検査機関は、 モノリスで統一するようにしました。 
血液専門医の病院では、 モノリスの検査代が、 3800円ぐらいです。 (T4のみ)




「血圧測定は、 好かん! おしっぽば キュッってされるとやもん。。。」

けつあつそくていは、 好かん~



1回だけ 血液専門医のドクターが、 FT4の測定を提案したことがありました。 それは、 あいちゃんのT4の値があまりにも低くて、 私が検査の信憑性を疑ったからです。 もし検査結果に瑕疵があれば、 FT4と反対の数値(T4とFT4は、 同様に高い数値を示す、 T4が高くFT4が低いということはない)を示せば、 検査の信憑性が薄れるということです。 

結果的には、 検査は正常とみなされました。 ですから 基本的にはT4のみで十分だと思います。 何かがあれば、 FT4またT3の検査もありでしょう。 

なるとのママさんのねこちゃんが、 今回 何か気になることがあって、 4項目検査されたのか? お聞きになっていいと思います。 そして 検査の前に 説明してくださいと おっしゃることもOKだと思いますよ~


ちなみに れンあいちゃんの主治医の病院は、 1頭当たりの再診料が540円です。 再診料には、 聴診器による診察・触診・体重測定・血圧測定・口腔内の目検・場合によって検温 が含まれています。 
目の検査などは、 別料金です。 

血液専門医は、 700円です。 これは 何頭でも700円です。 ですから れンあいちゃん2頭でも700円です。 
聴診器による検査は、 あまりしませんでした。 体重もアバウトー計るときもあれば 計らない時もあり。 血圧測定はしません。 検温は状況によってします。 治療の目的が、 貧血治療に特化していたためでもあります。

それから病院での点滴は、 病院によって1500円(税別)と2000円(税別) の病院があります。 
主治医の病院では、 点滴は2000円です。 カリウムやビタミンを追加してもらっても点滴料金は変わりません。 点滴の量が多くても少なくても 同じ料金です。 

血液専門医の病院では1500円でした。

検査費用は、 1項目500円です。 腎不全チェックは、 必ずしますからBUN・クレアチニンで1000円です。 T4は肝酵素と密接な関係があるので、 さらに3項目プラス、 そして血球検査が加わりますから、 やはり検査代の負担は大きいと思います。 



「アタシは、 けつあつそくてい は、 どーもなかばい! 」

けつあつそくていは どーもなかばい



長くなりました。。。 ゴメンナサイー

teaは、 地方在住ですので、 そのあたりは 斟酌してください。
 


それぞれのお住いの地域での 料金基準が、 ひょっとしたらあるかもしれません。 

もし この記事をお読みの方で、 こちらでは こうですよ~ という情報が ありましたら、 ぜひ コメントいただけないでしょうか? 


検査内容の説明や料金の説明は、 獣医師の責任と義務だと思います。 この辺りがぼんやりしているドクターは、 ちょっと信頼に欠けるかも? 

病院代は、 高いから悪いわけでもなく 安いからいい病院という評価でもないと思います。 
少々 高くてもきちんと対処してくれる腕のよいドクターにかかりたいと思います。 でも 法外な料金は、 NGです。 

ノラ猫さんは、 半額、 飼い猫さんは、 満額という病院もありますね?  ここでの基準は、 飼いネコさんということで
考えてみたいと思います。

あいちゃんの 毎月の医療費が、 気になる方もいらっしゃるでしょうね? 
参考までに お薬・点滴・針・カリウム・ミヤリ菌などのサプリメントが、 だいたい55000円。 ダルベポエチン・検査費用などの治療費が、 45000円。 ざっと10万円/月かかっていました。 もちろん これ以外に ごはん・ペットシーツ・鉄剤などのサプリなどがかかります。 

終末医療を 力いっぱいすれば、 このくらいの金額が必要になります。 我が家は20年間、 元気でいてくれたので、 最後まで できる限りのことを物心両面でしたつもりです。 あいちゃんが 小さいころは、 医療保険がありませんでしたので、 全て手出しです。 

小さいうちから医療保険に入る必要は、 ないかもしれませんが、 高齢になるほど保険の掛け金も高くなりますから、 壮年期(4~5歳)くらいに 医療保険に入っていた方がいいのかも?なんて 考えることもあります。 

しかし これは結果論ですので、 なんとも・・・



「アタシは、 びょーいんでは おとなしく しとったとばい。。。」

おとなしく しとったとばい


高齢さんの病院代は、 かかります!  それでも teaは、 「あいちゃん、 な~んも 心配せんで よかよ~  マンマは、 お金持ちやけんね~」って いつも 言っていました(笑&大汗)

病院帰りの お財布は、 空っぽなんてことも!   無駄な出費を 一生懸命 削りました。 それでも 治療費を 惜しむ気持ちにはなりませんでした。 

だって 治療が必要になるほど 長生きしてくれて、 teaのそばにいてくれているのですから~  そして健気に治療を受けて お薬もちゃんと飲んでくれている れンあいちゃんに 治療費を惜しむ気持ちなんて これっぽっちも おきませんでした。


 
今日は、 とっても長い記事 - 最後まで 読んでくださって ありがとうございました。 

コメント よろしくお願いします。 
(できれば、 支障のない限り お住いの地域(県名など)をあげていただくと ありがたいです)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

詳しい説明ありがとうございます。
今は手元に明細がないので 帰宅後また検討してみます。
猫ちゃんの診察料については ネットでも質問がなされていますが
なかなかこれといった回答がありませんで やっぱりここしかない!!とteaさんを頼りにしてしまいます。

あともうひとつ質問、セミントラは高血圧の薬とも聞きましたが それを飲んでいても血圧を下げることは出来ないのでしょうか。

甲状腺の検査結果を後日電話で知らせてくれるので その時になぜ4項目検査にしたのか聞いてみます。

お忙しい中 いつも質問に丁寧に答えて頂き とても有り難く 感謝してます。ありがとうございます。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

こんにちは。
うちの心臓病のあるポテトは、血圧が高めなので、毎月診察時に血圧測定しています。
血圧測定料は\800/回+消費税です。
(再診料が\1,000ですので、teaさんが書かれていた再診料と比べると全体的に少し高めの料金設定かもしれません。)
病院は東京下町にあります。

なるとのママさんが書かれていた血圧測定料\3,000は高くてびっくりしました。

うちは世田谷区の病院ですが
かなり古くからある病院なので
初診料とか再診料とかのしゃれたものはありません。
血液検査はクレアチニンやグルコースや血球、GPT など基本10項目で5000円。
これは院内で結果がでます。
甲状腺は外注でT4だけで3000円。
体温測定と体重測定、触診でしこりなど見てもらったり、聴診器あてたり
簡単に歯石を取ってもらったりはただです。
でも10年以上みてもらっているからかもしれません。
ちなみにそこで大学病院を紹介してもらった時は
基本的血液検査と甲状腺(その場で結果でました)と心肥大なので心臓エコーと
のどのエコー(甲状腺が腫れていたので)で2万円でした。

No title

今晩は。
我が家は、2年前まで渋谷区の大きな動物病院と、世田谷区で長くやっている獣医科病院にかかっていました。
ややお高めという印象の渋谷区の病院では、1匹の甲状腺(ここではFT4のみで外注)と、肝臓等の複数の検査項目、そしてお薬(メルカゾール、ガスター、プロナミド、プリンペラン、ステロイド等)を含めても、18.000円でした。
世田谷の古くからの獣医科病院でも、1万円を超えることはめったにありませんでした。
現在通っている世田谷の獣医師は、外猫は飼い猫の半額です。いつも複数の外猫の薬代と、うちの中の猫の検査と薬代(輸液セットを含む)を入れても、1万円を超えることは、少ないです。

No title

あいちゃん、れンちゃん、マンマさん、こんばんは。

私が通っている病院は、
検査代は、明細や猫用家計簿を見てみないとわかりませんが、
甲状腺の検査2項目で、6~7千円くらいだったような気がします。

あとは、再診料1000円、病院での点滴2500円、
甲状腺のお薬2週間分で2000円、という感じです。
簡単な触診の時は、お薬代だけでいいよって言われるので、
再診料は取られていません。
お薬もない時は、まったく料金が発生しないこともあります。

No title

今回も貴重なお話ありがとうございます
動物病院の金額は本当にマチマチえ困りますよね
うちは大阪南部ですが通っている病院は高めという噂です
(大阪は北部の方が何かとお高めらしいです)
まず近いところとに通ってみるのが私の選び方です
再診は¥500で3種ワクチンは¥4000でした
尿検査はPHと糖など¥1000と顕微鏡検査で¥1200
健診セット(触診や検温など)¥3200でした

実家(超田舎しかも昭和ですよ)にいたころ最後に飼っていたコは入院させてしまい
数日で¥170,000くらいでした
大変驚きました
最初に料金を聞かなかったのもいけなかった
聞きにくい雰囲気もありましたし
何より看取ることを任せてしまったのがいけなかった

私たちの判断でネコさんの最期を決めなければならない場合があります
出来ることと出来ないこともあります
そのためにも料金は大事ですね
こういうお話ができるところは素晴らしいです
有難いですね

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

こんばんは。
福岡市内の郊外の病院にかかっています。

初診料1000円、再診料500円で、聴診器による診察、触診、体重測定、爪切り、肛門腺絞り(これはしたことはありません)が含まれます。
血液検査はHCT、TP、BUN、Creの4項目で2,000円、皮下輸液2,000円、フォルテコール14錠で2,100円がルーティンです。
一度ネフガードを処方されましたが、14粒で1,000円でした。ネットショップの方が送料を考えてもはるかに安いので、病院では購入していません。

私の場合、会社員ですので、病院にかかる条件としては、土日とも開いていることが必須なのですが、最近は多くなりましたね。特に現在かかっている病院は年末年始の5日程度以外は無休なので助かっています。ただし、開院日数が多いのでその分の人件費は診療費に転嫁されているのだろうと思っていましたが、皆さんのコメントを読むと、平均的な価格のようで意外でした。

診療費の比較などはなかなかできることではありませんので、今回私も資料になればと思いコメントしました。

医者と飼い主が対等な関係になるには、飼い主の勉強や努力が必要なのだと改めてteaさんの記事を読み、感じています。
いつもありがとうございます。

こんばんは 板橋区のドクターと看護師さん1人の新しい病院です。再診料は600円。血液検査はT4,クレアチン等含む15項目ほどで6,500円。点滴1,600円。甲状腺のお薬は5,000円/月(1/4錠)。 年1回の検診のエコーは3,000円, 血液検査T4含んで13,000円等々です。再診料に血圧は含まれません。今日はアマゾンで仕入れた聴診器を持っていって使い方を教えていただきました。指導料は取られてませんでした。眼球もライトで診て貰い、目ヤニ取りも爪のチェックも再診料に含まれているようです。 本当にまちまちなんですね。とても参考になります。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

こんばんは。
病院は江戸川区です。
月〜土、日・祝も開いていて、夜間対応も出来るだけしてくれるようです。

料金ですが、初診料¥1,000、再診料¥400、
血球検査が¥1,000、その他の血液検査が1項目¥500、T4検査(外注:アイデックスラボラトリーズ)¥5,500、
皮下点滴¥1,500、メルカゾールは1錠¥100円計算で、現在は1/3、1/4・1日2回で30日分で¥2,250です。
血球検査とCre,Bun以外はその時の体調によって選択しています。

余談ですが、先日、朝日新聞出版・AERA MOOKの「動物病院 上手な選び方」
という雑誌を購入しました。
東京・神奈川・埼玉・千葉の600病院のデータが載っていて興味深かったです。病院は行ってみないとわからないと思いますが、参考程度にはなるかも、と思いました。

うちの仔は、甲状腺機能亢進症と腎不全での通院の診察料金になります。
2つの病院で診てもらっていますが、かなり料金に差があります。

Aクリニック(すべて税込)
東京都江東区
再診1080円
T4,FT4合わせて、15120円(外注検査)
(事前にFT4は海外での検査になるため、この金額になると説明あり)

血圧測定840円
エコー(腹部)5400円、レントゲン(胸部、腹部)10800円、フォルテコール1日1回200円

Bクリニック(すべて税抜き)
東京都足立区
ここは、初診料だけで診察料金はありません。猫はあまり儲からないけど、犬でカバーできるので大丈夫ですとか言ってました。

血液生化学検査17項目+T4+血球計算で
6000円(外注検査)
Na、K、Cl、HCT他、院内検査で500円
自宅点滴セット
(輸液、ライン、針、消毒綿)2500円
メルカゾール(朝、夕1日2回)50円

改めてこんなにも違うものかと思いました。
遅くなってしまったのでざっくりと書いてみました。
最新記事
お問い合わせ
お便りは、 嬉しく拝見させていただいています。 ありがとうございます。詳細なお問い合わせなどは、 こちらのメールフォームからお願いします。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
甲状腺機能亢進症の記事
このブログに登場するねこちゃん - あいちゃん(24歳)、れンちゃん(21歳:2013年8月永眠)の甲状腺機能亢進症と診断されてからの獣医師の選択、薬剤の検討、飼い主としての心の葛藤などを細かく記事にしています。大変お手数ですが、 下記年月日の記事をお読みくださると幸いです。 甲状腺機能亢進症と診断されても 投薬治療をして管理をすれば、 穏やかな日々を送ることができます。 あいちゃんは、 4年投薬治療をしています。ただ今24歳と半年を過ぎました。 いっしょに頑張りましょう。   記事  2011年11月17日 ~ 2011年12月15日
プロフィール

tea

Author:tea
れンあいちゃんの日常生活のお世話担当、病院担当、看護担当、ごはん調達担当。人間界では、少々テンションお高めのアンチエイジングが気になる世代に所属。好物は、スウィーツ。長崎県時津町(長崎市の隣町)に生息。 

あいちゃん
あい
あいちゃん
白 MIX
1990年2月12日生まれ
(24歳) ♀
お母さんは、ペルシャチンチラ
父不明
【好物】えび ほたて
【好きな場所】人間の膝の上、お外
【趣味】睡眠(現在)
ハンティング(15年前)
【既往症】耳血腫、慢性腎不全、甲状腺機能亢進症、高血圧症、網膜剥離          
れンちゃん
れン
れンちゃん
グレー MIX
1992年8月22日生まれ
21歳 ♀
2013年8月28日(21歳6日)永眠
お母さんはヒマラヤン、
父不明
【好物】アイスクリーム
【好きな場所】ふかふかベッド
【趣味】睡眠(現在)
愛想を振りまくこと(今も昔も)
【既往症】慢性腎不全、甲状腺機能亢進症、高血圧症、心筋症
投薬について
このブログにいらっしゃる方の中には甲状腺機能亢進症のねこちゃんを飼っていらっしゃる方がたくさんいらっしゃると思います。もしご参考になればと思い、あいちゃんの投薬状況をここでご案内しようと思います。甲状腺機能亢進症という病気は、個体差によってお薬の効果やその他の臓器への影響がそれぞれに違うものです。どうぞそのあたりを斟酌してください。皆さんのお宅のねこちゃんが健やかに過ごせますように~
(2014年3月現在) ① メルカゾール(抗甲状腺ホルモン薬)    朝 4分の1錠  夕 8分の1錠 (毎週 火曜日&金曜日  朝 8分の1錠  夕 8分の1錠) ② フォルテコール 朝 夕 2分の1錠 ③ アムロジピン(血圧降下剤) 夕 8分の1錠 以上3点が、甲状腺機能亢進症およびそれに付随する腎不全が影響する病気に対応するお薬です。 それ以外には、 ④ ファモチジン(胃薬) ⑤ タイロシン(抗生剤) ⑥ プリモボラン(蛋白同化ホルモン)貧血対策のお薬です。 ⑦ ポララミン(めまい止め) ⑧ ぺリアクチン(食欲増進剤) 以上8点が日常的に服用しているお薬です。  状況によっては、 制吐剤(プリンペランまたはセレニア)、メトロニタゾール(抗生剤)、アモキシシリン(抗生剤)、デルクリア(下痢止め)など服用させています。 補液は自宅で毎日しています。 サプリメントは、 鉄剤(ヘモテクト)を使っています。  
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
チャーちゃん
チャーちゃん
バイオウィルクリア
パルボウィルス消毒にはこれ!
ビルコン
パルボウィルス消毒にはこれ! 水50倍で希釈して使用します。1回あたりのコスパは断然お得!
複合次亜塩素酸系消毒剤 アンテック...

複合次亜塩素酸系消毒剤 アンテック...
価格:7,050円(税5%込、送料別)

低反発マットベッド
高齢猫ちゃんに安定感のあるベッド
スプレーボトル
ビルコンはこのボトルで作っています(水で50倍希釈)。細かい霧状で万遍なく噴霧できます。
フルプラ ダイヤスプレー(スプレーボト...

フルプラ ダイヤスプレー(スプレーボト...
価格:840円(税5%込、送料別)

ふわふわベッド
あいちゃんが使っているふわふわベッド
かわいいベッド
あいちゃんが使っているかわいいベッド
ヘモテクト(貧血サプリ)
貧血対策サプリメント!鉄剤と鉄吸収を促すビタミンが配合されたサプリです。あいちゃんは毎日服用しています。
PE ヘモテクト 60粒【RCP】【HLS_DU】

PE ヘモテクト 60粒【RCP】【HLS_DU】
価格:3,705円(税5%込、送料別)

体温計はこれ!
れンあいちゃんの体温計は、 これを使っています。
れンあいちゃんの飯台
れンあいちゃんのフードスタンド(飯台)はこれを使っています。↓ 高齢ネコちゃんは、これを使うとごはんを食べるのが楽ですよ♪
あいちゃんのメインディッシュ
あいちゃんのお気に入りのごはんです。粒状なので袋のまま揉んでつぶして供します。
ヒルズ猫用 【k/d】チキン入り パウチ 85g×12

ヒルズ猫用 【k/d】チキン入り パウチ 85g×12
価格:1,890円(税5%込、送料別)

れンあいちゃんのごはん1
れンあいちゃんがたべているごはんです↓
れンあいちゃんのごはん2
れンあいちゃんが食べているごはんです。↓
ブラッシングコーム
アイちゃんのブラッシングは、このコームで! 優しい当たりが気持ちよさそうです。
飼い主さんの手の洗浄に
真菌対策や飼い主さんの手の洗浄に! teaは、このシリーズのシャンプー&コンディショナーも使っています。真菌はをはじめカビなども除去してくれます。近くに田んぼがあるので、れンあいちゃんをこれで真菌から守ります。
最新トラックバック
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR