れンちゃんの心配事3(2012/10/14)

私が出向いた動物病院は、 長崎市内で20年ほど開業暦のある病院です。 

ここで どのような所見をもたれるか お話をうかがおうと思いました。 
私は 初めての動物病院を訪ねるときは、 れンあいちゃんを連れて行かないことにしています。

まず私が1人で行っても話をきちんと聞いてくださる獣医師か、 ということころから始めます。

非常に温和な先生で、 1時間ほど相談にのってくれました。
れンあいちゃんのの主治医と旧知の仲でしたので、 電話で情報提供していただくことにしました。
この先生は、 エリスロポエチンの検査を10例ほど扱ったことがある先生でした。 

やはり れンちゃんのエリスロポエチンは、 出ていると思うが 少ないのではないか? 年齢的にも 骨髄機能が落ちてきてもおかしくないと思われると言われました。 
 
アタシのエリスロポエチンは、 出ているの!!
「だから、 アタシのエリスロポエチン 出ているっつーの」 

それから 腎不全との関係もよく見ておかないといけないと言われました。

しかし 腎不全が今始まったわけではないので、 今回のれンちゃんの貧血が始まった経過を見ていない獣医師は、 やはり一般的な答えに終始する傾向があると思いました。 


しかし 長崎では エリスロポエチンの検査は、 まだ5年ぐらいでメジャーに実施されていないことがわかりました。 
東京をはじめとする大都市圏では、 患者の数も多いので、 エリスロポエチンの検査を実施されている病院は、 多いと思います。 地域差からくるものを大いに感じました。 


そこまで ねこの貧血に一生懸命治療を取り組んだ獣医師も飼い主もいないのかしら? ますます不安になる気持ちを抑えながら、 主治医のところに車を走らせました。 

主治医に 聞いてきた話と 私が訪ねた獣医師から電話があることを伝えました。 

主治医は、私が 行動を起こしたことで、 検査のエキスパートの先生に尋ねましょうか?と提案されました。 
開業医ですが、 検査と解析の専門医で、 長崎の動物病院の先生方が問い合わせる獣医師だということでした。

その先生にfaxを送ってもらい、 血清鉄を調べてみることにしました。 

もう検査は勘弁
「もう検査は勘弁!」 
 
血清鉄を調べれば、 鉄不足を確認できるので、 非再生性貧血を確認できると思いました。 

この時まで 私自身 再生性貧血と非再生性貧血の区別がよくついていませんでした。
自然とPCVが28%まで回復したので、 再生性貧血ではないかと疑っていたのです。 しかも れンちゃんには以前IBDの兆候が少し出たことがあります。 
血便は出ていませんでした。 もしかしたら腸からの微小の出血があるかも? なんてことも考えていました。 


しかし 血清鉄の検査結果は、 やはり不足していました。


結果として 4人の獣医師の判断やアドヴァイスをお願いしたのですが、 非再生性の貧血ではあるものの 細菌感染との因果関係は、 未だによくわかっていません。 

貧血対策として、 鉄剤を補給することが今できること! 
中には 鉄剤補給は無意味という獣医師もいましたが、 それは やってみなければわかりません。
鉄剤は、 サプリメントです。 薬ではありません。 

以前の鉄剤は、 吐き気を催すため ねこちゃんにかなり負担があったそうです。
今は ヘモテクトという 嘔吐を誘わないサプリが出ています。

ヘモテクト


直径1センチほどあるので、 上手にのど元に向けてストライクしないと飲みづらいのですが、 れンちゃん がんばって飲んでくれています。 
嘔吐はありませんでした。 膀胱炎までは…
膀胱炎のとき、 お薬が増えたので休止しましたが、 今週からヘモテクト再開しています。  


膀胱炎発症前は、 PCV29%まで回復しています。
しかし 膀胱炎後はまだ検査をしていないので、 どうなっているでしょう~?


れンちゃんの貧血は、 結果としてまとめると 以下の通りです。 

細菌感染との因果関係は、 よくわかっていない。
予測としては、 細菌感染が血液を造るどこかのプロセスにダメージを与えて 一時的に貧血が進んだ。
エリスロポエチンは、 標準より少ないが 分泌している。
鉄欠乏による非再生性貧血である。
PCVが幸いにも回復したので、 エリスロポエチンを打たないで経過観察をする。
ヘモテクトは続けて服用する。 

補足ですが… 
エリスロポエチンは腎臓から分泌されます。 腎不全の治療をしても エリスロポエチンが多く分泌するかどうかはわからないそうです。 また クレアチニン いくつで エリスロポエチンが出ないという基準もないようです。 

それから エリスロポエチンに変わる治療として別の造血剤も出ているそうです。
最終的には 輸血になるのでしょうが、 輸血は適合できるネコちゃんを探すのが、 大変だと聞きました。 

年齢を重ねると いろんなことが出てきます。
時には予測不能で、 訳がわからないこともあります。
出てきたところで 判断をしないといけませんが、 その前に自分で調べることは大事だと今回も痛感しました。 
獣医師の言うことを信じないわけではありませんが、 ホントにそうなのか?と 自分なりに考えて時には命を懸ける治療も選択していかないといけません。 
小さな命を預かる責任を 今回もひしひしと感じました。 

私があまり考えないで エリスロポエチンを打って 抗体ができて れンちゃんの命を脅かすことが あったらと思うと、 胸が締め付けられそうになります。  


大丈夫!
「アタシは 大丈夫だってば!」


これから 年齢を重ねるにしたがって、 選択を迫られることも出てくると思います。 
その都度 冷静に判断したり考えたりすることができるか?不安です。 でも 私が飼い主だから、 れンあいちゃんの代弁者として、 ベストを尽くしていきたいと思います。 


長々と 読んでくださってありがとうございます。



スポンサーサイト
最新記事
お問い合わせ
お便りは、 嬉しく拝見させていただいています。 ありがとうございます。詳細なお問い合わせなどは、 こちらのメールフォームからお願いします。
カレンダー
09 | 2012/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
甲状腺機能亢進症の記事
このブログに登場するねこちゃん - あいちゃん(24歳)、れンちゃん(21歳:2013年8月永眠)の甲状腺機能亢進症と診断されてからの獣医師の選択、薬剤の検討、飼い主としての心の葛藤などを細かく記事にしています。大変お手数ですが、 下記年月日の記事をお読みくださると幸いです。 甲状腺機能亢進症と診断されても 投薬治療をして管理をすれば、 穏やかな日々を送ることができます。 あいちゃんは、 4年投薬治療をしています。ただ今24歳と半年を過ぎました。 いっしょに頑張りましょう。   記事  2011年11月17日 ~ 2011年12月15日
プロフィール

tea

Author:tea
れンあいちゃんの日常生活のお世話担当、病院担当、看護担当、ごはん調達担当。人間界では、少々テンションお高めのアンチエイジングが気になる世代に所属。好物は、スウィーツ。長崎県時津町(長崎市の隣町)に生息。 

あいちゃん
あい
あいちゃん
白 MIX
1990年2月12日生まれ
(24歳) ♀
お母さんは、ペルシャチンチラ
父不明
【好物】えび ほたて
【好きな場所】人間の膝の上、お外
【趣味】睡眠(現在)
ハンティング(15年前)
【既往症】耳血腫、慢性腎不全、甲状腺機能亢進症、高血圧症、網膜剥離          
れンちゃん
れン
れンちゃん
グレー MIX
1992年8月22日生まれ
21歳 ♀
2013年8月28日(21歳6日)永眠
お母さんはヒマラヤン、
父不明
【好物】アイスクリーム
【好きな場所】ふかふかベッド
【趣味】睡眠(現在)
愛想を振りまくこと(今も昔も)
【既往症】慢性腎不全、甲状腺機能亢進症、高血圧症、心筋症
投薬について
このブログにいらっしゃる方の中には甲状腺機能亢進症のねこちゃんを飼っていらっしゃる方がたくさんいらっしゃると思います。もしご参考になればと思い、あいちゃんの投薬状況をここでご案内しようと思います。甲状腺機能亢進症という病気は、個体差によってお薬の効果やその他の臓器への影響がそれぞれに違うものです。どうぞそのあたりを斟酌してください。皆さんのお宅のねこちゃんが健やかに過ごせますように~
(2014年3月現在) ① メルカゾール(抗甲状腺ホルモン薬)    朝 4分の1錠  夕 8分の1錠 (毎週 火曜日&金曜日  朝 8分の1錠  夕 8分の1錠) ② フォルテコール 朝 夕 2分の1錠 ③ アムロジピン(血圧降下剤) 夕 8分の1錠 以上3点が、甲状腺機能亢進症およびそれに付随する腎不全が影響する病気に対応するお薬です。 それ以外には、 ④ ファモチジン(胃薬) ⑤ タイロシン(抗生剤) ⑥ プリモボラン(蛋白同化ホルモン)貧血対策のお薬です。 ⑦ ポララミン(めまい止め) ⑧ ぺリアクチン(食欲増進剤) 以上8点が日常的に服用しているお薬です。  状況によっては、 制吐剤(プリンペランまたはセレニア)、メトロニタゾール(抗生剤)、アモキシシリン(抗生剤)、デルクリア(下痢止め)など服用させています。 補液は自宅で毎日しています。 サプリメントは、 鉄剤(ヘモテクト)を使っています。  
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
チャーちゃん
チャーちゃん
バイオウィルクリア
パルボウィルス消毒にはこれ!
ビルコン
パルボウィルス消毒にはこれ! 水50倍で希釈して使用します。1回あたりのコスパは断然お得!
複合次亜塩素酸系消毒剤 アンテック...

複合次亜塩素酸系消毒剤 アンテック...
価格:7,050円(税5%込、送料別)

低反発マットベッド
高齢猫ちゃんに安定感のあるベッド
スプレーボトル
ビルコンはこのボトルで作っています(水で50倍希釈)。細かい霧状で万遍なく噴霧できます。
フルプラ ダイヤスプレー(スプレーボト...

フルプラ ダイヤスプレー(スプレーボト...
価格:840円(税5%込、送料別)

ふわふわベッド
あいちゃんが使っているふわふわベッド
かわいいベッド
あいちゃんが使っているかわいいベッド
ヘモテクト(貧血サプリ)
貧血対策サプリメント!鉄剤と鉄吸収を促すビタミンが配合されたサプリです。あいちゃんは毎日服用しています。
PE ヘモテクト 60粒【RCP】【HLS_DU】

PE ヘモテクト 60粒【RCP】【HLS_DU】
価格:3,705円(税5%込、送料別)

体温計はこれ!
れンあいちゃんの体温計は、 これを使っています。
れンあいちゃんの飯台
れンあいちゃんのフードスタンド(飯台)はこれを使っています。↓ 高齢ネコちゃんは、これを使うとごはんを食べるのが楽ですよ♪
あいちゃんのメインディッシュ
あいちゃんのお気に入りのごはんです。粒状なので袋のまま揉んでつぶして供します。
ヒルズ猫用 【k/d】チキン入り パウチ 85g×12

ヒルズ猫用 【k/d】チキン入り パウチ 85g×12
価格:1,890円(税5%込、送料別)

れンあいちゃんのごはん1
れンあいちゃんがたべているごはんです↓
れンあいちゃんのごはん2
れンあいちゃんが食べているごはんです。↓
ブラッシングコーム
アイちゃんのブラッシングは、このコームで! 優しい当たりが気持ちよさそうです。
飼い主さんの手の洗浄に
真菌対策や飼い主さんの手の洗浄に! teaは、このシリーズのシャンプー&コンディショナーも使っています。真菌はをはじめカビなども除去してくれます。近くに田んぼがあるので、れンあいちゃんをこれで真菌から守ります。
最新トラックバック
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR