両刃のメルカ(2)(2015/07/25)

モニカさん、 お久しぶりです。 コメントありがとうございます。 お元気ですか? お茶会の時はありがとうございました。 
ねこちゃん16歳ですね? 立派です。 とってもかわいがっていらっしゃるから、 元気でいてくれるのですね? この調子で 17歳、 18歳・・・ 20歳超えといきましょう。 
応援しています。 

さてさて 昨日の続きです。。。

メルカゾールを1日1錠で、 2週間投薬後 血液検査をしました。 
T4は順調に下がってきましたが、 なんと 肝酵素が800を超える数値が出ました。
主治医は、 ビックリしてなんども検査結果を確認していました。 

肝酵素が800という数字は、 肝硬変や肝がんを考えてもおかしくない数値だったからです。 

さぞかし だるいだろうと思いました。
本にゃんは、 何もわからず いつも同じようにお外を堪能していました。  


「お外はよかね~」

お外はよかね~
(お口ペロンとしているでしょ? 腎不全が出てきて、 お口が渇いているのでは?と 思いながら撮った写真です。 一つ一つの変化に 敏感になっていたteaです)


主治医は、 感染症かも?と思って、 まず抗生剤を投薬されました。
2週間後の検査では、 さほど肝酵素は減っていませんでした。
そして ステロイドを投薬しました。
2週間後、 わずかに減りましたが、 それでも 600~700ありました。 

悩みに悩んだのですが、 原因がわかりませんでした。 ある日、 居ても立ってもいられなくなって、 主治医のところに行きました。 「先生、 このまま肝酵素が高いままだと、 あいちゃんはどうなるのですか? 」

ドクターは、 肝組織が線維化し、 肝硬変へ移行すると言われました。 そんな!! 

この時 teaの闘争心に火が付きました。 淡々という主治医に ちょっとイラッとしたのです。 
「あいちゃんは マンマが助ける!!」 

すでにすえこちゃんのママ、 めわさんと連絡をとっていたので、 メルカゾールの投薬量を聞いていました。 すえこちゃんは、 4分の1錠でした。 

メルカゾールが多いのでは?と思い、 片っ端からネット検索して 行きついたのが、 アメリカのドクターが書かれた猫の甲状腺機能亢進症についての論文でした。 そこには メルカゾール以外のお薬のことも書いてありました。 そしてメルカゾールの副作用についても記述がありました。 

そのコピーをもって、 主治医のところに走りました。 


「マンマは、 アタシのことだと 夜も寝んで 勉強しよらすとよね~」

マンマは アタシのことになると・・・


主治医は、 teaの恐ろしさを その時 かみしめたようです(笑)
主治医は、 目の前の英文の論文を前に teaの本気度がわかったようでした。 メルカゾールには、 白血球減少、 赤血球減少、 嘔吐、 肝酵素上昇・・・ ありとあらゆる副作用があるという記載が論文の中にありました。
 

「せんせー このまま肝硬変に移行していくのを黙ってみているなんて、 私には絶対できません。 あいちゃんが、 どうなっても 先生に責任を一切問いません!! お願いだから メルカゾールの量を4分の1に減らしてください。」と お願いしました。 

そして メルカゾールを4分の1錠に変更しました。 すると みるみるうちに 肝酵素が正常値に戻りました。 

この時、 メルカゾールを減らしたのだから、 T4が上がることを想像していました。 
そしたら、 なんと!!!  T4が 正常値の上限 3.9を下回ったのです。

つまり、 メルカゾール4分の1錠(1日2回)で、 肝酵素も正常値、 その他腎臓の値もやや上昇したものの許容範囲、 T4も正常値になったのです。 

不思議です。 投薬量のコントロールで、 全てが うまくいったのです。 適量は、 内臓のバランスを全て 保てるようにコントロールしてくれたのです。 



「はぁ~~~、 マンマの執念やったもんね~」  

マンマの執念やもんね~


はい、 英語の論文なんて わからない医療用語や薬剤名ばかりで 何度放り投げそうになったか? それでも この中に解決の糸口があるかもしれないと思って、 読み進めました。 

本来なら、 休薬するべきところです。 今思うと 休薬ではなく よく減薬に踏み切ったと思います。 たぶんteaの中には、 減薬すれば、 大丈夫! 大丈夫であってくれ!という強い期待があったのだと思います。 

あいちゃんは、 本当に期待に応えてくれる仔でした。 


それから T4は安定し、 半年に1度の検査でも大丈夫なくらい落ち着いていました。
でも 腎不全は、 次第に 表に出てくるようになって、 クレアチニン4点台をマークした時に、 完全に療法食に切り替えました。
これも 療法食を見向きもしない あいちゃんには、 手を焼きました。 
でも やはり あいちゃんは、 teaの気持ちを汲んで、 食べてくれるようになりました。 

teaとあいちゃんは、 一心同体でした。 


「マンマ、 世話になったばいー」

マンマ、 世話になったばい


いいえ~ 
マンマは なんとか あいちゃんの日常を保ちたかったのと、 あなたとのお別れが 一日でも1分でも1秒でも先であってほしいと願っていました。 あなたがいなくなる日のことを思うと 胸かきむしられる思いだったのです。 

あいちゃんのためと言いながら、 自分のエゴだったのかもしれません。 

でも それほど深く強く愛していました。  寝ても覚めてもあいちゃんのことを考えていた日々でした。 




サンさん、 死んでしまうと 何もしてあげることができません。 
生きている間に 最善のことをしてください。 死んでから あの時 こうしていればよかったなんて後悔が一つでも少ないことは、 飼い主の心を救ってくれます。 
高齢だから 安楽死を~という考え方、 確かに悪性腫瘍など 苦しみ抜くようでしたら、 そういう選択肢もありかもしれません。 しかし 甲状腺機能亢進症も腎不全もコントロールできる病気です。 高齢の動物たちには、 これまで 一緒にいてくれていた感謝とここまで長生きしてくれたことへのお礼の気持ちを込めてお世話するのが、 その仔たちへの恩返しだと思います。 
安易に安楽死を~と言う口にするのは、 命への冒涜です。 どうか そんな声に耳を傾けず、 そばにいる仔に最大限の愛情をもって 向かい合ってください。 

teaは、 あいちゃんを必死で守り、 そして 見送ったことに 満足しています。 ペットロスはありません。 後悔が一つもないかと言われれば、 ウソになります。 でも 25歳近くまで生きてくれたあいちゃんに 感謝の気持ちしかありません。 

今は とても大事なターニングポイントです。 teaには、 すでに終わってしまった命を見ていたから、 救うなら今よ!という思いが強く強くあります。
再検査をしようと 思ってくださってありがとうございます。 このブログが、 一人でも多くのねこちゃんの命と飼い主さんの心をサポ―トできるのでしたら、 れンあいちゃんの命がお役にたてることでもあります。 それはteaの最も望むことです。 

どうか 強い心で ねこちゃんと共に 闘ってください。 みんなで 見守っています。 
何か 心配なことがあったら、 お知らせください。 一緒に考えましょう。 

続きを読む

スポンサーサイト
最新記事
お問い合わせ
お便りは、 嬉しく拝見させていただいています。 ありがとうございます。詳細なお問い合わせなどは、 こちらのメールフォームからお願いします。
カレンダー
06 | 2015/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
甲状腺機能亢進症の記事
このブログに登場するねこちゃん - あいちゃん(24歳)、れンちゃん(21歳:2013年8月永眠)の甲状腺機能亢進症と診断されてからの獣医師の選択、薬剤の検討、飼い主としての心の葛藤などを細かく記事にしています。大変お手数ですが、 下記年月日の記事をお読みくださると幸いです。 甲状腺機能亢進症と診断されても 投薬治療をして管理をすれば、 穏やかな日々を送ることができます。 あいちゃんは、 4年投薬治療をしています。ただ今24歳と半年を過ぎました。 いっしょに頑張りましょう。   記事  2011年11月17日 ~ 2011年12月15日
プロフィール

tea

Author:tea
れンあいちゃんの日常生活のお世話担当、病院担当、看護担当、ごはん調達担当。人間界では、少々テンションお高めのアンチエイジングが気になる世代に所属。好物は、スウィーツ。長崎県時津町(長崎市の隣町)に生息。 

あいちゃん
あい
あいちゃん
白 MIX
1990年2月12日生まれ
(24歳) ♀
お母さんは、ペルシャチンチラ
父不明
【好物】えび ほたて
【好きな場所】人間の膝の上、お外
【趣味】睡眠(現在)
ハンティング(15年前)
【既往症】耳血腫、慢性腎不全、甲状腺機能亢進症、高血圧症、網膜剥離          
れンちゃん
れン
れンちゃん
グレー MIX
1992年8月22日生まれ
21歳 ♀
2013年8月28日(21歳6日)永眠
お母さんはヒマラヤン、
父不明
【好物】アイスクリーム
【好きな場所】ふかふかベッド
【趣味】睡眠(現在)
愛想を振りまくこと(今も昔も)
【既往症】慢性腎不全、甲状腺機能亢進症、高血圧症、心筋症
投薬について
このブログにいらっしゃる方の中には甲状腺機能亢進症のねこちゃんを飼っていらっしゃる方がたくさんいらっしゃると思います。もしご参考になればと思い、あいちゃんの投薬状況をここでご案内しようと思います。甲状腺機能亢進症という病気は、個体差によってお薬の効果やその他の臓器への影響がそれぞれに違うものです。どうぞそのあたりを斟酌してください。皆さんのお宅のねこちゃんが健やかに過ごせますように~
(2014年3月現在) ① メルカゾール(抗甲状腺ホルモン薬)    朝 4分の1錠  夕 8分の1錠 (毎週 火曜日&金曜日  朝 8分の1錠  夕 8分の1錠) ② フォルテコール 朝 夕 2分の1錠 ③ アムロジピン(血圧降下剤) 夕 8分の1錠 以上3点が、甲状腺機能亢進症およびそれに付随する腎不全が影響する病気に対応するお薬です。 それ以外には、 ④ ファモチジン(胃薬) ⑤ タイロシン(抗生剤) ⑥ プリモボラン(蛋白同化ホルモン)貧血対策のお薬です。 ⑦ ポララミン(めまい止め) ⑧ ぺリアクチン(食欲増進剤) 以上8点が日常的に服用しているお薬です。  状況によっては、 制吐剤(プリンペランまたはセレニア)、メトロニタゾール(抗生剤)、アモキシシリン(抗生剤)、デルクリア(下痢止め)など服用させています。 補液は自宅で毎日しています。 サプリメントは、 鉄剤(ヘモテクト)を使っています。  
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
チャーちゃん
チャーちゃん
バイオウィルクリア
パルボウィルス消毒にはこれ!
ビルコン
パルボウィルス消毒にはこれ! 水50倍で希釈して使用します。1回あたりのコスパは断然お得!
複合次亜塩素酸系消毒剤 アンテック...

複合次亜塩素酸系消毒剤 アンテック...
価格:7,050円(税5%込、送料別)

低反発マットベッド
高齢猫ちゃんに安定感のあるベッド
スプレーボトル
ビルコンはこのボトルで作っています(水で50倍希釈)。細かい霧状で万遍なく噴霧できます。
フルプラ ダイヤスプレー(スプレーボト...

フルプラ ダイヤスプレー(スプレーボト...
価格:840円(税5%込、送料別)

ふわふわベッド
あいちゃんが使っているふわふわベッド
かわいいベッド
あいちゃんが使っているかわいいベッド
ヘモテクト(貧血サプリ)
貧血対策サプリメント!鉄剤と鉄吸収を促すビタミンが配合されたサプリです。あいちゃんは毎日服用しています。
PE ヘモテクト 60粒【RCP】【HLS_DU】

PE ヘモテクト 60粒【RCP】【HLS_DU】
価格:3,705円(税5%込、送料別)

体温計はこれ!
れンあいちゃんの体温計は、 これを使っています。
れンあいちゃんの飯台
れンあいちゃんのフードスタンド(飯台)はこれを使っています。↓ 高齢ネコちゃんは、これを使うとごはんを食べるのが楽ですよ♪
あいちゃんのメインディッシュ
あいちゃんのお気に入りのごはんです。粒状なので袋のまま揉んでつぶして供します。
ヒルズ猫用 【k/d】チキン入り パウチ 85g×12

ヒルズ猫用 【k/d】チキン入り パウチ 85g×12
価格:1,890円(税5%込、送料別)

れンあいちゃんのごはん1
れンあいちゃんがたべているごはんです↓
れンあいちゃんのごはん2
れンあいちゃんが食べているごはんです。↓
ブラッシングコーム
アイちゃんのブラッシングは、このコームで! 優しい当たりが気持ちよさそうです。
飼い主さんの手の洗浄に
真菌対策や飼い主さんの手の洗浄に! teaは、このシリーズのシャンプー&コンディショナーも使っています。真菌はをはじめカビなども除去してくれます。近くに田んぼがあるので、れンあいちゃんをこれで真菌から守ります。
最新トラックバック
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR