命の授業(2017/05/25)

おはようございます。 
昨日は、 少し暑さが和らいだ長崎地方です。 
雨が降って 暑さが一呼吸でした。 

一段落したじぃじの お礼回りですが、 1件 まだ気になりつつ お礼にうかがっていないドクターがいました。 
じぃじが 自宅に帰ってきて、 訪問診療を受ける予定にしてカンファレンスをしていただいていたドクターです。 
自宅に戻る予定だったのは、 3月6日。 ところが前日の夜に高熱を出し、 酸素吸入量が病院でないと対応できない量になってしまったため、 じぃじは自宅に戻ることができませんでした。 

結果 病院で 最期を看取ることになりました。 

しかし 本当は 自宅で 看取る予定にしていました。 
そのため ベッドも 病院と同じような仕様のベッドを自宅に搬入し、 訪問看護、 訪問診療、 ヘルパーさんなど、 ケアマネージャーさんにお願いして 手筈をすべて整えていました。 いつでも じぃじが帰ってこれるように準備を整えていたのです。 


しかし 生きて帰ってくることはできませんでした。 

訪問診療のドクターは、 笑顔が穏やかで なんでも相談できるとても温厚な素晴らしいドクターです。 この先生に看取っていただけたら、 父も嬉しいだろうと 思いました。 

昨日 初めて 病院を訪ねました。 お会いするのは、 2回目です。 やはり とてもお優しい表情で 迎えてくださいました。 
看護師さんも 皆さん 私服です。 ドクターも 白衣を着ていませんでした。 

普通の人と言ったら、 失礼があるかもしれませんが、 冷たさのないあたたかい雰囲気の病院でした。 先生は 訪問診療がご専門なので、 ほとんど 各家庭に 出向いての診察です。 


こういう看取りをしてくださる訪問専門医の存在を teaは 知りませんでした。 お国は、 病院に長く入院させないで できるだけ自宅で看取るということを推奨しているようですが、 そうなったら 一体 自宅で 家族はどうすればいいのだろう~と路頭に迷うような気持でした。 でも カンファレンスでは、 teaの疑問、 不安を よく聴いてくださって、 なんとか できるのでは?と 心強く思えました。 

実際には、 訪問診療のお世話にはならなかったのですが、 自宅に帰りたかった じぃじに 1日でも 自宅で ドクターがいる安心感を味合わせてあげたかったです。 

昨日は、 やっと お礼をお伝えすることができて、 teaは 心から嬉しく思いました。 


看取り って 考えちゃいますね。 
れンあいちゃんを 自宅で看取る!と teaは 最初から決めていました。 病院で入院させたまま、 亡くなることはさせない!と決めていましたが、 じぃじの時は その気持ちが揺れに揺れました。 

やはり 看取りって 難しいですね。 
結果的には、 れンあいちゃんの看取りも じぃじの看取りも どちらも満足のいく形であったと思います。 看取りにはその時の状況や環境があります。 それぞれの形にあった選択ができると 満足のいく形になると思います。
看取りに至るまでの過程を よく考えることが 大事だと思います。 

元気な間は、 看取りなんて考えられないと思いますが、 準備は大事だと思います。 
時々「看取り」を考えながら、 日々の生活を充実させることを精一杯考えて生きていけたらなあ~と思います。 

じぃじは、 全身全霊で teaに「命の授業」を施してくれたと思うと 昨日は 訪問医にお伝えしました。 
生きているものは、 全て 死に向かって生きています。

よく生きて よく死にたいものだと 思います。 

続きを読む

スポンサーサイト

久しぶりのえびちゃん(2017/05/24)

おはようございます。
いろいろ 一連のじぃじの行事が終わりました。 
一区切りです。  

自分の人生を生きていかないといけませんね。 

れンあいちゃんにも お世話になりました。 
じぃじをwelcomeしてくれて ありがとう! きっと じぃじは、 れンあいちゃんに会えてうれしかったと思うよ~
そういえば、 お礼をしていなかった!と 思って 久しぶりに 大好きなえびちゃんを お供えしました。 



えびちゃんお供え
 


夏に向けて 出回る地元のえびちゃんです。 
そろそろ 店頭に並ぶようになってきました。 

おいしかですか? (笑)

今は あちらで なんでもおいしく食べられて 楽しく走り回っていると思います。
そして じぃじの 足元ですりすりしていることでしょう。

じぃじは そんな れンあいちゃんの様子を嬉しそうに微笑みながら、 こちらを見ていてくれるような気がします。 

ずっと 見守っていてね? 

今日も一日 朝から がんばりましょう。 
まずは お買い物から! 
お供えのお花を買ってきましょう~ 

皆さんも 今日もお元気で!
もなかちゃん、 プロナミド 飲んで たくさん食べてね~ 


ピュアな望み(2017/05/23)

おはようございます。
昨日は、 一日 裁判所から始まり、 じぃじの主治医、 お世話になった看護師さん、 ヘルパーさん、 さまざまな皆さまへ お礼行脚の一日でした。 

看護師さんは、 皆さん 歓迎してくださって、 「大丈夫ですか? 元気ですか? 落ち着きましたか?」って 優しいお声をかけてくださいました。 じぃじもですが、 teaが毎日泊まり込んで、 倒れるかもしれないと とっても心配だったそうです。 皆さんのお優しい心に触れて 再び 大変だった日々を支えてくださった皆さんに感謝の心でいっぱいになりました。 


じぃじの 遺言書は、 平成27年の7月に書かれたものでした。 
まだ 元気だったので、 力強い文字でした。 
文字を見ているだけで 涙がこぼれてきました。 

2年前、 こんなに力強い文字を書いていたなんて・・・
人の命のはかなさを感じました。 

主治医の先生とも 少し ゆっくりお話しできました。 
じぃじの病状は 非常に厳しいものであったことが うかがい知れました。
あまり多い症例ではなさそうです。 

なんとも 厄介な病気にかかってしまったものだと改めて思いました。
じぃじの苦しみ・悲しみに触れるような思いがしました。 

じぃじの意向も遺言書であきらかになりました。
そして 感謝の心にあふれているものでした。 じぃじの 心の崇高さと無念の気持ちに 感銘を受けました。 
しっかり受け止めて これからの指針にしたいと思います。 

遺言書は、 残されたものへの指示書です。 
あってくれて助かるものだと 思いました。 


「れンちゃんも、 いごんしょ 残しておけば・・・」 

遺言書を・・・


れンちゃん、 どんな 遺言書 残すでしょうか? 

ごはんは おいしかものを!
毎日 れンちゃんば 思ってください! 
きれか お花ば 飾ってください! 

な~んてものでしょうか? 
わかりませんね~(笑)  何しろ teaは この世に生きてて、 ぼんのうまみれですので・・・
れンちゃんが 望むとすれば、 たぶん 私利私欲のない pureな望みだと思います。 

れンちゃん、 あいちゃん、 じぃじ、 全てteaにとっては 大事な存在です。 
大事な存在を いつまでも 思っていることが、 一番の供養で 一番望んでいることでは? と思って、 手を合わせることにしています。 

残されても生きていかないといけない 私たちです。

生きていきましょうね~
つらいこと、 悲しいこと、 全て請け負って生きていくのが、 私たちの宿命です。 
小さな命と一緒に生きていくと決めた日から、 神さまにお返しする日まで 一日一日を大事に 生きていきましょうね。



*****************************************

プロナミド って とっても素晴らしいお薬です。 
プロナミドの効用は、 胃腸の動きを活発にして 消化吸収を促す効果があります。 
食べ物を 先に送ってくれるので、 とどまって ムカムカを誘発するようであれば、 嘔吐が止まります。
便秘であれば、 腸が動くので排便効果が高まります。 

胃腸の不調は、 気分も悪くて 不快ですものね。
プロナミドに 合わせて 胃がさわやかになるお薬や 食欲を刺激するお薬を使うと 元に戻る時間を早めてくれると思います。 
プロナミドは、 素晴らしいお薬ですが、 それ以外のお薬を局所的に組み合わせると 回復が早まると思います。 

もなかちゃんも おはぎちゃんも お若いので、 回復力は 15歳越えの シニアさんより あると思います。 
よく看て お薬オーダーの工夫を がんばってみてください。 

スキンシップは特効薬(2017/05/22)

おはようございます。
また一週間が始まりました。 

実は 今日は朝から裁判所で じぃじの遺言書の開示です。 
どんなことが 書いてあるのか? 開いてみないとわかりません。

が・・・ ひょんなことから じぃじの直筆の手紙が一昨日見つかりました。 
それは、 弟に宛てられたものでした。 
胸が詰まるような文面でした。 

老い先短い自身の先行きと弟の将来を思って書いてあるものでした。
やはり病状の進行を感じていたのだと思います。 
自身の先が短いとわかっていながら、 子供のことを一生懸命考えている親としての責務になんと立派な人なんだろうと 改めて感じ入りました。 

それにしても 死に直面する気持ちって どんなものなのだろう。
じぃじは、 「悲しい」という言葉を よく口にしていました。 
自分が居なくなることが悲しい、 病気で苦しい思いをするのが悲しい、 愛する人と別れることが悲しい、 もっと生きたいのに生きられないのが悲しい、 人にお世話にならざるをえないのが悲しい・・・ でも これって 健康な人が考える想像でしかないのだと思います。 

本当に じぃじの悲しさに触れることは、 できなかったかもしれません。 tea自身も言葉に詰まっていました。 

数年前 長崎で 瀬戸内寂聴さんと美輪明宏さんの対談で、 teaの相談が取り上げられた時のことを 思い出しました。 
「不治の病にかかった父親にどんな言葉をかけたらよいか?」という相談内容でした。 

寂聴さんの答は、 「言葉よりスキンシップ、 気持ちを込めて 手を握りしめてあげるだけで いいのよ~」 でした。 その時は、 正直言って あまり ピンとくる答ではありませんでした。 まだじぃじも 自分で自分のことができていましたし、 そんな局面は先の先の先だと思っている自分が居ました。 


「なでなでは、 よか気分ばい!」

なでなでは 気持ちよかと~



1月にじぃじが入院してから、 teaやばぁばが病室を出ていくときは、 いつも じぃじの手を握りしめていました。 自然と そうするようになっていました。 その時の 握りしめる手の力が、 じぃじは 最後までとっても強くて 生きる気力を感じました。
悲しみという言葉に託された気持ちを teaがどれだけ受け止められたか わかりませんが、 手を握って 足をマッサージして ここに一緒に居るというメッセージを送り続けることはできたのかな?と 思います。 

言葉じゃないんですね。 

ねこちゃんも 言葉を発せませんが、 通じるものは あります。 
優しくなでてあげて、 大丈夫よ~と声かけてあげるだけで、 伝わること たくさんあると思います。
もちろん 声をかけなくても なでるだけ、 見つめるだけ、 そばにいるだけでも ねこちゃんには 安心で幸せなことだと思います。  

もなかちゃん、 具合が悪い時は つらいですよね。 
でも プロナミドで 回復傾向がみえるのでしたら、 希望をもって 治療に取り組みましょう。 
あいちゃんは、 プロナミド、 セレニア、 ペリアクチン、 メトロニタゾールを同時期にのんでいました。 
がんばって 飲んでいましたね~ 

teaが お薬を中断して 失敗したと思っているのは、 ステロイドです。 
やはりステロイドは、 炎症を止める特効薬です。 

効果が高いだけに、 やめるタイミングは難しかったです。 

もなかちゃんをなでなでしながら、 お薬を ドクターと相談してみてください。 
ごはんも 相談していいと思います。 
もなかちゃんの 回復 祈っています。 



 
  

受難の季節?(2017/05/21)

日曜日になるのが、 早く感じるteaです。
少しずつ日頃の日曜日らしくなっていっているように感じています。

ぴあのさん、 大変ですね~
お薬をやめるタイミングは、 難しい~って 心底思います。 
れンちゃんも お薬をやめるタイミングを誤って 体調不良につながったという反省があります。 

お薬のやめ方は、 様子を見ながら少しずつ切っていくというのが、 一番いいと思います。 
それでも やはり 切れてしまうと ドーンと減点戻りのようになってしまうことがあるので、 お薬のさじ加減というのは、 まさに飼い主の「神の手」です。 

teaの個人的な経験と考えでは、 お薬がどういう性質なのか?によって違うのですが、 低量を継続して使うのが、 いいような気がします。 低量というのは、 体重あたりの定量の2分の1~4分の1ぐらいの量です。 
ムカムカがないようであれば、 消化器の問題ですよね~ 胃はガスタ―やプリンぺラン、 強い吐き気の時は、 セレニアなどにお世話になりました。 消化器系には プロナミドやメトロニタゾール、 ステロイドを使って、 IBDへの対策をとった時もありました。 

IBDの確定診断は、 細胞診なので、 麻酔リスクなどがあります。 ですから お薬を使ってみて 状況がよければ、 低量で長期にわたって 使用するというやり方でした。 要は、 ねこちゃんが ご機嫌に ごはんを食べてくれれば いいからですね~ 

もなかちゃん、 回復します。 試行錯誤に突破口は、 必ず開けます。 ぴあのさん、 がんばってください。 
応援しています。 



「お薬はたいへんばい!」

お薬は、 大変ばい!



あうお薬を探すのも大変! 適量探しも大変! 
お薬は、 オーダーメイドなんです。 

だから 飼い主さんの役割がとっても大事になります。
ねこちゃん自身は、 お薬の量や種類は わかりませんからね~

その飼い主さんの役割をサポートしてくれるのが、 記録です。 
記録を ドクターに見せることで、 ドクターも より的確なお薬選びや治療が思いつきます。 
もちろん 飼い主さん自身が、 思いつくこともあります。 

ぴあのさんは、 とっても まめな方ですから きっと大丈夫! もなかちゃんの 食欲対策見つかると思います。 


このところ、 teaの周辺で 食欲不振のねこちゃん よく聞きます。
季節的な問題があるかもしれません。 
換毛期の影響もあるかもしれません。 

そういえば、 あいちゃんの若かりし頃、 よく毛玉ぺっぺがありました。 れンちゃんも ありました。 ちょうどこの時期です。 

原因と対策が、 どちらのねこちゃんにも みつかりますように~ 



最新記事
お問い合わせ
お便りは、 嬉しく拝見させていただいています。 ありがとうございます。詳細なお問い合わせなどは、 こちらのメールフォームからお願いします。
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
甲状腺機能亢進症の記事
このブログに登場するねこちゃん - あいちゃん(24歳)、れンちゃん(21歳:2013年8月永眠)の甲状腺機能亢進症と診断されてからの獣医師の選択、薬剤の検討、飼い主としての心の葛藤などを細かく記事にしています。大変お手数ですが、 下記年月日の記事をお読みくださると幸いです。 甲状腺機能亢進症と診断されても 投薬治療をして管理をすれば、 穏やかな日々を送ることができます。 あいちゃんは、 4年投薬治療をしています。ただ今24歳と半年を過ぎました。 いっしょに頑張りましょう。   記事  2011年11月17日 ~ 2011年12月15日
プロフィール

tea

Author:tea
れンあいちゃんの日常生活のお世話担当、病院担当、看護担当、ごはん調達担当。人間界では、少々テンションお高めのアンチエイジングが気になる世代に所属。好物は、スウィーツ。長崎県時津町(長崎市の隣町)に生息。 

あいちゃん
あい
あいちゃん
白 MIX
1990年2月12日生まれ
(24歳) ♀
お母さんは、ペルシャチンチラ
父不明
【好物】えび ほたて
【好きな場所】人間の膝の上、お外
【趣味】睡眠(現在)
ハンティング(15年前)
【既往症】耳血腫、慢性腎不全、甲状腺機能亢進症、高血圧症、網膜剥離          
れンちゃん
れン
れンちゃん
グレー MIX
1992年8月22日生まれ
21歳 ♀
2013年8月28日(21歳6日)永眠
お母さんはヒマラヤン、
父不明
【好物】アイスクリーム
【好きな場所】ふかふかベッド
【趣味】睡眠(現在)
愛想を振りまくこと(今も昔も)
【既往症】慢性腎不全、甲状腺機能亢進症、高血圧症、心筋症
投薬について
このブログにいらっしゃる方の中には甲状腺機能亢進症のねこちゃんを飼っていらっしゃる方がたくさんいらっしゃると思います。もしご参考になればと思い、あいちゃんの投薬状況をここでご案内しようと思います。甲状腺機能亢進症という病気は、個体差によってお薬の効果やその他の臓器への影響がそれぞれに違うものです。どうぞそのあたりを斟酌してください。皆さんのお宅のねこちゃんが健やかに過ごせますように~
(2014年3月現在) ① メルカゾール(抗甲状腺ホルモン薬)    朝 4分の1錠  夕 8分の1錠 (毎週 火曜日&金曜日  朝 8分の1錠  夕 8分の1錠) ② フォルテコール 朝 夕 2分の1錠 ③ アムロジピン(血圧降下剤) 夕 8分の1錠 以上3点が、甲状腺機能亢進症およびそれに付随する腎不全が影響する病気に対応するお薬です。 それ以外には、 ④ ファモチジン(胃薬) ⑤ タイロシン(抗生剤) ⑥ プリモボラン(蛋白同化ホルモン)貧血対策のお薬です。 ⑦ ポララミン(めまい止め) ⑧ ぺリアクチン(食欲増進剤) 以上8点が日常的に服用しているお薬です。  状況によっては、 制吐剤(プリンペランまたはセレニア)、メトロニタゾール(抗生剤)、アモキシシリン(抗生剤)、デルクリア(下痢止め)など服用させています。 補液は自宅で毎日しています。 サプリメントは、 鉄剤(ヘモテクト)を使っています。  
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
チャーちゃん
チャーちゃん
バイオウィルクリア
パルボウィルス消毒にはこれ!
ビルコン
パルボウィルス消毒にはこれ! 水50倍で希釈して使用します。1回あたりのコスパは断然お得!
複合次亜塩素酸系消毒剤 アンテック...

複合次亜塩素酸系消毒剤 アンテック...
価格:7,050円(税5%込、送料別)

低反発マットベッド
高齢猫ちゃんに安定感のあるベッド
スプレーボトル
ビルコンはこのボトルで作っています(水で50倍希釈)。細かい霧状で万遍なく噴霧できます。
フルプラ ダイヤスプレー(スプレーボト...

フルプラ ダイヤスプレー(スプレーボト...
価格:840円(税5%込、送料別)

ふわふわベッド
あいちゃんが使っているふわふわベッド
かわいいベッド
あいちゃんが使っているかわいいベッド
ヘモテクト(貧血サプリ)
貧血対策サプリメント!鉄剤と鉄吸収を促すビタミンが配合されたサプリです。あいちゃんは毎日服用しています。
PE ヘモテクト 60粒【RCP】【HLS_DU】

PE ヘモテクト 60粒【RCP】【HLS_DU】
価格:3,705円(税5%込、送料別)

体温計はこれ!
れンあいちゃんの体温計は、 これを使っています。
れンあいちゃんの飯台
れンあいちゃんのフードスタンド(飯台)はこれを使っています。↓ 高齢ネコちゃんは、これを使うとごはんを食べるのが楽ですよ♪
あいちゃんのメインディッシュ
あいちゃんのお気に入りのごはんです。粒状なので袋のまま揉んでつぶして供します。
ヒルズ猫用 【k/d】チキン入り パウチ 85g×12

ヒルズ猫用 【k/d】チキン入り パウチ 85g×12
価格:1,890円(税5%込、送料別)

れンあいちゃんのごはん1
れンあいちゃんがたべているごはんです↓
れンあいちゃんのごはん2
れンあいちゃんが食べているごはんです。↓
ブラッシングコーム
アイちゃんのブラッシングは、このコームで! 優しい当たりが気持ちよさそうです。
飼い主さんの手の洗浄に
真菌対策や飼い主さんの手の洗浄に! teaは、このシリーズのシャンプー&コンディショナーも使っています。真菌はをはじめカビなども除去してくれます。近くに田んぼがあるので、れンあいちゃんをこれで真菌から守ります。
最新トラックバック
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR