シェアしましょ!(2014/01/24)

一昨日 pamikoさんやkittymamaさんから 点滴のことで コメントいただきました。
お返事しようと思ったのですが、 皆さんの飼っていらっしゃるねこちゃんにとっても必要な情報かもしれません。
記事で皆さんと共有しては?と思い、 私がちょっとだけ調べたことや 経験したことを書いてみようと思います。


あいちゃんは、 今月20日から毎日点滴をしています。 60ml前後です。 


「アタシは 毎日点滴ばい!」

毎日点滴ばい


あいちゃんは、 乳酸リンゲル液を点滴しています。 
pamikoさんが書いていらっしゃった酢酸リンゲル液も ありますね?
どう違うのでしょうか? 

大まかに言うと 代謝経路が違うようです。 
pamikoさんのねこちゃんは、 乳酸リンゲル液を使うと調子が悪くなると書かれていました。 

乳酸リンゲル液は、 肝臓代謝です。 
酢酸リンゲル液は、 それに対して多数の内臓を使って代謝するそうです。 

ひょっとしたらpamikoさんのねこちゃんは、 肝臓に負担がかかると調子が悪くなるのかもしれませんね? 


点滴は、 代謝経路にかかわらず 心臓にも負担がかかります。 


「アタシは、 心臓が強いから 点滴は 大丈夫!」

アタシは点滴だいじょーぶ


我が家の れンちゃんは、 9歳から心雑音がありました。 
心筋症とまでは その当時すすんでいませんでしたが、 やはり年齢を重ねるにしたがって、 心臓の負担が大きくなっていったのだと思います。 

亡くなる3か月前に 心臓の詳しいエコーを撮りました。 心臓の専門医に言わせると、 左心室からの血液の排出が悪く、 うっ血が見られるとのことでした。 

心臓の機能が、 しっかり働いていないと 心臓から微量の漏出液が出てきます。 これが胸水です。 点滴をすると 老廃物を排出する機能が働きますので、 腎臓にとってはよいことですが、 その分心臓が 出さなきゃ出さなきゃと 一生懸命働くわけです。 

でも 老化によって 機能が低下した心臓には、 負担が大きいのです。 
漏出液(胸水)がたまれば、 肺を圧迫して呼吸が苦しくなります。 


「アタシ、 苦しかったとよ!」

アタシ苦しかったとよ
(れンちゃん、 天国からの出演 ありがとうございます)


れンちゃんは、 奇跡的に胸水が一旦引いたのですが、 貧血が改善したことによって 血液流量が負担だったのか? 再び胸水がたまり始めました。 これが、 れンちゃんの死因です。 

点滴をすれば、 心臓負担が大きくなって胸水がたまり、 呼吸が苦しくなる。 点滴ができなければ、 腎臓負担が大きくなって尿毒症になるーこの二律背反が深刻になると、 獣医師もかなり対応が苦しくなってきます。 

れンちゃんの場合は、 胸水にならないように リンゲル液ではなく グルコース(ぶどう糖)を使ったりしていました。 日によって 状況を見ながら まるで スペシャルドリンクのように 点滴する内容を検討していました。

こうなると 自宅点滴は、 難しくなります。 


「れンちゃん、 がんばったよね?」

れンちゃん、 がんばったよね?


kittymamaさんのねこちゃんは、 心臓の問題があったかもしれませんね。


ちなみに 猫の心筋症は、 割と多いようです。
というのも 猫の心臓の構造が、 豊富な運動量(たとえば、 ねこちゃんはジャンプ力がありますね?)に対応するために筋肉が厚いというか血液流量が、 瞬時に増えても大丈夫なようになっているそうです。

そのために 心筋が次第に厚くなってくる傾向があるそうです。

ジャンプするのが、 高齢化と共に減ってくるのは、 関節炎と心臓の問題もあるのかもしれませんね? 


我が家のあいちゃんは、 心臓が丈夫です。 これは 長寿に貢献していると思います。 
心臓が強くない仔は、 なかなか長寿は望めません。  それはもともと腎臓が弱いねこちゃんにとって、 心臓が正しくポンプとなって血流を流してくれることは、 必須だからです。 

れンちゃんは、 そういう意味では 心筋症を抱えながら 21歳まで生きたということは奇跡に近いと言っていいと思います。 

れンちゃんも あいちゃんも甲状腺機能亢進症がありましたので、 気をつけていたのは 心肥大です。 いくら丈夫な心臓と言っても 甲状腺ホルモンの分泌量が増えれば、 心臓に対する影響が出てくると思います。 れンちゃんは、 心筋症があったので、 もちろん要注意でした。 

今のところ、 あいちゃんは甲状腺ホルモンをコントロールできているので、 心臓負担はほぼないと思います。 


あいちゃんは、 おかげさまで心音がクリアで、 腎臓の方に注意を傾けていて大丈夫なようです。 
ですから 点滴をすると スッキリするようで、 ごはんが進みます。


「ごはんが、 おいしかとよ~」

ごはんがおいしかとよ~


かみくだいて書いたつもりですが、 勉強不足で足りない部分は、 どうかご容赦ください。 

最後に 代謝について もう少し 書き加えます。 
お薬の代謝について、 全く気にしていない獣医師と考慮に入れる獣医師と両者いらっしゃると思います。 

私は代謝は、気になります。 なぜかと言えば、 やはり代謝をする臓器に負担がかかるからです。 
れンあいちゃんは、 腎不全です。 ですから腎臓代謝のお薬は、 できるだけ避けてきました。

最初は、 獣医師から処方されたお薬を何の疑問も持たず、 服用させていましたが、 ACE阻害薬が腎臓代謝のお薬を使っていたので、 肝臓代謝と腎臓代謝両方のお薬(比率は肝臓6:腎臓4ぐらいだったかも?)に代えました。 
その他のお薬も 一応 代謝経路は、 確認しています。 

お薬は、 ほとんどが 腎臓代謝か肝臓代謝です。 ご自身のねこちゃんの 体調に合わせて、 お薬も効果が同じであれば、 選んでいかれると ふさわしいお薬が長く使えるかもしれません。 

ご参考までに~ 

続きを読む

スポンサーサイト
最新記事
お問い合わせ
お便りは、 嬉しく拝見させていただいています。 ありがとうございます。詳細なお問い合わせなどは、 こちらのメールフォームからお願いします。
カレンダー
12 | 2014/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
甲状腺機能亢進症の記事
このブログに登場するねこちゃん - あいちゃん(24歳)、れンちゃん(21歳:2013年8月永眠)の甲状腺機能亢進症と診断されてからの獣医師の選択、薬剤の検討、飼い主としての心の葛藤などを細かく記事にしています。大変お手数ですが、 下記年月日の記事をお読みくださると幸いです。 甲状腺機能亢進症と診断されても 投薬治療をして管理をすれば、 穏やかな日々を送ることができます。 あいちゃんは、 4年投薬治療をしています。ただ今24歳と半年を過ぎました。 いっしょに頑張りましょう。   記事  2011年11月17日 ~ 2011年12月15日
プロフィール

tea

Author:tea
れンあいちゃんの日常生活のお世話担当、病院担当、看護担当、ごはん調達担当。人間界では、少々テンションお高めのアンチエイジングが気になる世代に所属。好物は、スウィーツ。長崎県時津町(長崎市の隣町)に生息。 

あいちゃん
あい
あいちゃん
白 MIX
1990年2月12日生まれ
(24歳) ♀
お母さんは、ペルシャチンチラ
父不明
【好物】えび ほたて
【好きな場所】人間の膝の上、お外
【趣味】睡眠(現在)
ハンティング(15年前)
【既往症】耳血腫、慢性腎不全、甲状腺機能亢進症、高血圧症、網膜剥離          
れンちゃん
れン
れンちゃん
グレー MIX
1992年8月22日生まれ
21歳 ♀
2013年8月28日(21歳6日)永眠
お母さんはヒマラヤン、
父不明
【好物】アイスクリーム
【好きな場所】ふかふかベッド
【趣味】睡眠(現在)
愛想を振りまくこと(今も昔も)
【既往症】慢性腎不全、甲状腺機能亢進症、高血圧症、心筋症
投薬について
このブログにいらっしゃる方の中には甲状腺機能亢進症のねこちゃんを飼っていらっしゃる方がたくさんいらっしゃると思います。もしご参考になればと思い、あいちゃんの投薬状況をここでご案内しようと思います。甲状腺機能亢進症という病気は、個体差によってお薬の効果やその他の臓器への影響がそれぞれに違うものです。どうぞそのあたりを斟酌してください。皆さんのお宅のねこちゃんが健やかに過ごせますように~
(2014年3月現在) ① メルカゾール(抗甲状腺ホルモン薬)    朝 4分の1錠  夕 8分の1錠 (毎週 火曜日&金曜日  朝 8分の1錠  夕 8分の1錠) ② フォルテコール 朝 夕 2分の1錠 ③ アムロジピン(血圧降下剤) 夕 8分の1錠 以上3点が、甲状腺機能亢進症およびそれに付随する腎不全が影響する病気に対応するお薬です。 それ以外には、 ④ ファモチジン(胃薬) ⑤ タイロシン(抗生剤) ⑥ プリモボラン(蛋白同化ホルモン)貧血対策のお薬です。 ⑦ ポララミン(めまい止め) ⑧ ぺリアクチン(食欲増進剤) 以上8点が日常的に服用しているお薬です。  状況によっては、 制吐剤(プリンペランまたはセレニア)、メトロニタゾール(抗生剤)、アモキシシリン(抗生剤)、デルクリア(下痢止め)など服用させています。 補液は自宅で毎日しています。 サプリメントは、 鉄剤(ヘモテクト)を使っています。  
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
チャーちゃん
チャーちゃん
バイオウィルクリア
パルボウィルス消毒にはこれ!
ビルコン
パルボウィルス消毒にはこれ! 水50倍で希釈して使用します。1回あたりのコスパは断然お得!
複合次亜塩素酸系消毒剤 アンテック...

複合次亜塩素酸系消毒剤 アンテック...
価格:7,050円(税5%込、送料別)

低反発マットベッド
高齢猫ちゃんに安定感のあるベッド
スプレーボトル
ビルコンはこのボトルで作っています(水で50倍希釈)。細かい霧状で万遍なく噴霧できます。
フルプラ ダイヤスプレー(スプレーボト...

フルプラ ダイヤスプレー(スプレーボト...
価格:840円(税5%込、送料別)

ふわふわベッド
あいちゃんが使っているふわふわベッド
かわいいベッド
あいちゃんが使っているかわいいベッド
ヘモテクト(貧血サプリ)
貧血対策サプリメント!鉄剤と鉄吸収を促すビタミンが配合されたサプリです。あいちゃんは毎日服用しています。
PE ヘモテクト 60粒【RCP】【HLS_DU】

PE ヘモテクト 60粒【RCP】【HLS_DU】
価格:3,705円(税5%込、送料別)

体温計はこれ!
れンあいちゃんの体温計は、 これを使っています。
れンあいちゃんの飯台
れンあいちゃんのフードスタンド(飯台)はこれを使っています。↓ 高齢ネコちゃんは、これを使うとごはんを食べるのが楽ですよ♪
あいちゃんのメインディッシュ
あいちゃんのお気に入りのごはんです。粒状なので袋のまま揉んでつぶして供します。
ヒルズ猫用 【k/d】チキン入り パウチ 85g×12

ヒルズ猫用 【k/d】チキン入り パウチ 85g×12
価格:1,890円(税5%込、送料別)

れンあいちゃんのごはん1
れンあいちゃんがたべているごはんです↓
れンあいちゃんのごはん2
れンあいちゃんが食べているごはんです。↓
ブラッシングコーム
アイちゃんのブラッシングは、このコームで! 優しい当たりが気持ちよさそうです。
飼い主さんの手の洗浄に
真菌対策や飼い主さんの手の洗浄に! teaは、このシリーズのシャンプー&コンディショナーも使っています。真菌はをはじめカビなども除去してくれます。近くに田んぼがあるので、れンあいちゃんをこれで真菌から守ります。
最新トラックバック
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR