病院と飼い主の関係②(2015/10/08)

昨日のもねままさんのコメントに大爆笑!  さらに komaneko*さんのコメントにニンマリ~ 
をとめ心(乙女心)ですね~

皆さん、 何かしらございますね? 
我が仔を思えばこそ、 いろいろな経験をするものです。 

動物病院でのお話はいろいろありますね~

teaも いくつもの動物病院に 行ったので、 それぞれの違いや個性を感じることが多々ありました。 
teaが動物病院を見るポイントは、 いくつかあります。

まず 院長対応をしてくれるか? 
病院が清潔か? 
たとえば、 ワンちゃんが粗相した時に サッと 看護師が対応するか? 後で拭きまーす的なところは、 NGです。 
看護師がきちんと話を伝えられるか? 

院長は、 若くてもいいと思います。 勉強熱心で情熱がある方がいいですね? 
そして 何を専門として勉強してきたか?も 聞くことが大事です。 


「診察は 立って受けるものばい」

診察は 立って受けるものばい


これからの動物病院は、 人間のように専門化していく傾向にあると思います。 
ですから 眼科だとか 歯科だとか より専門分野に特化した治療になっていくと思います。 
自分の手におえないと思ったら、 専門医にリファーしていただける獣医師は、 とてもありがたいと思います。 
無理して抱え込んで、 ねこちゃんを重篤な状況に陥らせては いけません。 


「アタシは あいちゃんのごと 立っておられんと。。。」

アタシは立っておられんと!


そのために teaは、 どこまで治療をするかということを獣医師に伝えていました。 治療費の予算も伝えていました。 
れンあいちゃんは、 手術を必要とするような病気ではありませんでした。 あくまで内科的治療です。 

我が仔を治そうという気持ちは、 飼い主に勝る存在はありません。 獣医師が治せないなら、 私がなおす! なんて不遜にも思ったことがあります。 
でも獣医師と対立してもいいことはありません。 こちらを理解していただく方が得策です。 


「せんせー、 あいちゃんの目ば見ようとしよらすと?」

せんせー あいちゃんの目ば見よらすと?



協力して病気を治すという姿勢が、 何よりも大切です。 
ですから 頭ごなしに いろいろ言うドクターは、 その時点でNGです。 (teaがお世話になったドクターには そういうタイプはいませんでした。)
聞く姿勢を持っているドクターと二人三脚で 治療していけたらいいですね~ 



本日の成績表~

本日の成績表


そして血液検査の結果についても 一喜一憂しないようにと 思っていました。 
実際には、 しましたけど・・・(笑&汗)
検査の結果が良いと 嬉しくて 自称「喜びのダンス」を踊っていました。 看護師さんは いっつも 笑っていました。 でも 喜びのダンスは、 私が嬉しいことはもちろんですが、 ドクターにとっても嬉しいものでした。 

この調子で 次も頑張りましょうね~と声をかけていただいて、 病院を後にする気持ちの良さ!!(笑) 
ちょっとした一言なんですが、 こういう一言が また頑張ろう~って気持ちを起こさせてくれるものなんです。 

だから 闘病は 二人三脚! 
獣医師とのよい関係は、 病気を進行させない第三のお薬なんです。 
スポンサーサイト
最新記事
お問い合わせ
お便りは、 嬉しく拝見させていただいています。 ありがとうございます。詳細なお問い合わせなどは、 こちらのメールフォームからお願いします。
カレンダー
09 | 2015/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
甲状腺機能亢進症の記事
このブログに登場するねこちゃん - あいちゃん(24歳)、れンちゃん(21歳:2013年8月永眠)の甲状腺機能亢進症と診断されてからの獣医師の選択、薬剤の検討、飼い主としての心の葛藤などを細かく記事にしています。大変お手数ですが、 下記年月日の記事をお読みくださると幸いです。 甲状腺機能亢進症と診断されても 投薬治療をして管理をすれば、 穏やかな日々を送ることができます。 あいちゃんは、 4年投薬治療をしています。ただ今24歳と半年を過ぎました。 いっしょに頑張りましょう。   記事  2011年11月17日 ~ 2011年12月15日
プロフィール

tea

Author:tea
れンあいちゃんの日常生活のお世話担当、病院担当、看護担当、ごはん調達担当。人間界では、少々テンションお高めのアンチエイジングが気になる世代に所属。好物は、スウィーツ。長崎県時津町(長崎市の隣町)に生息。 

あいちゃん
あい
あいちゃん
白 MIX
1990年2月12日生まれ
(24歳) ♀
お母さんは、ペルシャチンチラ
父不明
【好物】えび ほたて
【好きな場所】人間の膝の上、お外
【趣味】睡眠(現在)
ハンティング(15年前)
【既往症】耳血腫、慢性腎不全、甲状腺機能亢進症、高血圧症、網膜剥離          
れンちゃん
れン
れンちゃん
グレー MIX
1992年8月22日生まれ
21歳 ♀
2013年8月28日(21歳6日)永眠
お母さんはヒマラヤン、
父不明
【好物】アイスクリーム
【好きな場所】ふかふかベッド
【趣味】睡眠(現在)
愛想を振りまくこと(今も昔も)
【既往症】慢性腎不全、甲状腺機能亢進症、高血圧症、心筋症
投薬について
このブログにいらっしゃる方の中には甲状腺機能亢進症のねこちゃんを飼っていらっしゃる方がたくさんいらっしゃると思います。もしご参考になればと思い、あいちゃんの投薬状況をここでご案内しようと思います。甲状腺機能亢進症という病気は、個体差によってお薬の効果やその他の臓器への影響がそれぞれに違うものです。どうぞそのあたりを斟酌してください。皆さんのお宅のねこちゃんが健やかに過ごせますように~
(2014年3月現在) ① メルカゾール(抗甲状腺ホルモン薬)    朝 4分の1錠  夕 8分の1錠 (毎週 火曜日&金曜日  朝 8分の1錠  夕 8分の1錠) ② フォルテコール 朝 夕 2分の1錠 ③ アムロジピン(血圧降下剤) 夕 8分の1錠 以上3点が、甲状腺機能亢進症およびそれに付随する腎不全が影響する病気に対応するお薬です。 それ以外には、 ④ ファモチジン(胃薬) ⑤ タイロシン(抗生剤) ⑥ プリモボラン(蛋白同化ホルモン)貧血対策のお薬です。 ⑦ ポララミン(めまい止め) ⑧ ぺリアクチン(食欲増進剤) 以上8点が日常的に服用しているお薬です。  状況によっては、 制吐剤(プリンペランまたはセレニア)、メトロニタゾール(抗生剤)、アモキシシリン(抗生剤)、デルクリア(下痢止め)など服用させています。 補液は自宅で毎日しています。 サプリメントは、 鉄剤(ヘモテクト)を使っています。  
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
チャーちゃん
チャーちゃん
バイオウィルクリア
パルボウィルス消毒にはこれ!
ビルコン
パルボウィルス消毒にはこれ! 水50倍で希釈して使用します。1回あたりのコスパは断然お得!
複合次亜塩素酸系消毒剤 アンテック...

複合次亜塩素酸系消毒剤 アンテック...
価格:7,050円(税5%込、送料別)

低反発マットベッド
高齢猫ちゃんに安定感のあるベッド
スプレーボトル
ビルコンはこのボトルで作っています(水で50倍希釈)。細かい霧状で万遍なく噴霧できます。
フルプラ ダイヤスプレー(スプレーボト...

フルプラ ダイヤスプレー(スプレーボト...
価格:840円(税5%込、送料別)

ふわふわベッド
あいちゃんが使っているふわふわベッド
かわいいベッド
あいちゃんが使っているかわいいベッド
ヘモテクト(貧血サプリ)
貧血対策サプリメント!鉄剤と鉄吸収を促すビタミンが配合されたサプリです。あいちゃんは毎日服用しています。
PE ヘモテクト 60粒【RCP】【HLS_DU】

PE ヘモテクト 60粒【RCP】【HLS_DU】
価格:3,705円(税5%込、送料別)

体温計はこれ!
れンあいちゃんの体温計は、 これを使っています。
れンあいちゃんの飯台
れンあいちゃんのフードスタンド(飯台)はこれを使っています。↓ 高齢ネコちゃんは、これを使うとごはんを食べるのが楽ですよ♪
あいちゃんのメインディッシュ
あいちゃんのお気に入りのごはんです。粒状なので袋のまま揉んでつぶして供します。
ヒルズ猫用 【k/d】チキン入り パウチ 85g×12

ヒルズ猫用 【k/d】チキン入り パウチ 85g×12
価格:1,890円(税5%込、送料別)

れンあいちゃんのごはん1
れンあいちゃんがたべているごはんです↓
れンあいちゃんのごはん2
れンあいちゃんが食べているごはんです。↓
ブラッシングコーム
アイちゃんのブラッシングは、このコームで! 優しい当たりが気持ちよさそうです。
飼い主さんの手の洗浄に
真菌対策や飼い主さんの手の洗浄に! teaは、このシリーズのシャンプー&コンディショナーも使っています。真菌はをはじめカビなども除去してくれます。近くに田んぼがあるので、れンあいちゃんをこれで真菌から守ります。
最新トラックバック
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR